脂質の多い食べ物はなるべく避けて

バストだけが太るとは限らない!脂質の多い食べ物はなるべく避けて

女性のバストはほとんどが脂肪で構成されています。中心にあるのは乳腺ですが、その乳腺が1割だとすると残りの9割は脂肪と言われるほど、バストは脂肪でできているものなのです。このような話から「バストを大きくするためには脂質をたくさん摂ればいいのでは?」と考える人も少なくないようですが、これは大きな間違いなので決して試さないでください。

もちろん、脂質の多い食材を摂ることは身体に脂肪をつけるためには持ってこいの方法ですが、食材から摂った脂質が必ずしもバストだけにつくわけではありません。それどころか太りたくない脚や腕、ウエストやおしりといった部位にどんどん脂肪がついてしまい、バストアップをするつもりが、ただ脂質の多い食事を摂って太っただけ、という結果になってしまうことも無いとは言い切れません。

では、このような結果にならないようにバストアップするためにはどのような方法を行なえば良いのでしょうか?まずは脂質を摂っても摂りすぎない食生活を送ることが必要となります。脂質は全く摂らないでいても健康状態に悪影響を及ぼしますので、毎日適度に脂質を摂らなければなりません。しかし、脂肪の多い肉や魚などを食べる機会が多いなど、ついつい脂質を摂りすぎてしまうような場合は、意識して脂肪の少ない肉や魚を選ぶなど、脂質を摂る量を自分でしっかり調節していきましょう。

肉や魚に含まれている「動物性タンパク質」は筋肉の発達を助けてくれるので、バストアップにも効果的な成分として知られていますが、肉や魚ばかりを食べていると身体には知らず知らずのうちに脂肪が蓄積されていってしまいます。その他、牛乳、ヨーグルト、チーズ、バター、マーガリンといった乳製品にも動物性タンパク質は豊富に含まれており、バストアップ効果を発揮する食材としても知られていますが、やはり脂質も多く含まれているので摂りすぎると太る原因になってしまいます。

特にバターやマーガリンなどは油の一種ですから、摂りすぎは大変危険です。バターがたっぷり入ったお菓子やパン、バターが使われている料理などはなるべく避けるようにすることをおすすめします。もちろん家庭でよく使われるサラダ油なども摂りすぎには注意が必要ですから、油を使った料理を食べる際には十分に気をつけておきましょう。

ただし、同じ油の仲間でも健康や美容に良い影響を与え、バストアップ効果を高めてくれる油もあります。それが「オリーブオイル」です。近年では日本の家庭でもよく使われるようになったオリーブオイルは、コレステロールを減らしてホルモンバランスを整えてくれる効果があるため、太りにくい上にバストアップ効果を高める働きをしてくれるのです。

抗酸化作用によってバストの老化も防ぐことができますので、若々しいバストを保つためにも良い効果を与えてくれます。油を料理に使う場合はオリーブオイルを使ってみてはいかがでしょうか?