好き嫌いは少しでも無くすこと

バストアップしたいなら好き嫌いは少しでも無くしていくことが大事

○○は好きだけど○○は嫌い・・・誰にでも食べ物の好き嫌いはあるものですが、好き嫌いがあまりに過ぎると栄養不足になってしまうこともあります。栄養が十分に摂れていないと体調も優れない状態が続きますし、肌にも影響が現れてくるため、特に女性の皆さんは注意が必要です。

さらに女性にとって重要なバストも、栄養が摂れていないことによって成長が妨げられてしまうこともあるのです。これは成長期の中学生や高校生だけではなく、成人後の皆さんにも当てはまる問題です。成長期の時期は食事から摂る栄養によって身体が成長していきますが、成長期を過ぎた後も栄養をしっかり摂らないと健康や美容に様々な影響が現れてしまいます。

免疫力が落ちて体調を崩しやすくなる、様々な病気を発症しやすくなる、肌にハリがなくなってしわやシミが目立つようになる、ニキビや吹き出物がいつも同じところにできるなど、栄養不足が影響して様々な症状が身体に現れてくるようになります。

年齢と共に肌のハリは失われていきますが、これはバストにも言えるため、バストのハリを取り戻してキープしていくためにも食事から摂る栄養素は重要な働きをしているのです。「私はもう成人しているから関係ない」と思っている皆さんも、好き嫌いはなるべく少なくしていくよう努力していきましょう。

特に野菜や豆類といった食品は、キレイなバストを保つために必要な栄養素がたくさん含まれています。大人になっても野菜が嫌いで食べられない、という人はとても多いかと思いますが、野菜にはそれぞれバストアップに効果的な栄養がたっぷり含まれているのです。その野菜を食べずにいてはもったいないので、少しずつでも食べられない野菜を食べられるように挑戦していきましょう。

例えばトマトやピーマン、にんじんといった緑黄色野菜にはビタミン類が豊富に含まれています。ビタミン類には抗酸化作用のある成分、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」を活性化させる成分、女性ホルモンのバランスを整えてくれる成分、バストのハリを保ってくれる成分など、それぞれ異なる働きをするものの、バストアップには欠かせない成分ばかりとなっています。

緑黄色野菜にはこのような効果をもたらしてくれるビタミン類が豊富に含まれていますので、緑黄色野菜が苦手という皆さんは、少しずつで良いので毎日の食事に取り入れるようにしてみてください。

また、豆類にもバストアップ効果の高い成分がたくさん含まれています。豆類には「植物性タンパク質」が豊富に含まれており、大豆や大豆が使われている食品には「大豆イソフラボン」も含まれているため、バストアップには大きな効果を発揮してくれます。大豆食品の中では、特に納豆が嫌いな人はとても多いですよね。しかし、バストアップには納豆に含まれている成分が大きな効果をもたらしてくれますので、少しずつ食べられるように努力してみてください。