バストアップについての基礎知識・マメ知識

記事一覧

Aカップでもバストアップできる!自分に合った方法を試すことから

ブラジャーのサイズがAカップ、またはAカップに満たない、という女性は少なくありません。日本人女性の平均的なバストサイズはBカップからCカップとされていますから、平均よりも小さめのバストということでコンプレックスを持っている女性も多く見られています。

でもバストに対するコンプレックスを解消したい!ということから、様々なバストアップ方法を試している皆さんも多いことかと思います。少しでもバストを大きくするために日々努力をしている女性はたくさんいますが、バストアップ方法を試すことによってバストサイズをAカップから大きくすることはできるものなのでしょうか?

色々なバストアップ方法を行なっていても「本当に大きくなるの?」と不安に思っている皆さんも多いのではないでしょうか。中には「AカップはAカップのままで変わらない」と思っている皆さんもいるかもしれませんね。特に大人になって成長期が過ぎてからのバストアップは難しいのでは?と考えている人はほとんどかと思います。

しかし、バストアップ方法を試すことによってバストサイズを大きくすることは可能です。もちろんすぐにバストサイズが大きくなるわけではありませんが、地道に続けていくことでバストアップすることができるのです。

おすすめのバストアップ方法には様々なものがありますが、バストサイズをアップさせるためにはやはりバストの脂肪を増やしていくことが重要となっています。バストは9割が脂肪で構成されているため、バストの大きさにはバストについている脂肪の多さがカギとなっているのです。

そこで皆さんにおすすめしたいのが、食事からバストアップを試みる方法です。といっても脂肪の多い食事を摂れば良いのではなく、バストアップに効果的な食べ物を食事に取り入れることでバストアップしていく、という方法になります。

バストアップには「女性ホルモン」の分泌が大きく関わっているため、女性ホルモンと似た働きをしてくれる「大豆イソフラボン」と呼ばれる成分が含まれている食べ物を摂ることがバストアップに効果的とされています。大豆イソフラボンは大豆食品に多く含まれているので、毎日の食事に大豆食品を取り入れてみることから始めてみると良いでしょう。

また、バストをマッサージすることで女性ホルモンの分泌を促すことができるようになります。バスト全体をマッサージすると血行が良くなるだけではなく、乳腺が刺激されてバストにハリが出るようになり成長に繋がります。さらにツボ押しなども効果的で、バスト周りにあるツボを押すことでよりバストアップに働きかけることができます。

Bカップに近いAカップの場合などは、こうしたバストアップ方法を試すことによって、ブラジャーのサイズがBカップになることも夢ではありません。まずは自分に合ったバストアップ方法を試してみる、そして続けてみることから始めてみましょう。

思春期をすぎても胸を大きくさせる方法、成長期後のバストアップ

中学生や高校生などの思春期を過ぎてしまうとバストは大きくならないの?と不安に思っている皆さんも多いかと思いますが、決してそのようなことはありません。

もちろん思春期は身体が大人になっていく成長期ですから、バストだけではなく全体的に丸みが出てきて女性らしいボディラインになってきたり、顔つきも徐々に大人っぽくなっていったりするものですが、成長期を過ぎてからでもバストアップをする方法はたくさんあります。

なので、成長期が過ぎてしまっても胸が小さいままとか、大人になっても成長途中の胸だと悩んでいる皆さんは、ぜひ様々なバストアップ方法を試してみてください。まずは試してみなければ結果は分かりませんので、自分が今から始められるバストアップ方法から挑戦してみましょう。

まず、成長期の時期は女性ホルモンの分泌が促進されることからバストが大きく成長していきますが、成長期を過ぎても女性ホルモンの働きを活性化していくことは可能です。ただ年齢と共に女性ホルモンの働きは低下していくので、意識的に女性ホルモンの分泌力を高めていくことが必要となります。

そこでおすすめなのが「大豆イソフラボン」という成分が含まれている食材を食べることやサプリメントの摂取です。大豆イソフラボンには、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」とよく似ている働きがあることから、大豆イソフラボンが含まれている食材を食べることで女性ホルモンが活性化された状態を作ることができるとされています。

