バストアップに効果のある様々なグッズ

記事一覧

小学校高学年・中学生になったらスポーツブラを着けてバストを守って

成長期は人それぞれ差があるものですが、女性の場合は一般的に小学校高学年や中学生になる時期くらいからバストが大きく成長していきます。もちろん、成長期にはバストが大きくならなかったのに大人になってから大きくなった、という人もいますので、成長期にバストがあまり大きくならないことに対して心配する必要はありません。

成長期は思春期でもありますから、どうしても自分のバストと友達のバストを比較してしまい、「あの子は胸が大きいのに私はどうして・・・」と悩んでしまうことも珍しくありませんが、体型の変化を気にすることは決して悪いことではないのです。思春期であるならば普通の感情です。

だからと言って、過剰に気にしすぎてしまうと無理なバストアップを始めてしまったり、バストを大きくするために整形をしようと考えてみたり、間違ったダイエット方法を試してしまったり、考え方が偏りがちになってしまうため注意が必要です。もし友達のバストが大きくてうらやましく感じても、自分のバストもまだ成長途中であることをしっかり理解するようにしましょう。

もっと自分のバストを大きくしたいのなら、無理なバストアップやダイエットを試すのではなく、毎日の食事からバストの成長に必要な栄養を摂ること、運動をして筋肉をつけること、夜はぐっすり眠って成長ホルモンを活性化させることから始めてみてください。

皆さんは朝食を抜いたり、栄養が偏った食事をしたり、夜更かししていたり、生活習慣が乱れていることはありませんか?健康的にバストアップするためには、成長期の生活習慣はとても重要なものとなっていますので、まずは自分の生活習慣を改善するよう心がけるようにしましょう。

朝食は毎日食べる、好き嫌いをせず何でも食べる、適度な運動をする、夜更かしせずせめて0時前には寝るなど基本的な生活習慣から、ストレスや疲れを溜めない、といったこともバストアップ効果を高めるきっかけになります。ストレスはバストアップの妨げになるので、ストレスはこまめに発散するようにしましょう。

そして、小学校高学年や中学生の時期には「スポーツブラ」を着けてバストをしっかり守ることも大切です。スポーツブラは簡単に着けられるブラジャーのことで、通常のブラジャーのようにワイヤーなどは入っていません。なので締め付けも少なく、普通の下着感覚で着けられることが特徴的です。バストの大きさによっては、すぐにブラジャーデビューすることもありますが、徐々にふくらみかけたバストにはスポーツブラを着けることから始めてみましょう。

近年ではスポーツブラにも様々な種類があるので、成長に合わせて使い分けることもできるようになっています。バストが著しく成長していく時期なので、バストが成長していく過程をよく見ながらスポーツブラでバストを守るようにしましょう。かわいいデザインのものも多いので、気に入ったものを選んで着けてみてくださいね。

「バストアップローラー」で血行を促進させながらハリのあるバストへ

顔やボディのセルライトケアの一つとして「セルライトローラー」を使用している女性はとても多く見られています。顔に使えば小顔効果が、脚に使えば脚痩せ効果が期待できるセルライトローラーは、血行を促進してリンパの流れを良くしてくれるため、こうした美容効果が得られると考えられています。

血行促進とリンパの流れを改善することで、セルライトを除去し、ハリのあるキレイな肌に導いていくことができるのです。運動ではなかなか取ることのできないセルライトは、セルライトローラーを使って地道に除去していくことがおすすめとなっています。

さらにバストアップにもこうしたローラーを使ったケアが効果的とされています。「バストアップローラー」と呼ばれるバストアップグッズがありますが、バストアップローラーもセルライトローラーと同様に、血行を促進したりリンパの流れを改善したり、美容効果を発揮してくれる優れものです。バストアップのためにはセルライトローラーではなく、バストアップローラーを使ってバストにハリを持たせていきましょう。

また、バストアップローラーを使用する際にはいくつか注意が必要となっていますので、注意点についても見ておきたいと思います。バストアップローラーは血行を促進してバストのハリを出していくことができるため、ついつい何度も使ってしまいたくなってしまいますよね。

