バストアップと食べ物・栄養

記事一覧

抗酸化作用やエストロゲンの活性化、バストアップに効くビタミン類

バストの成長と食事から摂る栄養素には切っても切れない深い関係性があります。様々な栄養素を食事から摂ることで健康でキレイな身体を保つことができるため、バストラインを若々しく保つためにも食事から摂る栄養素は必要不可欠なものなのです。ここでは様々な栄養素の中から「ビタミン類」に注目して、どのようなバストアップ効果を得られるかどうかを詳しくみていくことにしましょう。

ビタミン類は野菜やフルーツにはもちろん、白米や玄米などにも豊富に含まれている成分です。皆さんも元気がない時や疲れている時には「ビタミンを摂ろう!」という気持ちになることがあるかと思いますが、ビタミンには疲労回復効果があるため、疲れを解消するためにビタミンを摂ることは身体にとって非常に良いことなのです。

特に「ビタミンB群」には高い疲労回復効果があるので、疲れた時にはビタミンB群が含まれている食材を中心に献立を考えてみることがおすすめです。そしてこのビタミンB群には、バストアップ効果を発揮する働きもあります。中でも「ビタミンB6」は、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の働きを活性化させる効果があることから、エストロゲンの分泌を促してバストアップに繋げていくことができる、と考えられています。

ビタミンB6は鶏肉やバナナなどの食材に含まれていますが、鶏肉はバストを支える筋肉を作るためにも必要な「動物性タンパク質」を豊富に含んでいることも特徴であるため、よりバストアップ効果が期待できるとされています。特に鶏肉のささみは脂肪も少ないので、ダイエットにも最適です。

また、ビタミンB6以外では血行促進効果のある「ビタミンB1」や皮膚や粘膜の健康状態を保つ効果のある「ビタミンB2」なども、バストアップには欠かせないビタミン類となっています。ビタミンB1は豚肉、米、大豆といった食材に、ビタミンB2はほうれん草、にんじん、卵、牛乳などの食材に含まれています。

豚肉、卵、牛乳などは動物性タンパク質も含まれていますし、大豆には「大豆イソフラボン」が豊富に含まれているので、他の成分によってもバストアップ効果を高めていくことができるのでおすすめですよ。

そしてビタミンB群以外では、バストのハリを若々しく保つ効果のある「ビタミンA」、抗酸化作用によってバストの老化を防ぐ「ビタミンC」、女性ホルモンのバランスを整えてくれる「ビタミンE」などもバストアップ効果を発揮するビタミン類となっています。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、特に緑黄色野菜に豊富に含まれているとされているため、野菜を摂る際は緑黄色野菜を中心に摂ってみることをおすすめします。

ほうれん草、にんじん、トマト、ピーマン、かぼちゃなどが代表的な緑黄色野菜です。とてもカラフルな色をした野菜たちばかりなので、毎日の食事に緑黄色野菜を加えて、食卓にも彩りを持たせていくと良いでしょう。

1日1個を目安に、バストアップには卵を毎日食べることがおすすめ

目玉焼き、スクランブルエッグ、オムレツ、卵焼き、これらは卵を使った代表的な料理ですが、実は卵もバストアップに効果を発揮する食材の一つと考えられています。バストアップにはタンパク質を摂ることが重要とされていますが、卵にも良質な動物性タンパク質が豊富に含まれています。動物性タンパク質には筋肉や血液を作る働きがあることから、バストを支えている筋肉である「大胸筋」の発達を助ける効果が期待できるため、バストアップには欠かせない成分となっているのです。

バストは90%が脂肪でできているのですが、バスト全体を支えるためには筋肉がしっかりついていなければなりません。ただ年齢を重ねるごとに筋力は落ちていき、女性ホルモンの分泌量も低下することからバスト全体のハリも失われていきます。年を取るとバストが垂れてしまうのはこのような原因が考えられているので、若々しいバストをキープするためにも筋肉をつけること、女性ホルモンを活性化させることが必要とされている、とういわけですね。

そこで重要視されているのが、食材から摂ることのできる様々な栄養素です。卵には動物性のタンパク質が含まれていますが、動物性のタンパク質以外にも大豆食品に含まれている「植物性タンパク質」や「大豆イソフラボン」といった成分もバストアップに欠かせない成分として有名です。

