気軽にできる簡単バストアップ体操

仕事の休憩中や暇な時間でも気軽にできる簡単バストアップ体操

魅力的なバストを手に入れるためには、バストを意識しながら身体を動かすことが効果的です。バストは乳腺と脂肪によって構成されていますが、バスト全体を支えているのは筋肉です。筋肉は動かさなければ鍛えることができませんので、まずは筋肉を動かすことを意識することからバストアップを始めていきましょう。

特にバストを支える重要な筋肉である「大胸筋」は、意識してトレーニングを行わないと鍛えることが難しい筋肉として知られています。大胸筋が衰えるとバストにはハリがなくなり、垂れやすくなってしまいます。年齢と共にバストが垂れてきてしまうのはそのためです。もちろん若い年代の皆さんでも、筋肉を鍛えなければバストのハリはどんどん失われていきますから、筋肉の衰えを防ぎ、バストを垂れにくい状態にしていくことがバストアップには必要となるのです。

そこで、ここでは簡単なバストアップ体操について紹介していきたいとおもいます。仕事の休憩中や暇な時間にも気軽にできる体操なので、皆さんもぜひ実践してみてください。では、早速バストアップ体操の方法について見ていきますが、体操を行う際に意識して欲しいのは、バストが大きくなることをイメージすることです。バストアップにはイメージトレーニングも大事で、自分のバストが大きくなったことを思い浮かべながら行うと効果が高まります。

例えば、バストの前で両手を合わせて互いに押し合うことでバストアップ効果を得ることのできる体操がありますが、この体操は二の腕の筋肉にも効く体操となっています。もちろん、二の腕も痩せたい場合は二の腕を意識しながら体操を行っても良いのですが、バストを大きくしたい場合は大きくなった自分のバストをイメージしながら体操を行ってみてください。

また、膝を床について四つん這いになったまま、腕立て伏せの要領で腕を曲げ伸ばしする体操もバストアップに効果的ですが、この体操も普通に行うと二の腕の筋肉ばかりを意識してしまいがちです。大胸筋を鍛えるためには、二の腕ではなくバスト全体を意識しながら体操を続けてみてください。どちらの体操もちょっとした時間を使ってできる簡単なものですから、気づいた時に試してみてくださいね。

その他、両腕の肘を直角に曲げて外側に広げ、息をゆっくり吐きながら内側にグーっと引き寄せることでもバストアップに働きかけることができます。両腕を引き寄せる時は、肘と手がぴったりとくっつくくらいまで寄せ合うことがポイントです。さらにバストが大きくなるようなイメージを浮かべながら行うことで、よりバストアップ効果が高まります。

このように、バストを支える大胸筋をトレーニングできる体操には簡単にできる様々な方法がありますので、ぜひ皆さんもバストアップ体操を毎日の習慣として続けてみてください。バストアップ体操を継続して、健康的で美しいバストを目指していきましょう。