成長期後でも胸を大きくする方法

思春期をすぎても胸を大きくさせる方法、成長期後のバストアップ

中学生や高校生などの思春期を過ぎてしまうとバストは大きくならないの?と不安に思っている皆さんも多いかと思いますが、決してそのようなことはありません。

もちろん思春期は身体が大人になっていく成長期ですから、バストだけではなく全体的に丸みが出てきて女性らしいボディラインになってきたり、顔つきも徐々に大人っぽくなっていったりするものですが、成長期を過ぎてからでもバストアップをする方法はたくさんあります。

なので、成長期が過ぎてしまっても胸が小さいままとか、大人になっても成長途中の胸だと悩んでいる皆さんは、ぜひ様々なバストアップ方法を試してみてください。まずは試してみなければ結果は分かりませんので、自分が今から始められるバストアップ方法から挑戦してみましょう。

まず、成長期の時期は女性ホルモンの分泌が促進されることからバストが大きく成長していきますが、成長期を過ぎても女性ホルモンの働きを活性化していくことは可能です。ただ年齢と共に女性ホルモンの働きは低下していくので、意識的に女性ホルモンの分泌力を高めていくことが必要となります。

そこでおすすめなのが「大豆イソフラボン」という成分が含まれている食材を食べることやサプリメントの摂取です。大豆イソフラボンには、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」とよく似ている働きがあることから、大豆イソフラボンが含まれている食材を食べることで女性ホルモンが活性化された状態を作ることができるとされています。

女性ホルモンの働きが低下してきている場合は、大豆イソフラボンを意識的に摂ることでバストアップに繋げていくことができるというわけですね。大豆イソフラボンは豆腐や納豆などの大豆食品に含まれているので、毎日の食事に大豆食品を取り入れてみるようにしましょう。

美容に効果的な豆乳にも大豆イソフラボンは含まれていますので、より女性らしさを目指したい皆さんは豆乳を料理に使ってみることもおすすめです。

また、女性ホルモンの活性化は直接乳腺に刺激を与えることでも可能なので、マッサージやツボ押しなどを積極的に生活に取り入れてみると良いでしょう。成長期にはハリのあったバストも、年齢を重ねるごとに徐々に垂れ始めていきます。バストが垂れることを防ぐためにも、マッサージやツボ押しを行なってバストにハリを取り戻し、若々しいバストを保っていきましょう。

さらにバストを支えている大胸筋という筋肉を鍛えることで、バストをより垂れにくくすることもできます。大胸筋はバストを支えている重要な筋肉なので、しっかり鍛えることで形の良いバストを作り出すことができるのです。バストを大きくすることはもちろん、バストの形にもこだわりながらバストアップ方法を試してみると良いでしょう。

このように成長期後もバストアップすることは可能なので、自分ができる方法から毎日の生活に取り入れていくようにしてみてくださいね。