ブラジャーのサイズは重要

大きい?小さい?ブラジャーのサイズが違うとどうなるの?

バストが生涯、長く時間を共に過ごすブラジャー。このブラジャーがバストの良い相棒になっていなければいけません。バストとブラジャーの仲が悪ければ、どんどんバストは弱ってしまいます。(病気になるという意味ではありません。)仲の悪いブラジャーを付けるとどうなるのでしょうか?

多くの人が間違っているのが“小さいブラジャー”をつけるという事です。小さい、つまりキツイブラジャーだという事です。確かに、ブラジャーはちょっとした事でもズレてしまったり、カップにゆとりがあると気持ち悪かったりしますよね。しかし、小さいブラジャーはバストアップをするには最強の敵かもしれません。

バストの成長を止めてしまっている可能性があります。ブラジャーのヒモで血流を妨げられ、バストに必要な栄養が届いていないかもしれないのです。バストアップを夢見ている人ならば、なおさら、血流を良くして、栄養を行き渡らせなければいけないのに、自分で滞らせているのです。

また、食い込むほどの小さなブラジャーを付けていると、血流の流れはもちろん、見た目にもブサイクな状態です。薄着の時期だと、背中側から見たら、ブラジャーが背中のお肉に食い込んでいるのがしっかり見えてしまいます。

逆に“大きいブラジャー”を付けているのも間違いです。窮屈なのがイヤで大き目なのをつけている人も多いですが、カップにゆとりがあり、さらにアンダーもユルユルだと、バストをしっかり支える事ができなくなり、バストの形を崩してしまう原因になります。バストの脂肪が分散され、お腹や背中に移ってしまう事もあります。

寝ている間はブラジャーをしない方が良いという話もあります。また、寝る時まで窮屈なのはイヤだとしない人も多いでしょう。確かに、寝ている時が1番バストの成長時間なので、付けないのがいいかもしれません。しかし、横に流れてしまうバストを長時間も放置してしまうと、どこかに移動してしまう可能性もあります。ナイトブラなど、就寝用のブラジャーを使用する事をオススメします。

結論を言いますと、ブラジャーは大きすぎず、小さすぎない、丁度良い物を選ぶ必要があります。サイズも日々変わる事でしょう。バストアップを行っている人なら尚更です。定期的にブラの買い替えなどを行って、自分の正しいサイズのブラジャーを付けて、いつまでもキレイなバストを持ち続けましょう。