胸が大きいと得?損?

バストアップ!!胸が大きいコトでの“良いところ”と“悪いところ”

女性にとってバストは『自分を象徴するもの』と言ってしまえば少し大袈裟かもしれませんが、知らず知らずに自慢していたり、コンプレックスに思っていたり…。バストに自信のある人は自信ありげなイメージですし、自信のない人は控えめなイメージを持たれてしまい事もあります。同性にも異性にもアピールポイントの1つになりますよね。

バストが小さい為に自信がなくて、控えめになっている人も、きっと影の努力はしているでしょう。良いブラジャーを買ってみたり、パットを入れてみたり。少しでもバストが大きく見えるようにしたいものなのです。でも、やっぱり、そんな事をしなくてもいいように、バスト自体を大きくしたいですよね。では、ここでは、もしバストが大きければ“良いところ”と“悪いところ”について考えてみたいと思います。

まずは“良いところ”です。これは、バストのない人からすれば憧れなのですが、何といっても谷間です!この谷間があるかないかで、大きく印象が変わってしまいます。寄せて上げる程もバストがない人、パットを入れてもイマイチな人には夢の谷間です。

普通にジーパンにTシャツの時などは、そんなに気にする事もないのですが、結婚式などで胸元の開いたオシャレな洋服を着る時、夏にデートなどで着たいキャミソールなどの薄着をする時に、とっても気になってしまいます。水着、特にビキニなんて…。こういう女の子にとって、特別なオシャレをするような服に限って、胸元を強調してるんですよね。しかし、谷間があるだけで、このような服が着こなせてしまうのです。

なんと言っても、バストがあるだけでも、女の子は自信を持つ事ができます。例えば、好きな男性ができた時、バストがないから嫌われてしまうのではないかと心配になります。実際、男性は女性が思っているほどバストの大きさには関心はないようなのですが、女の子は気にしてしまいます。結局、良いところは、女の子にとって自信に繋がる、つまり精神的に強くなれるという事でしょうか。

では“悪いところ”です。バストアップをしたいと思っている人からすれば、悪いところなんてないように思えますが、実際に巨乳の友人の何人かに聞いてみました。もちろん、自慢のバストだと言い張る友人もいましたが、できる事ならば小さくしたいと言う友人も多くいました。

バストが大きいと、普通のサイズの服が入らない事が多いそうです。胸囲が小さくて、1サイズ上の服を買う事も多いとか。普通のサイズを着ると胸がキツイだけでなく、胸を強調している感があってイヤだそうです。肩こりにも悩み、若いうちから重さで垂れるバストを気にしているそうです。

みなさんの周りにいる巨乳のお友達にも、“良いところ”と“悪いところ”を聞いてみてください。理想のバストを実体験をしている人の話も、あなたがバストアップを行う上で、とても良い参考になると思いますよ。