大胸筋トレーニングでバストアップ

胸を大きくするには筋トレも必要!大胸筋トレーニングでバストアップ

女性のバストがふっくらとしてボリュームがあるのは、バスト全体に脂肪がついているからです。バストは9割が脂肪とされているため、バストの柔らかさは脂肪の柔らかさとも言えます。しかし、その脂肪がたくさんついているバストを支えるためには適度な筋肉も必要となります。

どんなに柔らかくてボリュームのあるバストでも、脂肪だけではバストの形をキレイに保っておくことができませんので、筋肉を鍛えてバストの形を美しい状態でキープしておくこともバストアップ方法の一つです。ここでは、美しいバストの形をキープするために必要な「大胸筋」のトレーニング方法について紹介していきたいと思います。

大胸筋はバストを支えている筋肉の中でも中心的な筋肉であるため、大胸筋が衰えるとバスト全体にハリがなくなり、バストが垂れて形が悪くなってしまいます。年齢を感じ始めたバストによく見られる現象ですが、大胸筋がしっかり鍛えられていないと年齢が若くてもバストが垂れてしまうこともあるので注意が必要です。

バストの形をキレイに保つためにも、年齢に関係なく大胸筋はトレーニングしていくようにしましょう。早い段階でトレーニングを始めておくことで将来垂れにくいバストを作ることもできますから、まずは簡単なトレーニングを毎日続けてみるようにしましょう。

大胸筋を鍛える方法にはジムに行ったり、トレーニング機器を使ったりする方法もありますが、やはり自宅でも簡単にできるトレーニングの方が長く続けていけますよね。途中でやめてしまうとこれまでの努力もムダになってしまいますから、自分が長く続けていけるトレーニング方法で大胸筋を鍛えていきましょう。

そこで皆さんにおすすめなのが、道具を一切使わずに大胸筋をトレーニングできる方法です。まず両方の手のひらをバストの前でぴったり合わせます。この時、肘が直角になるようにし、姿勢を良くし胸を張るような体勢にしておくことがポイントです。そして、その状態から合わせた両方の手のひらを全力で押し合っていきます。バストが大きくなるようなイメージで息を吐きながら8秒間押し合ったら、息を吸いながら力を抜いていきます。このトレーニングを10回ほど繰り返してみてください。

さらに、手を合わせるのではなく、手を交互に組んで互いに引っ張り合うことでも大胸筋を鍛えることができます。大胸筋は意識してトレーニングしないと鍛えられないので、このような簡単なトレーニングでも全力で行なうことで効果を発揮するのです。

また、腕立て伏せなどでも大胸筋を発達させることができますし、食材に含まれている栄養成分から筋肉を発達させる効果を得ることもできます。主に肉や魚、乳製品などに豊富に含まれている「動物性タンパク質」には血液や筋肉を作る働きがあるため、動物性タンパク質を摂ってトレーニングを行なうことによって、より大胸筋を発達させることができるようになります。