バストアップと運動や体操、マッサージ

記事一覧

おっぱいをあげたら小さくなった・・・授乳後のバストの悩みを解消

妊娠中や産後のバストは驚くほど大きくなります。元々バストが小さくて悩んでいた皆さんにとっては、夢のような大きさになるため、とても貴重な体験に感じる人も多いのではないでしょうか?赤ちゃんにおっぱいをあげるためにバストは大きくなっていくのですが、打って変わって授乳後はバストが全体的に小さくなり、ハリがなくなってしまう場合がほとんどです。

あんなに大きかったバストが・・・と残念に思ってしまう人も少なくなく、ブラジャーのカップサイズも大きく変化してしまうこともあります。特にバストのハリは大きな問題で、ハリのある状態からいきなりしぼんでしまうと、バスト全体が垂れて見えてしまうことがあるため、これ以上バストを垂れさせないよう早めに対処をすることが必要です。

そこでおすすめなのが、バストアップマッサージです。バストアップマッサージはバストを大きくすることはもちろん、バスト本来のハリを取り戻し、垂れにくく若々しいバストを保っていくことができるようになります。授乳後のバストはハリが失われて非常に垂れやすい状態となっていますので、バストアップマッサージでバストを全体的に引き上げていくことから始めていきましょう。
(⇒バストアップマッサージで若々しいバストへ

また、バストアップマッサージだけではなく、ツボ押しを試してみても良いですね。私達のバストの周りにはバストアップに効果的なツボがたくさんあります。ツボ押しはバストアップマッサージと同時に行なうとより効果が高まりますので、ぜひ皆さんも実践してみてください。

マッサージやツボの刺激によって血行が促進され、リンパの流れを良くしていくこともできます。バスト周りのリンパの流れを改善するだけでも、バストのハリを蘇らせることは可能ですから、バストアップマッサージやツボ押しを毎日の習慣にしてみると良いでしょう。

その他、バストの周りにある筋肉を鍛えることもバストのハリを取り戻していくことに効果を発揮してくれます。バストは全体的に脂肪でできているものの、筋肉がしっかりついていなければバストをキレイな形のままキープしておくことはできません。筋肉は年齢を重ねるごとに衰え始めていきますが、筋肉を鍛えることでバストの老化を予防することができます。授乳後のバストも筋力が弱まってしまっていますから、バストを支えている「大胸筋」をメインに筋力をトレーニングしていくようにしましょう。

筋力をトレーニングすると聞くと、とてもハードなトレーニングを思い浮かべてしまう人も多いかもしれませんが、バストアップのためのトレーニングは自宅でも簡単に始めることができます。赤ちゃんが寝ているちょっとした時間を使ってできるトレーニングばかりなので、時間が空いたらバストアップトレーニングを行なうことを習慣にしてみてください。トレーニングは継続して行なっていくことで効果が発揮されますので、諦めず続けていくことを心がけていきましょう。

体重を落としながら胸を大きく!ダイエットを兼ねたバストアップ

「胸は小さいのに、お腹は出ている・・・」という悩みを抱えている女性は決して少なくありません。脂肪がついて欲しいところに脂肪は少なく、脂肪がつかなくても良いところにたっぷり脂肪がついている、といったケースは特に「洋梨型」の体型によく見られています。上半身は痩せているのに下半身は太っている、という体型が洋梨に似ていることから洋梨型と呼ばれていますが、このような体型になる原因としては、基礎代謝が悪く下半身がむくみやすくなってしまっていることがまず考えられます。

代謝が良い状態では下半身には脂肪がつきにくく、痩せやすい身体になっているため、食事や運動を適度に気をつけていれば驚くほど太るようなことはありません。しかし、代謝が悪いと太りやすい身体になってしまっていることから、上半身は痩せていても下半身ばかりに脂肪がついてしまい、結果的に洋梨体型になってしまうというわけです。バストが元々小さな人の場合、代謝が悪くなっているとより洋梨体型に拍車がかかってしまうので、まずは基礎代謝を向上させていくことが大切です。

そこでおすすめなのが、ダイエットも兼ねたバストアップ方法です。体重を落としたいけれどバストも大きくしたい、という思いは女性ならば誰しも感じることですよね。バストアップもダイエットも成功させたい!という皆さんは、ぜひ筋肉をつけることから始めてみてください。

