エステと美容整形の大きな違い

エステで行なわれているバストアップ施術と美容整形には大きな違いが

「胸を大きくしたい!」と思った時、皆さんならどのような方法でバストアップを試してみるでしょうか?現在では様々なバストアップ方法があるため、自分に合った方法でバストアップに働きかけていくことができるようになっています。

例えば、大胸筋を鍛えてバストにハリを出すという方法では、バストを支えている重要な筋肉である大胸筋をトレーニングすることによってバストアップ効果を引き出していくことができますし、バストアップに効果的な食材を摂ることでバストアップ効果に繋げていくことも可能です。バストアップに効果のある食材としては「ボロン」という栄養素が含まれているキャベツ、豆腐や納豆などの大豆食品などが代表的です。様々な食材をバランス良く食事に取り入れてみると良いでしょう。

このように自らの心がけによってバストアップに繋げていく方法が一般的なバストアップ方法として知られていますが、中には「美容整形」を受けることでバストを大きくしたい、と考えている人も少なくありません。近年人気となっている美容整形のバストアップ施術では、ヒアルロン酸を利用した施術、自分の脂肪を利用した施術などが挙げられます。どちらも安全性が高く、施術後のバストの状態も比較的自然に仕上がることから、人気が高まってきているようです。

しかし、美容整形を受けた後のバストは念入りなアフターケアが必要とされます。アフターケアを行なわないとバストの形が崩れてしまったり、バスト全体が硬くなってしまったり、バストを自然な状態に保つことができなくなってしまいます。

また、本人にとっては憧れの大きなバストなることができて嬉しいかもしれませんが、美容整形で大きくしたバストを男性側から見た場合、すぐに整形したバストだと分かってしまう場合もあります。本物のバストと美容整形によってボリュームを出したバストとでは感触も異なりますし、ケアをしっかり行なっていないと形も不自然になってしまいます。もし美容整形によるバストアップを考えている皆さんは、美容整形の良い面だけを見ず、リスクについても十分に知っておくようにすることをおすすめします。

そして、このような美容整形と同じようなイメージで見られるのが「エステ」で行なわれているバストアップ施術です。エステサロンではバストアップ施術だけではなく、ボディケアやフェイスケアなどの施術も行なわれていますが、美容整形とは違って体内にヒアルロン酸を注入したり、脂肪を注入したり、シリコンを挿入するといった施術は一切行なわれていません。

光を使ったバストアップ施術は行なわれていますが、この場合は美容整形ではなくエステ寄りの施術となっていますし、基本的にはバストアップマッサージなどを専門としているのがエステサロンです。エステでの施術と美容整形とでは大きな違いがありますので、今後利用しようと思っている皆さんはこの違いを理解しておくようにしましょう。