バストアップと食べ物・栄養

記事一覧

牛乳にチーズ、ヨーグルト、良質なタンパク質が含まれている乳製品

良質なタンパク質は、バストアップに最適な成分です。タンパク質には「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」の2種類がありますが、どちらのタンパク質もバストアップには欠かせない成分とされています。ここでは良質な動物性タンパク質が含まれている「乳製品」について詳しく見ていくことにしましょう。

乳製品は私達の食生活において毎日のように摂る機会のある食品ですよね。牛乳、ヨーグルト、チーズ、バターなどが代表的ですが、牛乳を毎日飲むとか、ヨーグルトやチーズを毎日食べるといった皆さんはとても多いことかと思います。

食品に含まれる栄養素からバストアップを目指すためには、まず「毎日食べる」というような習慣をつけていくことが重要となっています。継続していかなければせっかくのバストアップ効果も水の泡ですので、毎日続ける努力を怠らないようにしましょう。

特に毎日決まった時間に摂る、という習慣は食生活の乱れを改善するきっかけにもなりますので、朝食の時には牛乳を飲む、朝食のデザートにヨーグルトを食べるなど、毎朝の習慣にしてみることがおすすめです。健康的にバストアップするためには規則正しい食生活を送ることも大切です。毎日できるだけ同じ時間に食事を摂る、毎食栄養バランスの良い食事を摂る、といったようにできることから改善してみてくださいね。

では、ここからは良質なタンパク質が含まれている乳製品についてもっと詳しく見ていきたいと思います。乳製品の中でも最も摂る機会が多い牛乳には、「カゼインプロテイン」と「ホエイプロテイン」と呼ばれるタンパク質が含まれています。
(⇒バストアップに効果的なプロテイン

牛乳に含まれているカゼインプロテインは約80%、ホエイプロテインは約20%とされていますが、特にホエイプロテインは吸収率が高いタンパク質であることが特徴的となっています。

ホエイプロテインは「乳乳清プロテイン」とも呼ばれており、ヨーグルトなどにも多く含まれています。ヨーグルトの容器に透明の液体が見られることがありますが、その液体が乳清です。パッケージにもよく記載されているように、この乳清にこそ栄養がたくさん詰まっているので、ヨーグルトを食べる時には絶対に乳清は捨てず、ヨーグルトと一緒に食べてくださいね。

ただ、ホエイプロテインを摂りすぎるとバストだけではなく全体的に太ってしまうことがあるので、摂る量には十分に注意しておきましょう。

また、動物性タンパク質には血や筋肉を作る効果があるため、バストを支えている重要な筋肉である「大胸筋」を鍛える大きな力となってくれます。バストのほとんどは脂肪で構成されているものの、そのバストを支えているのは大胸筋なので、ハリのある垂れにくいバストを保つためには大胸筋のトレーニングも欠かせません。乳製品から栄養を摂ることはもちろん必要ですが、食事と併せて大胸筋をしっかりトレーニングすることも忘れないようにしましょう。

食べ物からタンパク質を摂る時には動物性と植物性をバランス良く

食べ物の栄養からバストアップ効果を得る方法は様々ありますが、バストアップに欠かせない栄養素の一つに「タンパク質」があります。私達が生きていく上で重要な働きをしているタンパク質は、バストの成長にも必要不可欠な成分となっています。

では、タンパク質はどのような食べ物に含まれているのでしょうか?まず、タンパク質は大きく2種類に分けることができます。1つは「動物性タンパク質」、もう1つは「植物性タンパク質」と呼ばれ、それぞれ含まれている食べ物も違えばバストアップに繋がる具体的な効果も異なっています。

動物性タンパク質はその名の通り動物の肉に含まれている栄養素なので、牛肉や豚肉、鶏肉といった一般的な肉類、魚類にも多く含まれていることが特徴となっています。皆さんも肉や魚を普段から食べる機会が多いかと思いますが、動物性タンパク質には筋肉や血液を作る働きがあるため、バストを支えている「大胸筋」という筋肉の発達に繋げることができるのです。

バストのほとんどは脂肪で構成されていますが、その脂肪を支えるためには適度な筋肉量が必要となります。筋肉が全くついていない身体はハリもなくなり、シワが目立ってしまうため、バストもしぼんで垂れてしまいます。年を取るとバストが垂れやすくなりますが、この減少は筋肉量の低下が大きく関係しています。

