パッドを重ねるバストアップには気をつけて

手軽なパッドを使ってバストアップ、パッドの重ねすぎには気をつけて

手軽にバストを大きく見せる方法に「パッド」を使ったバストアップ方法があります。一般的なブラジャーに入れて使うパッドは、元からブラジャーに付いている場合もあればオプションとして入れることも可能であるため、ブラジャーにパットを入れることによってバストのサイズを大きく見せることができるというわけです。

パッドによってバストを大きく見せるコツとしては、やはりバストの脇からパットを入れてバスト全体にボリュームが出るようにすることになります。バストが脇から寄せられるようになるため、谷間も作りやすくなりますし、胸元が広く開いた服も自信を持って着られますよ。バストが小さくて悩んでいる皆さん、今すぐにバストを大きく見せたいという皆さんは、ぜひパッドをブラジャーに入れることでバストアップさせてみてはいかがでしょうか?

ただし、パッドを入れる量によってはとても不自然なバストアップになってしまいますのであらかじめ注意が必要です。ブラジャーにパッドを重ねて入れていくと、面白いようにバストを大きく見せることができるようになるため、パッドをどんどん増やしてしまう人も少なくありません。バストが大きな女性はとても魅力的ですが、不自然なバストの大きさはスタイル全体の印象を悪くしてしまいますし、触ってみるとすぐにパッドを入れていることが分かってしまいます。

恋人とのデートでバストをキレイに見せるためにブラジャーにパッドをたくさん入れて出かけても、いざバストに触れられるような状況になった場合、パッドの固さで覆われたバストでは男性も気持ちが下がってしまいます。パッドによってバストを大きく見せることはできても、それは服を着た上から見た状態だけで、実際にバストの柔らかさまで表現できるわけではありません。皆さん自身が恥をかかないようにするためにも、ブラジャーに入れるパッドはほどほどに、決して重ねすぎないように注意してくださいね。

また、同様の例としては、本物のバストと豊胸手術を受けたバストとでは触り心地に大きな違いが感じられます。近年の豊胸手術では自然なバストのふくらみを形作ることができるようになっているものの、実際にバストに触ってみると本物のバストとは違った感触になってしまうことが特徴的です。

バストが小さいことがコンプレックスで「豊胸手術を受けたい!」と思っている皆さん多いかと思いますが、本来のバストの柔らかさと豊胸手術のバストの感触には大きな違いがあるので、実際に手術を受ける前にその点をよく理解しておくことをおすすめします。
(⇒男性から見た豊胸手術のバスト

見た目としてはとても柔らかそうなバストでも、豊胸手術を受けているバストは触ればすぐに分かってしまう、という男性も少なくありません。バストに自然な柔らかさを求めるのであれば、豊胸手術を受けるのではなく、バストアップマッサージなど自然なバストに成長させることができる方法を選んで試してみるようにしましょう。
自然にバストを大きくできるバストアップマッサージ