豊胸バックを使った方法

確実なバストアップ!豊胸バックで触感も良いバストに変身

豊胸手術には様々な種類があります。時代と共に、より安全な手術が行えるように進化してきているようです。中には失敗の方法とも言えるものもありますが、失敗していたからこそ、現在の安心できる方法が生まれたのです。

そもそも、美容目的で豊胸が行われだしたのは1950年代。この頃は“パラフィン”や“シリコンジェル”を直接バストの皮下に注入する方法でした。しかし、この方法では組織の壊死などの合併症を多く発症させてしまい、更に後遺症が残ってしまう事も多かったようです。

そこで発明されたのがインプラントです。直接注入するのではなく、シリコン製のバックに注入してから、そのバックをバストに入れるのです。しかし、このシリコンバックによるインプラントでは、最初の頃は問題なくても、数年経つとバストが変形してしまったり、体内でバックが破損する事が相次ぎ、インプラントメーカーが訴訟されるという事がありました。破損した後、体内に漏れたジェルなどが、健康被害をもたらしてしまったのです。

使用停止と言われてしまったバックによる豊胸手術ですが、数年後にはシリコンジェルではなく、人間の体内の状態に近いと言われる、生理食塩水を入れたバックも開発され、例え破損して漏れても、体内と同じような成分と言う事で(だからと言って安全とも言えませんが)、多くの女性の豊胸手術を行うようになりました。

このような豊胸バックを使用して豊胸手術を行う方法は、主に外国での使用のみでした。日本では安全を保証できないと敬遠されていたのです。しかし、最近では日本でもこの豊胸バックによる手術を行える病院も増えているようです。漏れた中身が健康被害になるという事も、ガンや免疫疾患との因果関係は否定され、体内でバックが破損し漏れた時に、流失を防ぐシリコンバックが開発されたのです。

しかし、この豊胸バックは今でも問題点は少し残っています。流失を防ぐと言っても、まだ体内で破損する可能性は捨てきれない事、感染症などの危険性が捨てきれてないのです。また、この方法は切開しなければいけません。主にわきなど目立たない場所ではありますが、切開を行うので、抵抗のある人もいるでしょう。

とはいえ、この豊胸バックもかなり進化しています。バックが破損しなければキレイな形も維持できますし、なんといっても触感が良い事が利点です。違和感が少なくて、元々のバストにも馴染みやすい点も良いところです。

より安全なものを開発され、安心してインプラントできる時代になってきてはいますが、破損はどうしても心配なものです。昔に比べると健康被害への影響は少ないようですが、この手術を行った場合、異常を感じたらすぐに病院で検査ができるよう、アフターケアも完璧な病院を選んだ方がいいかもしれません。