バストにも悪影響となる猫背の矯正は整体で

背すじが曲がっているとバストにも悪影響が、猫背の矯正は整体で

日頃から猫背になってしまっている現代人はとても多く見られています。猫背になるとスタイルも悪く見えてしまいますし、猫背が原因で体調に変化が現われることもあるため、自分が猫背になっていることに気付いたら早めに対処をすることが大切です。

また、猫背は女性のバストラインにも大きく影響しています。猫背は背すじが曲がってしまっている状態なので、身体が全体的に前屈みになってしまっています。前屈みになるとバストラインはどのような状態になるでしょうか?バストトップの位置が本来あるべき位置よりも低くなってしまい、バスト全体が垂れ下がって見えてしまうことから、猫背はバストに悪影響を与えてしまうと考えられているのです。

バストは年齢を重ねるごとに垂れやすく、形も崩れやすくなりますが、猫背が関係したバストラインの変化は若年層の皆さんにも見られることなので、「まだ若いから大丈夫」といったように考えている皆さんも十分に注意しておくことをおすすめします。

そもそもなぜバストが垂れる、形が崩れる、というような状態になるのかと言うと、そこにはバストを支えている様々な筋肉が関係しています。バストを支えているのは主に大胸筋と呼ばれる胸部分の筋肉ですが、バストの形をキレイに保つためには大胸筋だけではなく、腹筋や背筋など周りの筋肉もしっかり鍛えておくことが必要となります。

しかし、年齢や運動不足などによって筋力はどんどん衰えていってしまうため、バストを支えることができなくなってしまうのです。バストはほとんどが脂肪でできていますが、筋肉によって支えきれなくなった脂肪は形が崩れて垂れ下がってしまい、美しいバストラインを作れなくなってしまうというわけです。

これはどんなにバストが大きな場合でも同様です。バストが大きい=脂肪が多いということですから、脂肪を支えきれるくらいの筋力がついていなければバストは垂れてしまい、形もキレイに保つことができません。もちろん脂肪が少なくバストが小さな場合も、バスト周りの筋肉を鍛えておかないと形の悪いバストになってしまいますから、美しいバストラインを目指すのならまずは筋力をつけることが必要なのです。

そこでおすすめなのが「整体」です。整体では筋肉の正しい使い方を教えてもらうことができるので、猫背の原因でもある背筋や腹筋の衰えを改善していくことが可能です。

筋肉を鍛える、というよりも筋肉の使い方を覚えるために整体は効果的となっています。整体と聞くと痛いとか怖いというイメージがある皆さんも多いかと思いますが、猫背を矯正するような場合は硬くなった筋肉を柔らかくしていく施術を行いますので、背筋や腹筋をはじめ、バストを支えている重要な筋肉である大胸筋も柔らかくしなやかな状態にすることができるのです。普段から肩こりなどがひどい場合も、整体に通って筋肉をほぐしてあげると良いでしょう。