寝る体勢によってバストの形が崩れることも

うつ伏せで寝ると胸が大きくなる?寝る体勢によって形が崩れることも

バストの周りには様々なツボがあることから「うつ伏せで寝るとツボが刺激されて胸が大きくなる」という考え方もありますが、健康的にバストアップしたいならば、できるだけうつ伏せで寝ることは避けた方が良いでしょう。寝返りを打っているとどうしてもうつ伏せになってしまう、という場合は仕方がありませんが、意識してうつ伏せを避けることは可能ですので、うつ伏せではなく仰向けで寝るよう心がけてみてください。

実際にバストの周りにはたくさんツボがありますし、中にはバストアップに効果的なツボもあります。そのツボを刺激すればバストアップ効果に繋げていくことはできますが、ツボを刺激することはうつ伏せで寝なくてもできることですよね。

一般的にツボ押しは血行が良くなっている状態で行なうことがベストであるため、ツボを押すなら入浴中や入浴後など身体が温まっている状態がおすすめです。身体が温まっている状態でツボを刺激することで、よりバストアップ効果を高めていくことができます。皆さんもぜひツボ押しでバストアップを目指してみてはいかがでしょうか?

また、うつ伏せで寝ることでバスト全体の形が崩れてしまう原因にもなります。バストは大きさも大事ですが、形も重要です。どんなに大きなバストでも形が崩れていたり垂れていたりしたら魅力的ではありませんし、美しいボディラインに見せることもできません。

反対にそれほど大きなバストではなくても、形がキレイに整えられたバストは女性らしさも溢れてとても魅力的に見えるものです。バストは大きさよりも形、と思っている男性も少なくありませんし、女性としても形が美しいバストは服を着た時の見栄えも良いものです。バストアップは何も大きくすることがだけが目的ではありませんので、美しい形のバストを手に入れるためにもうつ伏せで寝ることは避けるようにしましょう。

その代わりにバストの形が崩れないよう「ナイトブラ」を着けて寝ることをおすすめします。ナイトブラを着けることでバストを保護しながら形を整えることができ、寝ながらバストアップすることも可能となっています。現在では様々な種類のナイトブラが販売されていますので、皆さんの身体に合ったものを選んで着けてみてください。ナイトブラを着けている場合と着けていない場合とでは、バストの成長にも大きな差が現れています。

一般的にはブラを着けずに寝ることが多いかと思いますが、ブラを着けていないバストは寝る体勢になるとどうしても形が崩れてしまいます。うつ伏せに寝る場合はもちろん、仰向けに寝ても左右にバストが広がってしまうため、どの体勢で寝てもバストの形崩れは避けられないものとなっています。

しかし、ナイトブラを着けることでバスト全体を包み込んで保護してくれるので、形をキレイに保ちながら安心して眠ることができます。皆さんも寝る時にはナイトブラを着ける習慣をつくってみるようにしましょう。