バストアップクリームって何?

バストアップ用のクリームやジェルって何が違うの!?

美容に気を使っている人はもちろん、女の子ならば1つくらいは持っているクリームやジェル。乾燥を防ぐ為や、保湿して潤いを閉じ込める為など、使用用途は様々かもしれませんが、持っていませんか?顔用・身体用など、何種類も持っている人もいるでしょう。

バストアップのマッサージをする時にもクリームやジェルは必要なものです。別になくてもマッサージはできますが、クリームやジェルがあった方が良いでしょう。では、バストアップ専用に売られているクリームやジェルは、普段使っているクリームやジェルと何が違うのでしょうか?

バストアップ専用のクリームやジェルの売り文句を読んだ事はありませんか?「このクリームを塗るだけでバストが大きくなる!!」みたいなやつです。実際には、ただクリームやジェルを塗るだけで劇的にバストアップする事はないでしょう…。しかし、バストアップに良い成分が入っている事は多いようです。

“ガオクルア”が代表的なものです。別名“プエラリアミリフィカ”とも言います。バストアップのサプリメントなんかにもよく配合されている物です。マメ科の植物で根っこの部分を食すようです。なんと大豆の40倍ものエストロゲンやイソフラボンが含まれており、女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。

エストロゲンやイソフラボンはとても有名ですので聞いた事があるかと思います。女性ホルモンと同じ働きという事は、バストアップを大きく手伝ってくれるという事ですね。そんな魅力的な成分が、バストアップ用のクリームやジェルには配合されているのです。

大豆の40倍もの成分と言っても、ただ塗るだけでは効果はそんなに期待できないでしょう。しかし、このような魅力的なクリームを使ってマッサージをする事で効率よくバストアップを目指す事は出来ると思います。普段使っているクリームでも、マッサージの滑りを良くしたり、肌を傷める事が少なくなるので良いかもしれませんが、どうせなら良い成分の入った物を使いたいですね。

サプリメントだと副作用があったりしますが、クリームやジェルだと副作用は少ないようです。しかし、肌に直接つけるわけですから、なんらかの肌トラブルが起きる可能性もあります。かゆみやかぶれ、湿疹などの症状が現れた場合は使用を中止しましょう。

バストアップクリームも様々なメーカーで作られています。入っている成分も多少なり違います。人それぞれに効果の差もあります。自分の体に合ったクリームやジェルを発見できたらいいですね。普通のクリームでいいと思っていた人も、バストアップ用のクリームやジェルを検討してみてください。