ブラジャーの基礎を学ぶ

バストアップのその前に!!バストにとって大切なブラジャーの基礎

バストにとってとても大切なブラジャー。みなさんは自分の正しいサイズをご存じでしょうか?どのように保管していますか?バストアップをするにもブラジャーは大切なアイテムになります。そこで、せっかくバストアップをしているのにブラジャーで損しないように勉強しましょう!!

まずは正しいサイズですが、トップとアンダーのサイズを測らなければいけません。しかし、1人で測るとなると、まっすぐ測れずに斜めになってしまたりで、正しくないサイズを正しいサイズと勘違いしている事も多いです。ちょっと抵抗があるかもしれませんが、プロの人に測ってもらうのが1番良いでしょう。正しいサイズをしらなければ、バストをキレイに見せる事ができません。

下着専門店などに行くと、店員さんが正しいバストを測ってくれます。そして、そのサイズにあったブラジャーを見たててくれます。もしかしたらセールストークにハマってしまう可能性もありますが、サイズを測るだけでも大丈夫です。プロが見たててくれるブラジャーですし、1つくらい購入してもいいかもしれません。どうしても自分で測る場合は、鏡などで背中側も真っすぐになっているかを確認しながら測りましょう。

さて、ブラジャーを使った後はどうでしょう?洗濯して保管しますよね。ここでも間違った事を行うと損する事になります。まずは洗濯。そのまま他の洗濯物と一緒に洗濯機に掘り込んでなんていないですよね?ブラジャーは型崩れしてしまうと効果を発揮できません。できるなら手洗いで1つ1つ丁寧に洗う事をオススメしますが、せめてブラジャー用の洗濯ネットを使用しましょう。干す時も型崩れしないように整えて干しましょう。

保管ですが、グチャグチャに突っ込んでしまっては型崩れの原因になってしまいます。カップの膨らみに合わせて丁寧に重ねるように並べましょう。無理やり突っ込むのは厳禁です。できれはカップにハンカチなどを軽く詰めて、カップが崩れないようにする方が良いです。また、左右のカップを1つにまとめて収納する人も多いようですが、これも型崩れの原因になってしまうので避けましょう。

ブラジャーは消耗品です。どんなに大切に使っていてもダメになってしまいます。ワイヤーが伸びてしまったり、型崩れを起こしてしまった物はサヨナラしましょう。サイズも日に日に変化していきます。少なくとも年に1度くらいはサイズを測り直して、正しいサイズでブラジャーの役目をこなせる物を用意しましょう。

ブラジャーもピンキリではありますが、意外と高額なものも多いです。たいだい数千円しますよね。何個も何個も買える余裕があれば別ですが、できるだけ長く使えるようにもしたいです。ブラジャーの正しいサイズを知り、ブラジャーを正しく付けて、ブラジャーの形が崩れないように正しく保管しましょう。