女性ホルモンの働きが低下してきている場合は、大豆イソフラボンを意識的に摂ることでバストアップに繋げていくことができるというわけですね。大豆イソフラボンは豆腐や納豆などの大豆食品に含まれているので、毎日の食事に大豆食品を取り入れてみるようにしましょう。

美容に効果的な豆乳にも大豆イソフラボンは含まれていますので、より女性らしさを目指したい皆さんは豆乳を料理に使ってみることもおすすめです。

また、女性ホルモンの活性化は直接乳腺に刺激を与えることでも可能なので、マッサージやツボ押しなどを積極的に生活に取り入れてみると良いでしょう。成長期にはハリのあったバストも、年齢を重ねるごとに徐々に垂れ始めていきます。バストが垂れることを防ぐためにも、マッサージやツボ押しを行なってバストにハリを取り戻し、若々しいバストを保っていきましょう。

さらにバストを支えている大胸筋という筋肉を鍛えることで、バストをより垂れにくくすることもできます。大胸筋はバストを支えている重要な筋肉なので、しっかり鍛えることで形の良いバストを作り出すことができるのです。バストを大きくすることはもちろん、バストの形にもこだわりながらバストアップ方法を試してみると良いでしょう。

このように成長期後もバストアップすることは可能なので、自分ができる方法から毎日の生活に取り入れていくようにしてみてくださいね。

ついつい周りと比べてしまう・・・女性がバストを大きくしたがるわけ

バストは小さいよりも大きい方が良い、と思っている女性は非常に多く見られています。男性から見てもバストの大きな女性は魅力的なものですが、男性以上に女性自身が自分のバストの大きさを気にしている場合の方が圧倒的に多いのです。では、女性がバストを大きくしたがることにはどのような理由があるのでしょうか?

まず1つ目は、やはり男性の目を気にすることが理由として挙げられます。女性としても「男性はバストの大きな女性が好き」というイメージが強いため、小さめのバストでは女性としての魅力が乏しいのではないかとか、バストは少しでも大きな方が彼氏は喜んでくれるのではないかとか、男性を意識することからバストを大きくしたい!と思うことが多いようです。

実際に男性もバストの大きな女性に目がいってしまうことが少なくないですし、バストの大きな女性が好きだという男性も多く見られていますよね。

しかし、人によってはバストの大きさは関係ない、その人のことを好きになればバストが小さくても愛せる、といった男性もいるため、男性の目を意識してバストを大きくしたがる女性の皆さんは、こうした男性の考え方についてもよく知っておくことをおすすめします。中には小さめのバストが好きな男性もいますし、自分の魅力を分かってくれる男性を探してみてください。

また、2つ目の理由としては女性らしいボディラインを保つためにバストアップを試みる女性も多く見られています。この場合は男性を喜ばせるため、というよりも、素敵な洋服などファッションを楽しむにあたってバストの大きさがボディラインの美しさに影響してくる、ということが理由となっています。

バストが小さいとどんな洋服を着ても女性らしさが感じられなかったり、バストのふくらみがないことから子供っぽく見えてしまったり、存分にファッションを楽しめないことがあるため、バストアップして女性らしい素敵な服をたくさん着たい!と思う女性が多いのです。

反対にバストが大きすぎて悩んでいる人は、バスト周りが大胆に開いた服を着ると嫌らしい目で見られてしまうとか、下品に見られてしまうこともあることから、もう少しバストを小さくしたい、と思っている女性もいるようです。バストが小さい人から見れば贅沢な悩みのように思えますが、バストが大きいことで悩んでいる人は意外に少なくありません。

女性の多くはバストを大きくしたがる傾向がありますが、人によってはバストを小さくしたいことから、小さなバストの人をうらやましく思う人も見られています。

このように、ついつい他人のバストと比べてしまうこともありますが、サイズを気にするだけではいけません。バストは自分のスタイルとのバランスが重要となっています。女性らしく美しいボディラインを作り出すためには、バストのサイズだけを気にするのではなく、全身のバランスからバストのサイズについて考えてみるようにしましょう。

1 2 3 4 >