食材から栄養を摂ることを第一に考えて

最も大切なのは毎日の食事、食材から栄養を摂ることを第一に考えて

「胸を大きくしたい!」と思う時、皆さんならまず初めにどのような行動を取るでしょうか?現在では様々なバストアップ方法がありますが、ついついサプリメントに頼ってしまう人も少なくないかと思います。近年、バストアップに効果があるということから様々な種類のサプリメントが販売されていますが、健康的にバストアップをしたいならサプリメントに頼ることはあまりおすすめできません。

サプリメントは栄養を補給するために使用されるものですが、決して食事の代わりにはならないものですので、まずはその点に注意しておいてください。人によっては食事をろくに摂らず、サプリメントだけ摂って栄養補給しているということもあるかと思いますが、サプリメントの栄養だけを摂っていてもキレイにバストアップすることはできません。それどころか健康状態にも悪影響が及びますので、体調不良や慢性疲労の原因にもなってしまいます。

サプリメントを絶対に摂ってはいけない、というわけではありませんが、あくまでも栄養補助として普段の食事で不足している栄養素を補うためだけに使うようにしましょう。
(⇒バストアップはサプリメントだけに頼らないで

健康や美容を維持するために最も大切なのは毎日の食事ですから、サプリメントに頼るのではなく、食材から栄養を摂ることを第一に考えるようにしてください。バストアップ効果のある栄養素は、様々な食材から直接摂ることができますので、バストアップ効果が期待できる栄養が豊富に含まれている食材を中心に、毎日の食事内容を見直していくと良いですね。

例えば「大豆イソフラボン」という成分は、女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをしてくれる成分であることから、大豆イソフラボンが含まれている食材を食べることでバストアップ効果を得ることができる、と考えられています。大豆イソフラボンは豆腐や納豆、味噌といった大豆食品に含まれていることはもちろん、女性に人気の豆乳にも豊富に含まれています。毎日の食事に取り入れやすい食材が多いので、皆さんも毎日大豆イソフラボンを摂ってバストアップを目指していきましょう。

また「ボロン」と呼ばれる成分もエストロゲンの分泌を活性化させる効果があることから、バストアップ効果が期待できるとされています。ボロンが含まれている食材の中でも最も代表的なのがキャベツです。特に生のキャベツを食べることで、ボロンの成分を壊さず摂取することができますので、キャベツを食べる時にはできるだけ生の状態で食べるよう心がけてみてください。

そしてバストアップに欠かせないのが「タンパク質」です。大豆食品には「植物性タンパク質」が含まれていますが、バストアップには肉や魚、乳製品などに含まれている「動物性タンパク質」も必要とされています。植物性タンパク質には女性ホルモンを活性化させる効果が、動物性タンパク質には筋肉を作る働きがありますので、両方のタンパク質をバランス良く摂っていきましょう。