バストアップについての基礎知識・マメ知識

記事一覧

胸が小さいことで悩んでいる人もいれば胸が大きいことが悩みの人も

魅力的なバストというと、大きくてふっくらとしたバストが思い浮かぶ人が多いかと思います。実際にバストが大きな女性は男性から見ても女性から見ても魅力があり、憧れや性の対象として見られることが増えますよね。しかし、中にはバストが大きすぎることを悩みに感じてしまっている女性も少なくありません。

バストの小さい人から見れば「どうしてバストが大きいことに悩むの?」と不思議に思う人も多いかもしれませんが、人によってはバストが大きいことは全て良いとは限らないのです。

周りから見れば「胸が大きくていいな」とか「私もあんなバストになりたい」といったような憧れの対象ではありますが、あまりにも大きなバストの場合は全体的に太って見えてしまったり、男性からは性の対象としか見られなかったり、バストが大きいことが原因で悩みが現れてしまうこともあるのです。

バストが小さめな人は比較的スリムに見せることができても、バストが大きい場合はバストばかりが目立てしまって太めの印象に見られてしまうことがあるため、近年ではバストが大きめの人がバストを小さく見せるために使用するブラジャーなども販売されています。ブラジャーによってバストを小さく見せることで、バストだけが目立つ、ということを防ぐことができるのです。

また、バストが大きい人は胸元が広く開いた服を着ることを避ける、という場合も多く見られています。バストの小さい人から見れば、大胆で女性らしい印象に見られるファッションが楽しめていいな、と思うかもしれませんが、バストが大きすぎすると胸元が開いた服はかえって下品な印象を与えてしまいますし、人によっては嫌らしい目で見られることを避けるために胸元が開いた服は着ない、という女性もいるようです。

男性はバストの大きな女性に目がいくことが多く、バストが大きい女性はバストが影響して性の対象と見られることも珍しいことではありません。これは女性として見られている、ということなので受け取り方によっては嬉しいと感じる女性もいるかもしれませんが、もし、皆さんの好きな男性から性的な目でしか見られなかったらどう思うでしょうか?

本当に好きな人には身体ではなく性格や考えていることなど内面を見てほしい、という女性は非常に多く、好きな男性から外見だけで判断されることを嫌う女性がほとんどです。性的な目で見られることから「私の胸にしか興味がないんだ」と思う女性も少なくなく、ひどい場合は男性を受け入れることができなくなってしまうこともあります。

このように、バストが大きな女性にもその人なりの悩みがあるので、決してバストが大きいだけが全てではありません。ただ、自分が理想とするスタイルを目指すことはとても素敵なことですから、バストが小さくて悩んでいる人もバストが大きくて悩んでいる人も、魅力的な自分に少しでも近づけるよう日々努力をしていきましょう。

バストが小さくなってしまうことも、過剰なダイエットには危険性が

今より痩せてキレイになりたい、ムダな脂肪をスッキリ落としたい、スリムになってかわいい服をたくさん着たい・・・など、女性にはダイエット願望がつきものです。端から見ればそれほど太っていない人でも「痩せたい」とか「ダイエットしなきゃ」といったように、半ば口癖のように「ダイエット」を口にしている人も多く見られています。

しかし、過剰なダイエットには危険性もあります。もちろん痩せることはいけないことではありませんが、ダイエットを続けていると自分が痩せていることに気付かない場合も少なくありません。目標だった体重まで落としてダイエットに成功したのにもかかわらず、「もっと痩せたい」と思うことからダイエットを続けてしまう、十分に痩せているはずなのに「ダイエットをしなきゃ」と思うようになるなど、精神的な面にも関わってきてしまうことがあるのです。

こうした過剰なダイエットから、食事が摂れなくなってしまう「摂食障害」などの精神疾患を発症してしまう場合も多く見られているため、特に中学生や高校生など成長期の皆さんは無理なダイエットをしないよう注意してください。

中学生や高校生の時期はついつい周りと比べてしまうことが多いので、痩せていてキレイな子を見ると「私もあんなふうになりたい」と憧れを抱くようになり、無理なダイエットへ走ってしまうことも珍しくありません。

