バストアップと食べ物・栄養

記事一覧

女性ホルモンと似た働きをしてくれる「大豆イソフラボン」の効果

バストを大きくするためには「女性ホルモン」を活性化させることが重要となっています。しかし、年齢を重ねるごとに私達の体内から分泌される女性ホルモンの力は低下していくため、バストのハリも次第になくなっていってしまうのです。もちろんバストだけではなく、肌や髪の毛のツヤにも女性ホルモンは関係しているので、年齢に負けないバストを保つには女性ホルモンを活性化させることが必要というわけです。

そこで、おすすめなのが食材に含まれている「大豆イソフラボン」という成分です。大豆イソフラボンは大豆をはじめとした大豆食品に含まれている成分で、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」と非常に似た働きをしてくれることから、バストアップに効果的な栄養素と考えられています。

年齢によって女性ホルモンの分泌力が低下してきている場合でも、大豆イソフラボンを摂ることで体内で女性ホルモンと同じような働きをしてくれるため、バストを若々しく保つことができるようになるのです。

大豆イソフラボンが含まれている食品としては、やはり豆腐や納豆などの大豆食品が有名ですね。皆さんの中にも毎日納豆を食べている、という人は多いかと思いますが、納豆を毎日食べることでバストアップ効果に繋げていくことができていたのです。

健康に良い納豆は美容にも最適なので、これからもぜひ毎日納豆を食べる習慣を続けてみてください。豆腐も比較的摂りやすい食材ですから、日々の食事に取り入れてみると良いでしょう。

また、美容に良いとされている豆乳もバストアップ効果を発揮してくれます。豆乳も大豆からできていますから、大豆イソフラボンが豊富に含まれています。豆乳はいまいち飲みづらくて苦手、という人も多いかもしれませんが、最近ではココア味やいちご味など飲みやすいタイプの豆乳も販売されているので、自分が飲みやすいと感じる豆乳を飲む習慣を始めてみてはいかがでしょうか?

バストアップを成功させるためには、何事も習慣にしていくことが大事なので、まずは食事の面から毎日の習慣にすることを心がけていくことをおすすめします。

その他、大豆イソフラボンが含まれている大豆食品には、タンパク質も豊富に含まれていることが特徴的となっています。タンパク質には「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」がありますが、大豆食品には植物性タンパク質が含まれています。

大豆イソフラボンはもちろん、植物性のタンパク質自体にも女性ホルモンの働きを活性化させる効果があるので、大豆食品はバストアップには欠かせない食品となっているのです。

効果的にバストアップするためには動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランスよく摂ることが大切なのですが、太りやすい人の場合はどちらかというと植物性タンパク質をメインに摂ってみることをおすすめします。皆さんも普段の食事の面からバストアップ効果をどんどん高めていきましょう。

炭水化物は摂りすぎないよう注意、バストアップを妨げてしまう恐れも

ご飯やパンなどの炭水化物は私達の主食であり、重要なエネルギー源でもあります。炭水化物を摂らなければ私達は活動することができませんし、それ以上に生きていくためには炭水化物から摂るエネルギーが必要不可欠です。皆さんも毎日のようにご飯やパン、またはパスタやうどうんなどの麺類から炭水化物を摂っていることかと思いますが、実はバストアップするためには炭水化物を摂る量に注意する必要があります。

炭水化物は私達にとって重要なエネルギー源ではあるものの、摂りすぎは太ってしまう原因になってしまいますよね。ダイエット方法の一つに「炭水化物抜きダイエット」があるように、炭水化物を抜くことで体重を大幅に落とすことも可能です。反対に太りたい場合は炭水化物を摂れば良い、ということなので、人によっては「バストを太らせるために炭水化物を摂っている」ということもあるかもしれませんが、これは大きな誤りです。

もちろん炭水化物を摂れば太ることは可能ですが、必ずしもバストだけが太るとは限りません。バストよりもお腹や脚、腕などの部位の方が圧倒的に脂肪がつきやすいですし、炭水化物ばかりを摂っていると代謝も悪くなり、本来ならばつくべきではない部位の脂肪もよりつきやすい状態になってしまいます。炭水化物の摂りすぎはむくみにも繋がるため、顔や脚がパンパンにむくんでしまう、という場合は炭水化物を摂りすぎていることが原因である場合も考えられます。