卵に含まれている動物性タンパク質には筋肉や血液を作る働きがありますが、植物性タンパク質には女性ホルモンを活性化させる働きが期待できます。さらに大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」とよく似た働きをしてくれることから、体内で女性ホルモンのように働く特徴を持っています。

女性ホルモンは年齢と共に分泌力が減っていきますので、植物性エストロゲンである大豆イソフラボンを積極的に摂ってみてください。

また、効果的にバストアップするためには、動物性タンパク質も植物性タンパク質も両方必要となります。どちらのタンパク質もバランス良く摂っていくことでバストアップ効果が高まっていきますので、栄養が偏らないよう注意しながら食事を摂るようにしましょう。

特に動物性タンパク質は、摂りすぎると全体的に太ってしまう原因にもなります。バストを大きくするためには太りやすい身体にすることが一番なのですが、他の部位まで太ってしまってはキレイにバストアップできた、とは言えませんよね。太りすぎを予防するためにも、動物性タンパク質と植物性タンパク質はバランス良く摂るように注意しましょう。

卵を毎日食べることはおすすめですが、毎日の食事では肉や魚など他の食材からも動物性タンパク質を摂ることになりますので、卵は1日1個を目安に食べるようにしてください。卵料理によっては2個以上の卵が使われることもありますが、その場合は他の食材から摂る動物タンパク質を減らすなど、バランスを考えて食事を摂るようにしましょう。

食べ物からタンパク質を摂る時には動物性と植物性をバランス良く

食べ物の栄養からバストアップ効果を得る方法は様々ありますが、バストアップに欠かせない栄養素の一つに「タンパク質」があります。私達が生きていく上で重要な働きをしているタンパク質は、バストの成長にも必要不可欠な成分となっています。

では、タンパク質はどのような食べ物に含まれているのでしょうか?まず、タンパク質は大きく2種類に分けることができます。1つは「動物性タンパク質」、もう1つは「植物性タンパク質」と呼ばれ、それぞれ含まれている食べ物も違えばバストアップに繋がる具体的な効果も異なっています。

動物性タンパク質はその名の通り動物の肉に含まれている栄養素なので、牛肉や豚肉、鶏肉といった一般的な肉類、魚類にも多く含まれていることが特徴となっています。皆さんも肉や魚を普段から食べる機会が多いかと思いますが、動物性タンパク質には筋肉や血液を作る働きがあるため、バストを支えている「大胸筋」という筋肉の発達に繋げることができるのです。

バストのほとんどは脂肪で構成されていますが、その脂肪を支えるためには適度な筋肉量が必要となります。筋肉が全くついていない身体はハリもなくなり、シワが目立ってしまうため、バストもしぼんで垂れてしまいます。年を取るとバストが垂れやすくなりますが、この減少は筋肉量の低下が大きく関係しています。

筋肉がついていないバストは、若い年代でも垂れてしまうことがあるので、動物性タンパク質を摂って筋肉をしっかり作っていきましょう。

また、動物性タンパク質を摂るだけではなく、大胸筋を中心に筋トレを行なうこともバストアップに効果的です。大胸筋はなかなか意識しないと鍛えられない筋肉なので、バストアップするためにも
意識的に大胸筋をトレーニング
していきましょう。

では、植物性タンパク質はどのような面からバストアップに働きかけることができるのでしょうか?植物性タンパク質が含まれている主な食品としては、大豆をはじめとした豆類、
豆腐や納豆など大豆が使われている食品
、白米や玄米などの穀類、とうもろこしなどが挙げられます。

これらの食べ物に含まれている植物性タンパク質には女性ホルモンを活性化させる効果があることから、バストアップに効果があると言われています。特に豆類や大豆食品については、
女性ホルモンと似た働きをしてくれる「大豆イソフラボン」
という成分も含まれているため、よりバストアップ効果が期待できると考えられています。

このように、動物性タンパク質と植物性タンパク質はどちらもバストアップに効果的な栄養素となっていますので、タンパク質を摂る時には両方をバランス良く摂ることをおすすめします。

太り気味な人は動物性タンパク質を摂る量は少なめが理想ですが、基本的には動物性タンパク質と植物性タンパク質のバランスを考えながら食事に取り入れてみてください。タンパク質の力で魅力的なバストを目指していきましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >