バストアップについての基礎知識・マメ知識

記事一覧

バストアップの目標はハッキリと!理想のバストを手に入れるためには

バストアップをしたいなら、理想としているバストの大きさは具体的に思い描いてみることをおすすめします。ただ単に「胸を大きくしたい!」と思うだけではなく、実際にブラジャーのカップをAカップからCカップにサイズアップしたいとか、谷間ができるくらいのバストになりたいとか、丸くて形の良いバストにしたいとか、具体的な理想を描いてみてください。

その理想を叶えるために、様々なバストアップ方法を行なっていくことで、少しずつ自分が理想としているバストへ近づいていくことができます。これは何か目標を立てる時にはどのような場合にも当てはまることですが、「バストアップする」という目標に近づくためにも、具体的な理想を掲げることが大切です。

曖昧な理想を夢見るのではなく、まずは自分がどのようなバストを手に入れたいかをハッキリさせるようにしましょう。そこから自分に合ったバストアップ方法を実行していくことで、理想的なバストへと成長させていくのです。

例えば、ブラジャーのカップをサイズアップさせたいような場合は、単純にバストを大きくすることが必要となりますが、そのためにはバストの脂肪を増やしていかなければなりません。バストの脂肪を増やすためには乳腺を発達させることが重要となっていますので、乳腺の発達に繋がる女性ホルモンを活性化させるバストアップ方法を試してみると良いでしょう。

一般的に乳腺が刺激されると女性ホルモンの分泌力は高まるとされていますので、乳腺を刺激するマッサージなどを毎日行なってみることがおすすめです。バストアップマッサージと呼ばれるマッサージ法ですが、バスト周りの血行を良くしてバストをふっくらと形の良い状態に導いていくことができます。

入浴中やお風呂上がりに行なうとより効果が上がりますので、1日の終わりにリラックスしながらバストアップマッサージを行なってみると良いでしょう。

また、ツボ押しで女性ホルモンの分泌を高めることもできますし、女性ホルモンである「エストロゲン」とよく似た働きをする「大豆イソフラボン」という栄養素を摂ることでもバストアップ効果が期待できます。

その他、女性は恋をすることで女性ホルモンの分泌が促されますから、好きな人を作るなど良い恋をすることもおすすめですね。胸がときめいたりドキドキしたりすることで女性ホルモンが分泌されるので、バストアップだけではなく肌や髪の毛のツヤも良くなります。皆さんも恋の力でバストアップしてみましょう。

このようにバストをふっくらとさせていくためには女性ホルモンの働きが大きく関わっていますが、丸くて形の良いバストを理想としているのであれば筋トレも欠かせません。バスト周りの筋肉もしっかり鍛えて、垂れにくいバストを作っていきましょう。

若いうちから筋肉をしっかり鍛えておくことで、年を取っても垂れにくくハリのあるバストに育てていくことができますよ。

恋の力で魅力的にバストアップ!いつもときめく気持ちを大切に

毎日バストをマッサージしたり、バストアップに最適な食材から栄養を摂ったり、バストアップ方法には非常に様々なものがありますが、精神的な面を大切にすることでバストアップに繋げていくことも可能です。マッサージや食事などにも、もちろんバストアップ効果は期待できます。

女性ホルモンの分泌を高めていく効果があるので、毎日お風呂に入ってマッサージをするとか、バストアップ効果のある食材を毎日食べるようにするといった心がけも大事なのですが、精神的な面から見てみると、女性は恋をすることで女性ホルモンの分泌を増やしていくことができる、と考えられています。

皆さんは今、恋をしていますか?恋人がいる・いないよりも、好きな人や憧れの人がいて、その人を思うと胸がドキドキしてときめく、といった気持ちになることが女性ホルモンの活性化へ繋がるとされています。

例え恋人がいても、仲違いしてしまっている、最近愛情が冷めてきてしまっている、といったような場合は、反対に女性ホルモンの分泌力を低下させてしまうことに繋がってしまうので、バストアップには逆効果です。心から良い恋愛をしていることが条件なので、ストレスが溜まるような恋愛をしている人は早めに手を打っておいた方が良いでしょう。

