女性の胸が大きくなる仕組み

女性の胸が大きくなるのはどうして?バストアップの簡単な仕組み

女性の胸は成長期を迎える小学校高学年くらいの時期から、段々と大きく成長していくようになります。人によっては中学生になってから大きくなっていく人もいますし、身長も伸びて体重も増えているのになかなかバストだけが成長しない、という人もいるため、人それぞれバストの大きさには差が見られていることが特徴です。

小学生の時からバストが大きく育っていく人もいれば、大人になってもバストが小さな人もいますよね。こうしたバストの成長には「女性ホルモン」の分泌が大きく関係しているのです。女性ホルモンは、大体小学校高学年から中学生になるくらいの時期に分泌が増え始めるようになり、その影響によってバストの中心にある「乳腺」が発達していくようになります。

さらに乳腺を守るための脂肪がバストにつくようになるため、子供の頃と比べてバストが大きくなり、柔らかさやふくらみが現われるようになっていくというわけです。バストの大きさは脂肪の多さで決まるものでもありますが、脂肪がバストにつくためには女性ホルモンの分泌が欠かせないものとなっています。

女性ホルモンの分泌が活発化されることで乳腺が発達し、バスト全体に脂肪がつくようになるので、まずは女性ホルモンの分泌力を高めていくことがバストアップに繋がるとされています。バストアップの仕組みには、女性ホルモンの分泌が深く関係していると考えられているのです。

では、私達が女性ホルモンの分泌を増やしていくためには、一体どのような方法を取れば良いのでしょうか?

こうしたバストアップの仕組みを踏まえた上でのバストアップ方法には非常に様々なものがありますが、一般的にはバストアップ効果のある栄養を摂ること、マッサージや体操を行なうことでバスト周りの血行を良くしていくこと、ツボ押しなどで乳腺を刺激すること、筋トレでバストを支える筋肉をつけることなどが効果的とされています。

特に食事から摂る栄養は女性ホルモンの分泌とバストアップ効果を高める効果が大きいため、まずは普段の食事から気をつけていくことがおすすめです。

バストアップに効果的な栄養素の中では「大豆イソフラボン」などが有名ですが、大豆イソフラボンには女性ホルモンと似た働きがあることから、大豆イソフラボンを摂ることで女性ホルモンのバランスを整えることができると考えられています。大豆イソフラボンが含まれている食べ物は毎日摂れるものが多いので、日々の食事に取り入れるなどして摂取していくと良いでしょう。

また、乳腺を刺激するマッサージやツボ押し、筋トレもバストアップに効果的ですが、食生活と併せて気をつけていくことでよりバストアップ効果を発揮することができるようになります。特にタンパク質はバストを支える筋肉を作るために必要な働きをしている栄養素ですから、タンパク質が多く含まれている食べ物も積極的に摂るように心がけてみると良いでしょう。