筋肉がついていないバストは、若い年代でも垂れてしまうことがあるので、動物性タンパク質を摂って筋肉をしっかり作っていきましょう。

また、動物性タンパク質を摂るだけではなく、大胸筋を中心に筋トレを行なうこともバストアップに効果的です。大胸筋はなかなか意識しないと鍛えられない筋肉なので、バストアップするためにも
意識的に大胸筋をトレーニング
していきましょう。

では、植物性タンパク質はどのような面からバストアップに働きかけることができるのでしょうか?植物性タンパク質が含まれている主な食品としては、大豆をはじめとした豆類、
豆腐や納豆など大豆が使われている食品
、白米や玄米などの穀類、とうもろこしなどが挙げられます。

これらの食べ物に含まれている植物性タンパク質には女性ホルモンを活性化させる効果があることから、バストアップに効果があると言われています。特に豆類や大豆食品については、
女性ホルモンと似た働きをしてくれる「大豆イソフラボン」
という成分も含まれているため、よりバストアップ効果が期待できると考えられています。

このように、動物性タンパク質と植物性タンパク質はどちらもバストアップに効果的な栄養素となっていますので、タンパク質を摂る時には両方をバランス良く摂ることをおすすめします。

太り気味な人は動物性タンパク質を摂る量は少なめが理想ですが、基本的には動物性タンパク質と植物性タンパク質のバランスを考えながら食事に取り入れてみてください。タンパク質の力で魅力的なバストを目指していきましょう。

朝はしっかり食べて生活リズムを作る!朝食はバストアップの基本

健康でキレイなボディラインを保つためには、栄養バランスの取れた食事を摂ることが必要不可欠です。女性の場合はバストアップにも食事は大きく関係していて、食事から摂る栄養によってバストアップ効果をより高めていくこともできると考えられています。

しかし、食生活が乱れていると生活習慣の乱れにも繋がってしまいます。不規則な食生活を続けていると体調の変化や肌荒れなど様々な症状として現れてくるようになり、習慣化されてしまうとすぐに改善することが難しくなってしまう場合もあります。特に現代人は朝食を摂らない、という人がとても多く見られているため、知らず知らずのうちに不規則な食生活になってしまっている場合も少なくありません。

皆さんは毎朝しっかり食べていますか?もし朝食を摂る習慣がないような場合には、明日の朝から食べる習慣をつけるよう努力してみることをおすすめします。朝はどうしても時間がないとか、朝は食べる気がしない、といった人も多いかもしれませんが、朝食を摂ることは1日の生活リズムを作るきっかけにもなっています。

ただ栄養を摂るだけではなく、1日のスタートを朝食を摂ることによって身体に教えることができるので、朝食を摂る習慣をつけることで食生活だけではなく、生活習慣全体を改善することにも繋がります。夜更かしをしてあまり寝ていない場合でも、まずは朝起きて何かを食べてみるようにしてみましょう。

あまり食べる気がしない場合には、牛乳を1杯飲むとか、ヨーグルトを少し食べてみるとか、何でも良いので朝食を摂るという習慣をつけてみてください。特に牛乳やヨーグルトはバストアップにも効果的となっていますので、朝食に摂るにはとてもおすすめです。

牛乳やヨーグルトといった乳製品には「ホエイプロテイン」などの動物性タンパク質が含まれていますが、この動物性タンパク質には血液や筋肉を作る働きがあります。バストはほとんどが脂肪でできているものの、脂肪を支えてるのは筋肉です。主に大胸筋によってバストは支えられているため、バストのキレイな形を保つためには筋肉もしっかりつけなくてはなりません。

動物性タンパク質には良質の筋肉を発達させる効果が期待できますので、皆さんもぜひ乳製品を積極的に摂るよう心がけてみてください。

また、徐々に朝食を摂る習慣がつけられるようになってきたら、大豆食品を朝食に取り入れてみることもおすすめです。納豆、豆腐、味噌といった大豆食品には植物性タンパク質も豊富ですし、女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」も含まれていることが特徴的です。大豆食品は朝食に向いているものが多いので、毎朝納豆を食べる、毎朝味噌汁を飲むといったように、朝食の習慣にしていくと良いでしょう。

このように朝食からバストアップ効果を得ることもできますので、皆さんも食生活を改善しながらバストアップを目指してみてくださいね。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >