バストアップと運動や体操、マッサージ

記事一覧

胸を揉むと大きくなる?おすすめは好きな人に揉んでもらうこと

バストが大きくなる方法の一つとして「バストを揉む」という方法を耳にしたことがある、という人はとても多いかと思います。よく聞くバストアップ方法ですが、この方法は本当にバストアップに適した方法なのでしょうか?確かにバストを揉むと大きくなる、ということはあながち間違いではありません。しかし、ただバストを揉むだけではバストアップ効果は期待できない、と考えられています。

バストはほとんどが脂肪で構成されているため、ただバストを揉んでも脂肪を揉みほぐしているだけなので、反対にバストが小さくなってしまう恐れもあります。脂肪は揉むと燃焼されていきますから、ほとんどが脂肪で構成されているバストを揉むと脂肪が燃焼され、かえって小さくなってしまうというわけです。

ただし、これは自分でただバストを揉むことにのみ当てはまるもので、バストを揉む時に性的興奮を感じる場合であれば、バストを大きくすることも可能と考えられています。バストの中心には乳腺がありますが、乳腺は女性ホルモンが活性化されると発達していくことが特徴となっています。つまりバストを揉むことで性的興奮を感じる場合ならば、女性ホルモンの分泌が増えて乳腺が発達し、バストが大きくなっていくのです。

そのためには自分の手でバストを触るのではなく、恋人や夫など好きな人にバストを触ってもらうことをおすすめします。自分でバストを揉んでも性的な興奮を感じられればバストアップに働きかけていくことは可能ですが、やはり好きな人に触られているということが大きなきっかけとなっていますから、バストを揉むことでバストアップしたい場合は好きな人にバストを揉んでもらうようにしましょう。

これはセックスによってバストアップができる、ということにも繋がります。好きな人と素敵なセックスをすることによって、女性ホルモンが活性化されているため、バストアップ効果を高めていくことができるのです。もちろん、セックスだけではなくキスをしたり、ただ互いに触れ合うだけでも女性ホルモンの分泌は増えていきます。

好きな人と触れ合うことでときめきを感じ、女性ホルモンの分泌が高まり、結果としてバストアップ効果が発揮されていくので、恋人や夫など好きな人がいる皆さんは、バストアップのためにも今よりももっとスキンシップを増やしてみてはいかがでしょうか?

また、特定の恋人がいない場合でも、胸がときめいたりドキドキしたりすることによって女性ホルモンが活性化されていきます。反対に恋人がいてもときめきが足りないとか、セックスをしてもドキドキしないといったような場合は、同じ行為をしても女性ホルモンの活性化には繋がりません。皆さんが好きな人に対して感じる気持ちが大切なので、好きでもない人とのセックスなどには全く効果がないのです。ときめきやドキドキする気持ちを大事にして、バストアップ効果を高めていきましょう。

運動するなら家でもOK!お金をかけずに自宅で簡単にバストアップ

ジムに行く、スポーツクラブに通う、といった本格的な施設で運動を行なうことはもちろん効果的ですが、できればお金をかけずに運動したいものですよね。思いのほかジムやスポーツクラブはお金がかかるものですし、施設に通うまでの交通費や時間など運動をする以前に様々な問題が現れてしまう場合もあります。しかし、バストアップのための運動ならば家にいても簡単にできてしまうのです。ここでは皆さんの自宅で簡単にできるバストアップ運動について詳しく紹介していくことにしましょう。

まず1つ目はバストを支えている「大胸筋」という筋肉を鍛える方法です。大胸筋はバストを支えている重要な筋肉の一つで、大胸筋が発達していなければバストの重さを支えることができず、バストの形が崩れて垂れやすくなってしまいます。筋肉は年齢と共に衰えていきますが、大胸筋も同様です。年齢を重ねるごとにバストは垂れやすくなるのはこのためなので、いつまでも若々しくハリのあるバストを保つためにも、大胸筋をしっかり鍛えていきましょう。

大胸筋を鍛える方法として最も簡単なものに、両方の手のひらを合わせて互いに全力で押し合う、という方法があります。二の腕のたるみにも効果的な運動の一つですが、大胸筋を意識しながらこの運動を行なうとバストアップに繋げていくことができます。とても簡単な方法なので、皆さんもぜひ自宅で試してみてください。

他にも大胸筋を鍛える方法はありますから、様々な方法を試して継続していくと良いでしょう。バストアップ運動は継続していかなければ十分な効果が得られませんので、習慣にしていける運動を試してみることをおすすめします。
(⇒大胸筋トレーニングでバストアップ

また、大胸筋など筋肉を鍛える場合は、食材から「動物性タンパク質」を摂ることも重要となっています。動物性タンパク質には筋肉や血液を作る働きがあることから、より効率良く筋肉を発達させていくことができます。肉や魚などには多く動物性タンパク質が含まれていますし、乳製品から良質の動物性タンパク質を摂ることもできますので、筋肉を鍛える際に動物性タンパク質の摂取も心がけるようにしましょう。

このように自宅でも簡単に大胸筋を鍛えることができますが、自宅でバストをマッサージすることでもバストアップ効果を得ることができます。バストアップマッサージはリンパや血液の流れを改善し、バストをハリのある状態へ導いてくれる効果があることから、バストアップに最適となっています。自分の手を使ってマッサージを行なうだけなのでお金もかかりませんし、リラックスした気持ちでマッサージをすることでストレス解消にも繋がります。

ちなみに、同じマッサージをする場合でも自分で行なう場合と好きな人にマッサージしてもらう場合とでは効果に差が現れます。恋人や夫などにバストをマッサージしてもらうことによって女性ホルモンの分泌が高まるので、自宅で好きな人にマッサージしてもらっても良いでしょう。

セックスでバストアップできる?女性ホルモンの分泌を高めるために

女性がバストを大きくするためには、まず「女性ホルモン」の分泌を高めていくことが必要です。女性ホルモンの分泌が少ないとバストの成長にも関わりますし、女性らしいボディラインを保つ働きも弱まってしまいます。反対に女性ホルモンが分泌しすぎていてもホルモンバランスが崩れて体調に変化が現れてしまいますので、ホルモンバランスの良い状態をキープすることが魅力的なバストを手に入れるためには重要とされています。

では、女性ホルモンの分泌を促したり、ホルモンのバランスを良い状態に保ったりするためにはどのようなことを行なっていけば良いのでしょうか?ホルモンバランスを整える方法としては、まずストレスを溜めないことが挙げられます。現代人は何かとストレスの多い生活を強いられていますが、ストレスはバストアップの妨げになってしまいますので、できる限りストレスは溜め込まないよう注意しておきましょう。ストレスが溜まらないようこまめに発散することを心がけるようにしてください。

そして、女性ホルモンの分泌を高めるために効果的な方法としては、良い恋をするとか、素敵なセックスをするとか、恋愛に関することが挙げられます。皆さんは最近、胸がときめいたりドキドキしたりしたことはありますか?このときめきやドキドキといった感情は、女性ホルモンの活性化に繋げることができるため、バストアップとも深い関わりがあると考えられています。

恋人や夫など特定の人がいる場合はもちろんですし、片思いでも良いので好きな人がいたり、憧れている人がいたりする場合にもときめくことで女性ホルモンの分泌を高めていくことができます。さらに好きな人と手を繋いだり、キスをしたり、セックスをしたりといった触れ合いがあることによって、より女性ホルモンは活性化され、バストアップ効果を高めていくことができると考えられています。

特に好きな人にバストを揉んでもらうなど、直接的にバストに刺激がいくような行為はバストアップ効果が非常に高いと見て良いでしょう。自分でバストを揉んでもバストアップ効果はあまり期待できませんが、好きな人に揉んでもらっている、という性的興奮から女性ホルモンの分泌量が増えていくため、セックスをすることによってバストアップに繋げていくことができると考えられています。

ただし、心から好きな人とのセックスでなければ女性ホルモンは活性化されません。ただセックスをすれば良い、というわけではなく、女性自身がときめきを感じられるようなセックスでなければ効果は期待できないのです。

好きではない人とのセックスや男性本位のセックスなどでも女性ホルモンの分泌は増えず、それどころかセックス自体がストレスになってホルモンバランスが崩れてしまうことも考えられます。セックスをすることによってバストアップに繋げていくことは可能ですが、セックスをする相手には十分に注意しておきましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >