ダイエットを兼ねたバストアップ

体重を落としながら胸を大きく!ダイエットを兼ねたバストアップ

「胸は小さいのに、お腹は出ている・・・」という悩みを抱えている女性は決して少なくありません。脂肪がついて欲しいところに脂肪は少なく、脂肪がつかなくても良いところにたっぷり脂肪がついている、といったケースは特に「洋梨型」の体型によく見られています。上半身は痩せているのに下半身は太っている、という体型が洋梨に似ていることから洋梨型と呼ばれていますが、このような体型になる原因としては、基礎代謝が悪く下半身がむくみやすくなってしまっていることがまず考えられます。

代謝が良い状態では下半身には脂肪がつきにくく、痩せやすい身体になっているため、食事や運動を適度に気をつけていれば驚くほど太るようなことはありません。しかし、代謝が悪いと太りやすい身体になってしまっていることから、上半身は痩せていても下半身ばかりに脂肪がついてしまい、結果的に洋梨体型になってしまうというわけです。バストが元々小さな人の場合、代謝が悪くなっているとより洋梨体型に拍車がかかってしまうので、まずは基礎代謝を向上させていくことが大切です。

そこでおすすめなのが、ダイエットも兼ねたバストアップ方法です。体重を落としたいけれどバストも大きくしたい、という思いは女性ならば誰しも感じることですよね。バストアップもダイエットも成功させたい!という皆さんは、ぜひ筋肉をつけることから始めてみてください。

筋肉をつけることで身体に蓄積された脂肪は燃焼しやすくなりますし、身体も温まるので基礎代謝も向上していきます。基礎代謝が高くなると全体的に脂肪が燃焼しやすい身体に変えていくことができるので、筋力トレーニングはダイエットには非常に最適な方法となっているのです。

もちろん筋力トレーニングはバストアップにも効果的で、バストを主に支えている「大胸筋」という筋肉を鍛えることでバストをハリのある状態へと導いていくことができます。バストのハリを保つためには、マッサージをしたり食材から栄養を摂ったりするなど、女性ホルモンの分泌を高めることも必要なのですが、バストを支えている大胸筋を鍛えることも同様に重要となっています。大胸筋は老化と共に衰えていってしまうので、意識して鍛えていくようにしましょう。

また、大胸筋など広い範囲を占めている筋肉は、鍛えると基礎代謝の向上に繋げていくことができます。大胸筋以外にも大腿筋や腹筋、背筋といった範囲が広い筋肉を中心に鍛えていくことをおすすめします。筋肉は鍛えなければどんどん老化していってしまいますから、若い年代の皆さんも「まだ大丈夫」と思わず、毎日少しずつトレーニングを始めてみてください。

大胸筋を鍛えれば基礎代謝も上がって、痩せやすく太りにくい身体にしていくこともできますし、バストを垂れにくい状態にしていくことも可能です。ぜひ筋力トレーニングでダイエットもバストアップも成功させてみてくださいね。