筋肉をつけることで身体に蓄積された脂肪は燃焼しやすくなりますし、身体も温まるので基礎代謝も向上していきます。基礎代謝が高くなると全体的に脂肪が燃焼しやすい身体に変えていくことができるので、筋力トレーニングはダイエットには非常に最適な方法となっているのです。

もちろん筋力トレーニングはバストアップにも効果的で、バストを主に支えている「大胸筋」という筋肉を鍛えることでバストをハリのある状態へと導いていくことができます。バストのハリを保つためには、マッサージをしたり食材から栄養を摂ったりするなど、女性ホルモンの分泌を高めることも必要なのですが、バストを支えている大胸筋を鍛えることも同様に重要となっています。大胸筋は老化と共に衰えていってしまうので、意識して鍛えていくようにしましょう。

また、大胸筋など広い範囲を占めている筋肉は、鍛えると基礎代謝の向上に繋げていくことができます。大胸筋以外にも大腿筋や腹筋、背筋といった範囲が広い筋肉を中心に鍛えていくことをおすすめします。筋肉は鍛えなければどんどん老化していってしまいますから、若い年代の皆さんも「まだ大丈夫」と思わず、毎日少しずつトレーニングを始めてみてください。

大胸筋を鍛えれば基礎代謝も上がって、痩せやすく太りにくい身体にしていくこともできますし、バストを垂れにくい状態にしていくことも可能です。ぜひ筋力トレーニングでダイエットもバストアップも成功させてみてくださいね。

疲れている時にはやらない!無理なバストアップ運動はしないように

バストアップ運動を始めるにあたって、継続して行なっていくことは非常に大切なことです。三日坊主で終わらせてしまっては、十分な効果が現われることなく、バストアップの結果を残すこともできません。理想的なバストになりたいのであれば、まずは長く続けていくことを心がけていくようにしましょう。

しかし、身体が疲れているなどすぐにでも休んだような方が良い場合には、無理してバストアップ運動を行なう必要はありません。バストアップ運動には様々なものがあり、筋力トレーニングを主に行なっている人もいれば、ヨガなどで全身のバランスを整えながらバストアップを目指している人も多いかと思いますが、このようなバストアップ運動は身体が疲れている時に無理して行なっても効果が現れるわけではないのです。身体にはさらに負担がかかってしまいますし、疲れが増幅されることによるストレスが現ることもありますから、とてもバストアップするどころでありません。

「毎日バストアップ運動をする!」という心がけは大切なのですが、わざわざ疲れている身体で運動を行なう必要はないので、皆さんも疲れている時は絶対に無理をしないように注意してくださいね。週に1、2回くらいは定期的に運動を休むこともまた効果的ですから、時々休むことも意識してみると良いでしょう。

その代わり、バストアップ運動をする予定だった時間を他のバストアップ方法に充ててみることをおすすめします。バストアップ方法には色々なものがあるので、身体が疲れている時には筋力トレーニングやヨガといった身体を動かす方法ではなく、心もリラックスできるようなバストアップ方法を取り入れてみてください。

例えば「バストアップマッサージ」は、バストをマッサージしながら血行を良くしていくことができるので、身体の冷えも改善できてリラックスすることができます。好きな人にマッサージをしてもらうことでもよりリラックス効果が高くなりますし、女性ホルモンも活性化されるのでバストアップ効果を高めたい時にもぴったりの方法となっています。皆さんも恋人や夫など好きな人にバストアップマッサージをしてくれるよう、お願いしてみてはいかがでしょうか?

また、マッサージと併せて「ツボ押し」も行なうことでもバストアップに働きかけていくことができます。人間の身体には様々な効果を発揮するツボがありますが、女性ホルモンの分泌を促したり、乳腺を発達させたりする効果のあるツボもあるため、ツボを刺激することでバストアップが期待できると考えられています。

バストアップに効果的なツボの中には、疲れやストレスに効くツボもありますので、身体が疲れている時はツボを刺激してリラックスしてみると良いでしょう。ツボ押しはお風呂に入っている時になど、身体が温まっている状態で行なうとより効果が上がります。入浴中にリラックスしながらバストアップしてみてください。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >