正しく食べてバストアップ

痩せている人のバストアップは“正しく食べるコト”がオススメ

バストの膨らみは脂肪です。痩せている人は、その脂肪が少ないのですから、バストにまで脂肪が集まらない…。確かにそれも一理あるかもしれません。確かに痩せている人はバストも小さい人が多いような気もします。全てがペッタンコなのが悩みの人も多いよう…。もう豊胸手術しかないかもしれないと諦めている人も多いでしょう。

実際にBMIが19以上なければバストアップは難しいとも言われています。BMIは肥満度を表す数字ですが、標準は22です。「体重÷身長÷身長」で計算できます。例えば160cmで57kgの場合「57÷1.6÷1.6=22.2…」となり標準だと言えます。この数字が19以下ならば痩せ気味や痩せすぎとなり、バストアップは難しいと言われています。

しかし、痩せている人でもバストアップはできます。そもそも、バストの脂肪は乳腺を守る為に集まっています。この乳腺を発達させれば、自然に脂肪がバストに集まってくるのです。乳腺だけ発達しても守ってくれる物がなければ大変な事ですからね。乳腺を発達させましょう。

別に無理してまで何キロも何キロも太る必要もありません。油っこいものばかりを食べて、無理に太ろうとしたりすると、逆に体に悪いですし、女性ホルモンの分泌にも異常を出してしまうかもしれません。ストレスも良くないので、無理な事は控えましょう。

BMIが19以下の人は“正しく食べるコト”で乳腺を発達させ、バストアップを目指しましょう!!乳腺の発達に良いと言われている食べ物はタンパク質です。鳥のささみ・卵・魚などに含まれているタンパク質をたくさん食べて、乳腺を発達させましょう。同時に乳腺の発達に大切な女性ホルモンを分泌させ、バストアップに効果のあるマッサージなども取り入れてみてください。

痩せているからとバストアップを諦めていては何も変わりません。大人になってからでも乳腺を発達させる事は可能です。つまり痩せていてもバストアップをする事は可能なのです!!豊胸手術などに頼るのも良いですが、まずは自分で初めてみませんか??