バストアップに効く3つのツボ

ツボ押しで女性ホルモンを活性化、バストアップに効く3つのツボ

私達の身体には様々なツボがあります。頭痛や腹痛に効くツボ、便秘を改善させるツボ、自律神経を落ち着かせるツボなど、効果のある症状もツボによってそれぞれ異なりますが、実はバストアップに効くツボもあることをご存じでしたか?ここではバストアップ効果を高めてくれる3つのツボについて詳しく見ていくことにしましょう。

まず1つ目は「だん中」と呼ばれるツボです。だん中は左右のバストのちょうど真ん中に位置しているツボで、指で押してみると少し痛みを感じることが特徴となっています。このだん中をゆっくり3秒間押してパッと離す、という刺激方法を5回ほど繰り返してみてください。

女性ホルモンの分泌を促進してくれるツボなので、バストアップには最適なツボとなっています。もちろんバストアップに限らず、肌や髪の毛のツヤを出したり、肌荒れやニキビの改善したりと、女性の美容を手助けしてくれるツボですから、美肌や美髪を目指している皆さんにもおすすめとなっています。

また「神封(しんぽう)」というツボも、だん中と同様に女性ホルモンの分泌を促進させてバストアップ効果を高めてくれるので、バストにハリを持たせたい、バスト全体をボリュームアップさせたい、という皆さんにぴったりのツボです。神封は左右の乳首のやや下にあるツボで、バストの内側から乳首の方へ向かって指で上に持ち上げるように刺激することがポイントとなっています。

バストにハリが出ると形も美しく保つことができるようになりますし、老化によってバストが垂れてしまうことも防ぐことができます。最近バストにハリがなくなって垂れてきてしまった、という皆さんはぜひ神封のツボを刺激してみてください。

そして「乳根(にゅうこん)」と呼ばれるツボにも、女性ホルモンを活性化させる効果が期待できると言われています。乳根は乳首から指2本分下にあるツボで、左右の乳首の真下に位置しています。女性ホルモンの分泌を促し、バスト全体のリンパの流れを改善していく効果があることから、バストアップに効くツボとして有名ですが、バストアップの他にも母乳が出にくい時にも効果を発揮してくれますし、乳腺炎など婦人科系の病気にも効くと考えられています。

このように、バストアップに効果的なツボは主に女性ホルモンを活性化させる効果が期待できることが特徴となっています。女性ホルモンの分泌が少なかったり、ホルモンバランスが崩れたりしているとバストアップを妨げてしまうことになりますので、皆さんもぜひツボ押しでバストアップ効果を高めてみてください。

ツボ押しは入浴中や入浴後など身体が温まってリラックスしている時に行なうことがおすすめです。血行が良くなってリンパの流れを改善させてくれる効果もあるので、疲れが溜まっている時などにも軽く刺激してみると良いでしょう。バストアップマッサージなどと併せて毎日の習慣にしてみてくださいね。