「キレイになりたい!」という向上心を持つことはとても素敵なことですが、中学生や高校生などの若い年代はただ「痩せる」ということに集中してしまうことがほとんどであるため、キレイになることよりも痩せるためのダイエットを実行してしまうことが非常に危険だと考えられているのです。

そして、過剰なダイエットを続けていると身体や顔が痩せていくだけではなく、女性ホルモンのバランスも乱れていきます。中学生や高校生といった成長期の時期のダイエットは、女性ホルモンのバランスを崩してしまう危険性もあることから、注意が必要とされています。

女性ホルモンのバランスに乱れが見られると、生理が止まってしまったり、バストが大きく成長しなくなってしまったり、バストが小さくなってしまったり、女性としての成長に影響が現れてしまうこともあります。いくら「自分の理想的な体型になりたい!」と言っても、過剰なダイエットによって女性としての成長していくための大切な時期をムダにしてしまってはいけません。

特に大人になるまでの成長期は、バストの成長にも大きく関わっています。ダイエットはしたいけれどバストも大きくしたい・・・という中学生や高校生はたくさんいますが、その時はぜひダイエットをすることではなく、バストを大きくすることを目標としてみてください。

そのためには食事から栄養をしっかり摂ること、適度に運動を心がけること、睡眠を摂ることなど、毎日規則正しい生活を送るように心がけていきましょう。

バストを大きくするだけではなくスタイルとのバランスを考えてみて

皆さんは自分のスタイル(体型)に自身はありますか?バストが小さくて悩んでいる、お腹が出ている、猫背になっている、ウエストにくびれがない・・・など、自分のスタイルにコンプレックスを持っている女性は決して少なくありません。

そうしたコンプレックスをなくしていくために、ダイエットをしたり、姿勢を良くするよう心がけたりするものですが、バストが小さい場合にはただ大きくすることだけを考えてしまう人が多く見られています。

バストが小さいなら大きくすれば良い、という考え方は決して間違いではないのですが、ただ大きくしてもスタイルとのバランスが合っていない場合は、美しいボディラインに見せることはできません。どんなに大きなバストでも、その人のスタイルとのバランスに合っていない大きさのバストではキレイなバストにも見えませんし、形が整っていない場合は尚更美しさが半減してしまいます。

バストは大きいだけが魅力ではありません。もちろん、女性も男性も大きなバストには魅力を感じるものですが、そこには大きさ以上にバストの形やバストとスタイルとの絶妙なバランスがあってのものなのです。バストが小さいから大きくする、というよりも、バストを大きく且つキレイな形に育てていくことを目標としていきましょう。

そのためにはまず自分のスタイルをよく把握することが必要です。皆さんは自分の全身を鏡で見たことがあるでしょうか?特に裸になって見てみると、自分のスタイルを客観的に見つめることができるようになります。

バストのサイズを中心に見て自分のスタイルは美しいものになっているか、服を着てもスタイルとバストは良いバランスになっているかなど、まずは全身のバランスを客観的に見てみるようにしましょう。

もしバストのサイズが足りていないようであれば、様々なバストアップ方法でバストを大きくしていく努力をしていくことが大切ですし、バストのサイズ以前に身体が歪んでいたり猫背だったりする場合は、整体などで身体の歪みを治していくことも効果的です。

猫背になっているとバストが前に垂れ下がって見えてしまうため、バストの形も崩れて実際よりも小さく見えてしまうことがあります。元々は十分なバストがあるにもかかわらず、猫背になっているせいでせっかくのバストを台無しにしてしまっている人も多いので、猫背を矯正することもバストアップ方法の一つとなっています。

また、バストは年齢と共に垂れてきてしまうので、バストアップマッサージでバストの位置を引き上げたり、バスト周りの筋肉を鍛える筋トレを行なったりしながら、若々しいバストを保つ努力も必要です。筋肉を鍛えると姿勢も良くなってスタイルのバランスも美しく保つことができるようになります。すぐに効果が現われるわけではありませんが、若い頃から地道にマッサージや筋トレを続けることで、垂れにくいバストを作ることもできるようになりますよ。

<1 2 3 4 >