しかし、バストアップローラーを何度も使ってしまうとかえってバストの脂肪を燃焼させてしまい、バストが小さくなってしまうことがあります。適度に行なっているようであれば血行も促進されてリンパの流れも良くなるので、バストアップに繋げていくことができるのですが、バストアップローラーの使いすぎはバストアップの妨げになってしまうので注意しましょう。回数としては週に2、3回程度を目安にバストアップローラーを使ってみてください。

その他、バストアップローラーを使用する際には強く力を入れすぎないように気をつけておきましょう。力を入れてしまうと肌や血管に負担がかかり、肌に赤みが出てきたりあざができてしまう恐れがあります。

特にバストアップローラーを使い始めた時期に出やすい症状なので、まずは力を入れすぎないこと、そしてバストアップローラーを使う時間についても数分程度で構いません。長時間同じ部位にローラーを使っていると、バストの脂肪が燃焼してしまいバストが小さくなってしまうこともあります。バスト周りがほのかに温かくなってくる程度でやめておきましょう。

また、バストアップローラーを使用する時には必ずクリームやジェルをバストに塗ってから使用するようにしてください。そのままローラーを使用すると肌に負担がかかってしまうので、バストにクリームやジェルを塗って滑りの良い状態にしておくようにしましょう。入浴しながら使う場合にもボディソープなどで滑りを良くしておくことをおすすめします。

自分のバストサイズに合ったブラジャーを正しく着けることが大切

ブラジャーは私達にとって一番身近なバストアップグッズの一つです。日常的に着けている下着ではありますが、バストの形を整えたりバスト全体を支えてくれていたり、ブラジャー無しではキレイなバストラインを保つことはできません。近年ではバストラインをキレイに見せるためのブラジャーやバストを大きく見せることのできるブラジャーなども数多く販売されているため、ただ形を整えたり支えたりするだけではなく、ブラジャーをすることでより美しいバストに見せることができるようにもなってきています。

しかし、ブラジャーを着けることでバストラインをよく見せようとしても、自分のバストサイズに合っていないブラジャーを着けてしまっている場合はバストアップ効果も半減してしまいます。バストラインをキレイに見せたり、バストを大きく見せたりする以前に、自分のバストサイズに合っているブラジャーを選んで着けることが第一ですので、まずは自分のバストサイズをしっかり把握し、サイズに合ったブラジャーを着けることから始めていきましょう。

今現在、皆さんが着けているブラジャーは自分のバストサイズに合っているものでしょうか?ブラジャーを着けるとアンダー部分が苦しかったり、ブラジャーとバストの間に隙間ができていたりしていませんか?このような状態は皆さんのバストとブラジャーのサイズがぴったり合っていないことが考えられるため、同じブラジャーを着け続けているとますますバストには悪影響が及んでしまいます。

ブラジャーは自分のバストサイズに合ったものを着けるだけでもバストアップ効果を発揮してくれますので、まずはお店に行ってバストサイズをしっかり測ってもらうようにしましょう。自分でバストサイズを測ることもできますが、正確に測るためにはやはり専門的に行なっている下着ショップの店員さんなどに測ってもらうことがおすすめです。

他人にバストサイズを測ってもらうことは恥ずかしい・・・と思う皆さんも多いかもしれませんが、店員さんは女性ですので安心してください。また、バストに関する悩みなどもあれば相談してみても良いでしょう。下着を専門的に扱っているショップであれば様々なアドバイスをもらえることもありますので、遠慮なく聞いてみてくださいね。

このように、バストラインをキレイに見せるためには自分のサイズに合ったブラジャーを着けることが必要となっています。最近バストにハリがなくなってきたり、バストが垂れてきたように感じたりしている皆さんは、ブラジャーのサイズが合っていないことが原因かもしれません。

ブラジャーを着けたバストを鏡で良く見てみたり、ブラジャーを着けたまま左右へ身体をひねってみたりした際に隙間が空いている場合は、ブラジャーのサイズが合っていないことが考えられます。健康的にバストアップするためにも、まずは日常的に着けるブラジャーから見直していくと良いでしょう。

<1 2 3 4 5 6 7 >