肉や魚のタンパク質でバストアップ

肉や魚に含まれているタンパク質で筋肉の発達を促してバストアップ

普段から肉や魚を使った料理を食べる機会は多いことかと思いますが、実は肉や魚に含まれている成分にもバストアップ効果が期待できるのです。バストアップに効果的な成分である「タンパク質」は、肉や魚に豊富に含まれていることが特徴です。肉や魚には良質な「動物性タンパク質」が含まれているため、食事に取り入れていくことでバストアップ効果を発揮することができるというわけです。

タンパク質は大きく2つの種類に分けられますが、肉や魚の場合は動物性のタンパク質ということで、筋肉や血液を作り出す働きがあります。バストは9割が脂肪で構成されているので、「バストに筋肉は関係ないのでは?」と思う皆さんもいるかもしれませんが、バストの脂肪を支えているのは大胸筋と呼ばれる筋肉です。筋肉が十分に発達していないとバストは垂れやすくなり、元々小さなバストの場合はさらに小さく見えてしまうこともあります。

さらにバストが垂れると若々しさも失われてしまうため、実際の年齢よりも老けて見られてしまうことも少なくありません。バストのハリを保つためには大胸筋を発達させることが不可欠とされていますので、良い筋肉をつけていくためにも肉や魚に含まれた動物性タンパク質を摂るように心がけていきましょう。

ただし、動物性タンパク質は摂りすぎてしまうと全体的に太ってしまう原因になることがあるので、その点についてはあらかじめ注意しておくことをおすすめします。特に脂肪分が多い肉に関しては、バストではなくお腹や腕、脚といった他の部位に脂肪がたくさんついてしまう恐れがあるので、食べる量には気をつけておきましょう。

バストアップに最適なのは脂肪分が少ない肉、例えば鶏肉のささみなどは太ることを気にせず、良質な動物性タンパク質を十分に摂ることができます。どのような種類の肉でもただ食べれば良い、というわけではないので、できるだけ脂肪分の少ない肉や魚を選んで食事に取り入れてみてください。

ちなみにもう1つの「植物性タンパク質」には女性ホルモンを活性化させる働きがありますが、タンパク質を摂る際には動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランス良く摂ることが効果的です。動物性タンパク質だけ、植物性タンパク質だけ、といったように栄養が偏ることを避けるためにも、栄養バランスを整えた食事を摂るようにしましょう。

また、筋肉を発達させるためには動物性タンパク質を摂る以外に「筋力トレーニング」を行なうことが効果的とされています。バストを支えている重要な筋肉である大胸筋を中心にトレーニングを行なうことで、より筋肉の発達を促していくことができます。

筋力トレーニングと聞くとジムに通ったり、トレーニング機器を使ったり、といったような本格的なものをイメージする皆さんも多いかと思いますが、バストアップに効くトレーニングは自宅でも簡単に行なうことができます。皆さんもぜひ試してみてくださいね。