なので、どちらかと言えば片想いをしている人がいるとか、憧れている人がいる、といった方が女性ホルモンが高まりやすいと考えられています。恋をする気持ちが大切なので、今現在好きな人がいるという皆さんは、その気持ちを大切にしてください。好きな人を思うと胸がときめく、その気持ちこそが女性ホルモンを活性化させる力になります。皆さんも恋の力でバストアップしていきましょう。

また、好きな人を思ってときめくだけではなく、触れ合ったりキスをしたりといったコミュニケーションにも、女性ホルモンの分泌を増やしていく効果があります。好きな人とのセックスで胸を揉んでもらうことなどは、乳腺を刺激しながら女性ホルモンを活性化させることができるので、特にバストアップ効果が期待できると考えられています。
(⇒好きな人にマッサージしてもらうことも効果的

一般的にセックスは女性ホルモンの分泌を活発にしていくことができるとされていることから、セックスをすればバストが大きくなる、と考えている人も多いようです。しかし、女性ホルモンが活性化させるのは、あくまでも好きな人との充実したセックスです。男性優位のセックスや好きでもない人でのセックスでは女性ホルモンの分泌が増えるどころか、低下してしまうこともあります。

女性ホルモンを活性化させるためには、皆さん自身の心も身体も充実するセックスをすることが効果的となっていますので、ただ単に誰でも良いからセックスをすれば良い、というわけではないことをよく覚えておきましょう。セックスをすることも大事ですが、やはり精神的な繋がりや充実感が第一ですので、いつもときめく気持ちを大切にしてくださいね。

女性の胸が大きくなるのはどうして?バストアップの簡単な仕組み

女性の胸は成長期を迎える小学校高学年くらいの時期から、段々と大きく成長していくようになります。人によっては中学生になってから大きくなっていく人もいますし、身長も伸びて体重も増えているのになかなかバストだけが成長しない、という人もいるため、人それぞれバストの大きさには差が見られていることが特徴です。

小学生の時からバストが大きく育っていく人もいれば、大人になってもバストが小さな人もいますよね。こうしたバストの成長には「女性ホルモン」の分泌が大きく関係しているのです。女性ホルモンは、大体小学校高学年から中学生になるくらいの時期に分泌が増え始めるようになり、その影響によってバストの中心にある「乳腺」が発達していくようになります。

さらに乳腺を守るための脂肪がバストにつくようになるため、子供の頃と比べてバストが大きくなり、柔らかさやふくらみが現われるようになっていくというわけです。バストの大きさは脂肪の多さで決まるものでもありますが、脂肪がバストにつくためには女性ホルモンの分泌が欠かせないものとなっています。

女性ホルモンの分泌が活発化されることで乳腺が発達し、バスト全体に脂肪がつくようになるので、まずは女性ホルモンの分泌力を高めていくことがバストアップに繋がるとされています。バストアップの仕組みには、女性ホルモンの分泌が深く関係していると考えられているのです。

では、私達が女性ホルモンの分泌を増やしていくためには、一体どのような方法を取れば良いのでしょうか?

こうしたバストアップの仕組みを踏まえた上でのバストアップ方法には非常に様々なものがありますが、一般的にはバストアップ効果のある栄養を摂ること、マッサージや体操を行なうことでバスト周りの血行を良くしていくこと、ツボ押しなどで乳腺を刺激すること、筋トレでバストを支える筋肉をつけることなどが効果的とされています。

特に食事から摂る栄養は女性ホルモンの分泌とバストアップ効果を高める効果が大きいため、まずは普段の食事から気をつけていくことがおすすめです。

バストアップに効果的な栄養素の中では「大豆イソフラボン」などが有名ですが、大豆イソフラボンには女性ホルモンと似た働きがあることから、大豆イソフラボンを摂ることで女性ホルモンのバランスを整えることができると考えられています。大豆イソフラボンが含まれている食べ物は毎日摂れるものが多いので、日々の食事に取り入れるなどして摂取していくと良いでしょう。

また、乳腺を刺激するマッサージやツボ押し、筋トレもバストアップに効果的ですが、食生活と併せて気をつけていくことでよりバストアップ効果を発揮することができるようになります。特にタンパク質はバストを支える筋肉を作るために必要な働きをしている栄養素ですから、タンパク質が多く含まれている食べ物も積極的に摂るように心がけてみると良いでしょう。

<1 2 3 4 >