おやつにはナッツ類がおすすめ

ピーナッツやアーモンドで女性ホルモン活性化、おやつにはナッツ類を

皆さんはおやつを食べることが多いなど、間食をする機会はあるでしょうか?ちょっと甘い物を食べるとか、塩気のあるものが食べたくなるとか、ついついおやつに手を伸ばしてしまうこともありますよね。特に仕事中や勉強中など疲れている時には、おやつを食べることでリフレッシュ効果もあるため、間食も場合によっては良い影響を与えてくれます。

しかし、おやつを一度に食べ過ぎたり、カロリーの高いものばかりを食べていたりすると、栄養が偏ってしまいます。普段から食事に気をつけている人でも、おやつを食べる量によっては栄養バランスが乱れてしまうこともあるので注意が必要です。

また、食べる物によっては太ってしまう原因にもなりますし、健康や美容にも悪影響を与えてしまうことがあります。体調を崩したり肌荒れしたりする他、女性の場合は女性ホルモンのバランスの乱れに繋がってしまうこともあるため、食事から摂る栄養には十分に気をつける必要があるのです。

女性ホルモンのバランスが乱れると、肌が荒れる、ニキビや吹き出物ができる、生理不順になるなど、身体には様々な症状が現われるようになります。さらにバストの成長にも関わってくるので、成長期の場合は女性ホルモンのバランスを少しでも正常に整えることが大切です。

もちろん成長期を過ぎてからも「バストを大きくしたい!」と思う場合は、女性ホルモンのバランスを良くしてバストアップを試みていくことが必要となりますが、そんな皆さんにおすすめの食材に「ナッツ類」があります。ピーナッツやアーモンド、クルミ、カシューナッツ、マカダミアナッツ、ピスタチオなどが代表的なナッツ類ですが、このナッツ類には女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の分泌を促す効果のある「ボロン」という成分が豊富に含まれています。

ボロンが含まれている食材には様々なものがありますが、ナッツ類にも女性ホルモンを活性化させる効果があると考えられているのです。バストは女性ホルモンが活性化されることでハリのある状態を保つことができるようになりますし、女性ホルモンの活性化により乳腺が発達することでバスト全体の脂肪も増やしていくことができます。女性ホルモンの分泌はバストアップに欠かせないものとなっていますので、皆さんもぜひナッツ類を食べてバストアップを目指していきましょう。

また、ナッツ類にはボロンの他にもバストアップ効果が期待できる成分が含まれています。ピーナッツやアーモンドの皮には抗酸化作用の高い「ポリフェノール」という成分が含まれていますし、ビタミン類やミネラル、タンパク質などバストアップに最適な成分も豊富に含まれています。

ナッツ類は手軽に食べられるものなので、ちょっと小腹が空いた時などにはお菓子などではなくナッツ類を食べることをおすすめします。これからおやつなど間食をする時にはナッツ類を食べるよう心がけてみると良いでしょう。