出産後から母乳をあげる時期のバストアップ

出産後から赤ちゃんに母乳をあげる時期にも念入りにバストアップを

妊娠中から出産後にかけて、女性のバストは驚くほど大きくボリュームアップします。これまでブラジャーのサイズがAカップやBカップだった人も谷間ができるほど大きくなるので、このままの状態がずっと続いたらいいのに・・・と思ってしまう皆さんも多いかもしれませんね。

しかし、出産後から母乳を赤ちゃんに与えるようになると、徐々にバストには変化が現れるようになります。母乳を与えている時期にはふっくらとしたバストのままなのですが、母乳をあげる時期が過ぎてしまうと、張っていたバストはしぼむように小さくなってしまいます。大きかったバストも元に戻ってしまい、その上バスト全体がたるみやすくなってしまうのです。

妊娠する前から元々バストが小さかった、という人の場合は特に影響が現れやすくなっており、ただ小さくなるだけではなく風船がしぼんだような状態になってしまうので、バストの見た目はどうしても老けて見られてしまうことが多くなってしまいます。

ハリがないバストはそれだけで実年齢よりも老けた印象を植え付けてしまいますから、出産後から母乳をあげる時期にも念入りにバストアップしておくことが大切です。母乳をあげる時期が過ぎてからでも遅くはありませんが、できるだけ早めにバストアップを始めていきましょう。

まずバストのハリを若々しく保つためには、バストアップマッサージを行なうことが最適です。バストアップマッサージはバスト全体を優しくマッサージすることで血行を良くし、リンパの流れを改善に導く効果があります。

バストアップマッサージを行なう際は、バストだけではなく二の腕や脇といったバスト周り全体を含めてマッサージしていくことがポイントとなりますので、二の腕や脇の脂肪をバスト全体に集めるイメージでマッサージを行なっていきましょう。バストが張っている時は少し痛みを感じることもありますが、その場合は無理せず優しくマッサージするよう心がけてみてください。

また、バストアップマッサージの他にバストアップエクササイズなどを取り入れることもおすすめですね。バストアップエクササイズは自宅でも簡単にできますし、赤ちゃんが寝ている間のちょっとした時間を使って行なうことも可能なので、ぜひ試してみてください。

代表的なバストアップエクササイズとしては、バストの前で両手を合わせて肘を直角に張り、そのままの状態で手のひらを全力で押し合う、というエクササイズが挙げられます。深く息を吐きながら押し合う、ハリのある上向きバストをイメージしながら行なうとより効果的です。道具を一切使わずにできるエクササイズなので、朝起きた時や夜寝る前など、生活の中に上手く取り入れていくと良いでしょう。

このように、バストをケアしておくことで、母乳をあげる時期が過ぎてもバストがたるみにくく垂れにくくなります。出産後もいつまでも若々しいバストを保つためにも、しっかりケアしていきましょう。