バストアップに効くビタミン類

抗酸化作用やエストロゲンの活性化、バストアップに効くビタミン類

バストの成長と食事から摂る栄養素には切っても切れない深い関係性があります。様々な栄養素を食事から摂ることで健康でキレイな身体を保つことができるため、バストラインを若々しく保つためにも食事から摂る栄養素は必要不可欠なものなのです。ここでは様々な栄養素の中から「ビタミン類」に注目して、どのようなバストアップ効果を得られるかどうかを詳しくみていくことにしましょう。

ビタミン類は野菜やフルーツにはもちろん、白米や玄米などにも豊富に含まれている成分です。皆さんも元気がない時や疲れている時には「ビタミンを摂ろう!」という気持ちになることがあるかと思いますが、ビタミンには疲労回復効果があるため、疲れを解消するためにビタミンを摂ることは身体にとって非常に良いことなのです。

特に「ビタミンB群」には高い疲労回復効果があるので、疲れた時にはビタミンB群が含まれている食材を中心に献立を考えてみることがおすすめです。そしてこのビタミンB群には、バストアップ効果を発揮する働きもあります。中でも「ビタミンB6」は、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の働きを活性化させる効果があることから、エストロゲンの分泌を促してバストアップに繋げていくことができる、と考えられています。

ビタミンB6は鶏肉やバナナなどの食材に含まれていますが、鶏肉はバストを支える筋肉を作るためにも必要な「動物性タンパク質」を豊富に含んでいることも特徴であるため、よりバストアップ効果が期待できるとされています。特に鶏肉のささみは脂肪も少ないので、ダイエットにも最適です。

また、ビタミンB6以外では血行促進効果のある「ビタミンB1」や皮膚や粘膜の健康状態を保つ効果のある「ビタミンB2」なども、バストアップには欠かせないビタミン類となっています。ビタミンB1は豚肉、米、大豆といった食材に、ビタミンB2はほうれん草、にんじん、卵、牛乳などの食材に含まれています。

豚肉、卵、牛乳などは動物性タンパク質も含まれていますし、大豆には「大豆イソフラボン」が豊富に含まれているので、他の成分によってもバストアップ効果を高めていくことができるのでおすすめですよ。

そしてビタミンB群以外では、バストのハリを若々しく保つ効果のある「ビタミンA」、抗酸化作用によってバストの老化を防ぐ「ビタミンC」、女性ホルモンのバランスを整えてくれる「ビタミンE」などもバストアップ効果を発揮するビタミン類となっています。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、特に緑黄色野菜に豊富に含まれているとされているため、野菜を摂る際は緑黄色野菜を中心に摂ってみることをおすすめします。

ほうれん草、にんじん、トマト、ピーマン、かぼちゃなどが代表的な緑黄色野菜です。とてもカラフルな色をした野菜たちばかりなので、毎日の食事に緑黄色野菜を加えて、食卓にも彩りを持たせていくと良いでしょう。