豊胸手術と乳がんの関係

発見しにくい??豊胸手術をした人の乳ガンへのリスク

女性の悩みであるバストの大きさ。バストアップには様々な方法がありますが、豊胸手術を行って理想のバストを手に入れている人が多くいます。もう1つの女性の悩みと言えるのが女性特有の病気。その中の1つ、乳ガンと豊胸手術についてお話したいと思います。

豊胸手術は手術と言うだけあって、様々なリスクが存在します。医学の進歩によって、安全になってきているとはいえ、まだまだリスクをなくす事はできていません。豊胸手術のリスクと聞くと、手術を行う時のリスクだけを考えてしまいがちですが、その後にリスクが現れる事もあるのです。

女性特有の病気である乳ガン。ガンですので、命に関わる事もあります。できるだけ早く発見して、治療を行う事が望ましい病気です。しかし、この乳ガンですが、豊胸手術をしている人は要注意な病気であり、発見を遅らせてしまう可能性があります。乳ガンは定期的に健診を受ける事をオススメされています。マンモグラフィーを受け、乳ガンになっていないかをチェックするのです。この検診の時に豊胸手術をしている人はリスクがあります。

まず、豊胸バッグを入れる手術を行った人は、マンモグラフィーで乳房を挟んで検査を行った時に、バッグが破損する危険性があります。バッグが破損すると、バッグの中身が体内に流れ出し、場合によっては命に関わる事もあります。

次に、注射で脂肪やヒアルロン酸を注入する手術を行った人は、発見しにくいのが現状です。乳ガンの検診はX線フィルムや超音波など機械を使用し、その画面(画像)を医師が目で見て以上がないかを判断します。しかし、豊胸手術を行っている事により、とても見辛いのです。もしかしたら見落とされるかもしれません。

乳ガンへのリスクが高まるので豊胸手術をするなという訳ではありません。乳ガンを調べる医師もたくさんの豊胸手術を行った人を診てきているでしょう。豊胸手術をする事は大丈夫です。豊胸手術をしたという事を事前に乳ガンを調べてくれる医師に伝えておきましょう。事前に伝える事によって、あなたに適切な検査方法を見つけてくれますし、バックの破損や見落としを避ける事ができます。

豊胸手術をしたなんて、医師とはいえ、他人とはいえ、恥ずかしいと思ってしまうかもしれませんが、あなたの為です。病院側もあなたが豊胸手術をしていると世間にバラすことなど絶対にないですし、隠して最悪な結果になるかもしれないのですから、恥ずかしがらずに伝えましょう。