バストアップコラム

記事一覧

バストアップにはプチ整形の時代 ヒアルロン酸は手軽で安全効果的

美しいバストを手に入れたいと願う女性は決して少なくありません。バストアップは女性の永遠のテーマです。理想のバストを手に入れるためにはどのような方法があるのでしょうか。バストアップのためにエクササイズで胸の筋肉を強化したり、マッサージにより肌のハリを実現したりといろいろですが、もっと手軽にできないかと思っている人は少なくないはずです。仕事や家事に追われるる毎日でなかなかエクササイズをする時間がとれない人もいます。またできればわずらわしい努力なしに今すぐ豊かなバストを手に入れたいと願う人もいるはずです。そんな人におすすめしたいのが胸にヒアルロン酸を注入するプチ整形です。

整形なんてなんだか怖いという人も手術の内容を知ればおそらく不安を解消できると思います。ヒアルロン酸注入によるバストアップはシリコンバッグなどを入れるものに比べるととても安全性が高いと言われています。注入するヒアルロン酸はアレルギーや発がん性のないもので、2,3年で体に自然に吸収されてしまいますし、触った感じも全く自然でレントゲンなどをとってもわかりません。

手術時間も短く、傷跡も残りません。注入する箇所により自分の希望の胸の形を作ることができ、片方だけ多めに注入することもできます。局所麻酔ですので意識もはっきりしていますし、仕事などにさしつかえもありません。当日からシャワーを許可される場合もあります。ヒアルロン酸を注入するときにはちくっという痛みがある人もいますが、ほとんど無痛です。突然極端なバストアップはちょっと、、、という人もヒアルロン酸の量を調整して自分の希望するサイズにすることができます。

整形という言葉に二の足を踏んでしまうかもしれませんが、安全性が高いので速効性を求める人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。ただし、まずは自分で情報を集め、クリニックを選び、医師とよく話し合ってから手術を行うようにしましょう。希望のサイズや形を医師に伝え、十分にカウンセリングを行うことで後々のトラブルを避けることができます。

脂肪吸引&脂肪注入でバストアップ 明日から理想のバストをゲット

以前は夏が近づき水着の季節になると胸の大きさが気になる人が多かったのですが、最近では冬でもコートの下は薄着ですので一年中バストアップに興味を持つ人が増えています。バストアップというとまず頭に浮かぶのはエクササイズ。腕立て伏せなどの胸を支える大胸筋を鍛える運動がメインです。エクササイズの後には入念なマッサージで胸にハリとうるおいを持たせます。同時に食事療法も欠かさず、女性ホルモンに似た作用をするイソフラボンを多く含む大豆製品の摂取がお薦めです。インターネットや女性誌などでバストアップに関する情報は十分にあるのに、仕事や育児に追われている女性はなかなかエクササイズ等に時間を割くことができません。私一生バストアップなんて無理かも、、、、なんて諦めてはいませんか。そんな方にはつらい努力は無用、速効性のある豊胸手術はいかがでしょうか。

バストアップにためのプチ整形の方法はいろいろあります。シリコンバッグを使用したり、ヒアルロン酸を注入したり、また今回ご紹介する脂肪注入法もあります。どれがベストというのはありませんが、より安全で自分が納得できる方法を選びましょう。脂肪注入によるバストアップは体の別の部位から吸引した自分の脂肪をバストに注入するので異物による拒絶反応などは少なく安全性の高い手術と言えます。手術は太ももやおしりなどの脂肪の多い場所からの吸引になります。痩せている方でも女性は少なからず皮下脂肪がありますので問題ありません。

手術は局所麻酔を用います。手術は麻酔、脂肪吸引、脂肪注入という順序で行われ長くても1時間半程度で終了します。手術中は麻酔を使用するため痛みはありませんが、術後は鈍い痛みを感じる人もいるかもしれません。吸引した脂肪は一か所ではなく複数個所からバストに注入され形のいいバストを形成します。傷跡も残りません。シャワーでしたら翌日から浴びることができます。またシリコンバッグなどと違ってレントゲンにうつることもなく、ヒアルロン酸のように2,3年で体内に吸収されてしまうこともありません。費用は脂肪吸引する部位や、脂肪の量にもよりますが50万から100万円程度です。

脂肪吸引によるバストアップは安全と言われていますが最後はあくまでも自己責任です。信頼できるクリニックを選び、医師と入念にカウンセリングを行った上で手術をおこなうことをおすすめします。自分で納得した上で施術し、理想のバストを手に入れましょう。

バストアップ器具を使いこせばTVを見ながら気軽にサイズアップ!

女性にとって美しいバストは永遠の憧れです。歴史的な美女に貧弱なバストの持ち主はいないし、いつの時代も人気のタレントはバストの大きい女性ばかり。男性が豊かなバストに心奪われるのは事実だし、モテル女性の条件の一つとなっています。理想のバストになるためには何をすればいいのでしょうか。まず第一に挙げられるのはバストアップに効果的なエクササイズです。腕立て伏せなど胸を支える大胸筋を鍛える運動が当てはまります。しかし、中には仕事や家事に追われてエクササイズの時間がとれなかったり、体力的に厳しいという人もいるでしょう。そんな人はバストアップ器具に頼ってみてはどうでしょうか。

EMSを使ったバストアップ器具は超音波により大胸筋を刺激し、運動をしたのと同じ効果を得ることができます。TVを見ながら、あるいはPCをしながら使用することができ、エクササイズはいつも三日坊主で終わってしまう人でも長く続けることができるはずです。ブラジャーなどの中にカップのようなものを入れておこなうものと、手袋をして手を当てながら使用するものがあります。グローブ型ですとバスト以外の部位にも使用することができます。バストにハリを出したい場合、片胸10分づつ毎日継続的に行うことが大切です。

他にも昔から売られているバストをカップのようなもので吸引する器具もあります。これはカップの中を真空にすることにより、リンパと血液の流れを促し、肌にハリを与えるというものです。ただやりすぎると肌が赤くなったり、うっ血したりする可能性もありますので注意が必要です。

エステサロンのバストアップコースでは個人では購入できないような高価なバストアップ器具を使用することができますのでそちらを利用してみてもいいでしょう。もし経済的に厳しいようでしたらサロンが実施している無料キャンペーンやお試しコースを利用するのも手です。高価な器具はそれなりの効果を期待することができます。同時にサロンでカウンセリングなどを受け、自分のコンプレックスがどのようにしたら解消されていくのかプロの意見を聞くこともできます。