バスアップとエクササイズ

バストアップに効果的なエクササイズでバストを支える筋肉の強化

一昔前に比べると日本人女性のバストの平均サイズはアップしたし、形もきれいになりました。それでも自分のバストにコンプレックスを持つ人は多く、理想のバストに近づこうと日夜奮闘しています。バストアップの基本はエクササイズ、マッサージ、食事法の3つです。どれか一つ欠けても十分な効果は得られないし、毎日少しづつ続けることがとても大切です。毎日時間をとることが難しい人は2日に一度でもいいですから、継続して行うことが重要です。美バストは一日にしてならず、です。

エクササイズは美しいバストの土台である筋肉を整えるという意味でとても大切です。ボディビルダーになるわけではないのですからジムに通うなどのハードな運動は必要ありません。自宅で手軽にできる3つの基本的なエクササイズをここでは紹介したいと思います。

まずは腕立て伏せ運動です。これはバストを支える大胸筋を鍛える運動です。ただ難点はかなりハードな動きなので今まで運動と無縁だった人がいきなり回数をこなせるわけはありません。腕立て伏せが困難な場合は直立し、壁に腕をついて、腕立て伏せと同様の動きをしましょう。自分ができる範囲で無理のない運動を続けていくことが大切です。

次は足を開いて立ち、合掌のポーズで両手を互いに押し合いましょう。肘を90度に曲げて、胸の前に行います。バストの両脇がぴりぴりと緊張するのがわかります。これを1回15秒で3-4回行うとよいでしょう。

最後は同様に足を開いて立ち、胸の前で肘を90度に曲げ両腕を閉じたり開いたりします。バストアップのエクササイズはいずれも回数こなすことよりも呼吸を整えながらゆっくりと行うことに意味があります。胸筋が動いていることを意識しながら行いましょう。

この基本の3つのエクササイズを入浴後などにやってみましょう。またエクササイズ後にマッサージを行うとより効果的です。マッサージは下から上へ、脇から中心へ、さするように行うようにしましょう。このようなマッサージはエクササイズで疲れた筋肉をほぐし、リンパや血液の流れをよくします。体をリラックスさせ質のよい眠りにつきましょう。