このように、炭水化物は身体を太らせることに適してはいますが、決してバストだけを太らせることはできるわけではないということ、代謝が悪くなってむくみの症状も現われるため全く健康的ではないということをよく覚えておくようにしましょう。

バストアップを目指している皆さんは、炭水化物の量はほどほどに抑え、タンパク質やミネラル、ビタミン類などの栄養素もバランス良く摂るように心がけてみてください。なので、もし炭水化物を摂るのであれば、じゃがいもやさつまいもといったいも類から摂ることがおすすめです。ご飯やパンにもミネラル分などは含まれていますが、いも類の方がミネラル分だけではなくビタミン類なども豊富に含まれていますので、炭水化物を摂るならいも類を摂ることをおすすめします。

健康的にバストアップするためには、様々な栄養素をバランス良く体内に取り入れていくことが大切です。炭水化物だけを摂ることだけに限らず、タンパク質だけを摂るとか、ビタミン類だけを摂る、といったこともバストアップを妨げてしまう原因になります。

キレイで健康的なバストは様々な食材からの栄養素によって作られていくものですので、栄養素を気にするのであれば、様々な栄養素をバランス良く摂ることを一番に気にするようにしましょう。栄養の偏った食生活を続けていると健康にも美容にも良い影響を与えませんので、食事からバランス良く栄養を摂るように心がけていきましょう。

最も大切なのは毎日の食事、食材から栄養を摂ることを第一に考えて

「胸を大きくしたい!」と思う時、皆さんならまず初めにどのような行動を取るでしょうか?現在では様々なバストアップ方法がありますが、ついついサプリメントに頼ってしまう人も少なくないかと思います。近年、バストアップに効果があるということから様々な種類のサプリメントが販売されていますが、健康的にバストアップをしたいならサプリメントに頼ることはあまりおすすめできません。

サプリメントは栄養を補給するために使用されるものですが、決して食事の代わりにはならないものですので、まずはその点に注意しておいてください。人によっては食事をろくに摂らず、サプリメントだけ摂って栄養補給しているということもあるかと思いますが、サプリメントの栄養だけを摂っていてもキレイにバストアップすることはできません。それどころか健康状態にも悪影響が及びますので、体調不良や慢性疲労の原因にもなってしまいます。

サプリメントを絶対に摂ってはいけない、というわけではありませんが、あくまでも栄養補助として普段の食事で不足している栄養素を補うためだけに使うようにしましょう。
(⇒バストアップはサプリメントだけに頼らないで

健康や美容を維持するために最も大切なのは毎日の食事ですから、サプリメントに頼るのではなく、食材から栄養を摂ることを第一に考えるようにしてください。バストアップ効果のある栄養素は、様々な食材から直接摂ることができますので、バストアップ効果が期待できる栄養が豊富に含まれている食材を中心に、毎日の食事内容を見直していくと良いですね。

例えば「大豆イソフラボン」という成分は、女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをしてくれる成分であることから、大豆イソフラボンが含まれている食材を食べることでバストアップ効果を得ることができる、と考えられています。大豆イソフラボンは豆腐や納豆、味噌といった大豆食品に含まれていることはもちろん、女性に人気の豆乳にも豊富に含まれています。毎日の食事に取り入れやすい食材が多いので、皆さんも毎日大豆イソフラボンを摂ってバストアップを目指していきましょう。

また「ボロン」と呼ばれる成分もエストロゲンの分泌を活性化させる効果があることから、バストアップ効果が期待できるとされています。ボロンが含まれている食材の中でも最も代表的なのがキャベツです。特に生のキャベツを食べることで、ボロンの成分を壊さず摂取することができますので、キャベツを食べる時にはできるだけ生の状態で食べるよう心がけてみてください。

そしてバストアップに欠かせないのが「タンパク質」です。大豆食品には「植物性タンパク質」が含まれていますが、バストアップには肉や魚、乳製品などに含まれている「動物性タンパク質」も必要とされています。植物性タンパク質には女性ホルモンを活性化させる効果が、動物性タンパク質には筋肉を作る働きがありますので、両方のタンパク質をバランス良く摂っていきましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >