ダイエットとバストアップの関係

バストが小さくなってしまうことも、過剰なダイエットには危険性が

今より痩せてキレイになりたい、ムダな脂肪をスッキリ落としたい、スリムになってかわいい服をたくさん着たい・・・など、女性にはダイエット願望がつきものです。端から見ればそれほど太っていない人でも「痩せたい」とか「ダイエットしなきゃ」といったように、半ば口癖のように「ダイエット」を口にしている人も多く見られています。

しかし、過剰なダイエットには危険性もあります。もちろん痩せることはいけないことではありませんが、ダイエットを続けていると自分が痩せていることに気付かない場合も少なくありません。目標だった体重まで落としてダイエットに成功したのにもかかわらず、「もっと痩せたい」と思うことからダイエットを続けてしまう、十分に痩せているはずなのに「ダイエットをしなきゃ」と思うようになるなど、精神的な面にも関わってきてしまうことがあるのです。

こうした過剰なダイエットから、食事が摂れなくなってしまう「摂食障害」などの精神疾患を発症してしまう場合も多く見られているため、特に中学生や高校生など成長期の皆さんは無理なダイエットをしないよう注意してください。

中学生や高校生の時期はついつい周りと比べてしまうことが多いので、痩せていてキレイな子を見ると「私もあんなふうになりたい」と憧れを抱くようになり、無理なダイエットへ走ってしまうことも珍しくありません。

「キレイになりたい!」という向上心を持つことはとても素敵なことですが、中学生や高校生などの若い年代はただ「痩せる」ということに集中してしまうことがほとんどであるため、キレイになることよりも痩せるためのダイエットを実行してしまうことが非常に危険だと考えられているのです。

そして、過剰なダイエットを続けていると身体や顔が痩せていくだけではなく、女性ホルモンのバランスも乱れていきます。中学生や高校生といった成長期の時期のダイエットは、女性ホルモンのバランスを崩してしまう危険性もあることから、注意が必要とされています。

女性ホルモンのバランスに乱れが見られると、生理が止まってしまったり、バストが大きく成長しなくなってしまったり、バストが小さくなってしまったり、女性としての成長に影響が現れてしまうこともあります。いくら「自分の理想的な体型になりたい!」と言っても、過剰なダイエットによって女性としての成長していくための大切な時期をムダにしてしまってはいけません。

特に大人になるまでの成長期は、バストの成長にも大きく関わっています。ダイエットはしたいけれどバストも大きくしたい・・・という中学生や高校生はたくさんいますが、その時はぜひダイエットをすることではなく、バストを大きくすることを目標としてみてください。

そのためには食事から栄養をしっかり摂ること、適度に運動を心がけること、睡眠を摂ることなど、毎日規則正しい生活を送るように心がけていきましょう。