バストアップ効果のあるツボを刺激

だん中、神封、天渓など、バストアップに効果があるツボを刺激して

人間の身体には様々な「ツボ」があります。頭痛に効くツボ、めまいに効くツボ、疲れ解消に効くツボなど、効果もツボによって異なることが特徴ですが、実はバストアップに効果的なツボもいくつかあるのです。ここではバストアップ効果を発揮してくれるツボについて、いくつか紹介していくことにしましょう。

まず1つ目のツボは「だん中(だんちゅう)」と呼ばれるツボです。だん中は両方のバストの間にあるツボで、位置としては乳首と同じ高さになります。触るとくぼんでいて押すとちょっと痛みを感じるところがだん中です。だん中は女性ホルモンの分泌を高めていく効果のあるツボで、バストアップにはもちろん、女性らしいボディラインやキレイな肌、髪の毛のツヤを美しくするためにも非常に効果的となっています。

だん中の刺激方法としては、3秒間強く押してパッと離す、という方法を5回1セットとして行なってみてください。女性ホルモンの活性化だけではなく、ストレス解消にも効果を発揮してくれrますので、ストレスが溜まっている時にもリラックスしながらだん中を刺激してみると良いでしょう。

2つ目のツボは「神封(しんぽう)」です。神封は両方の乳首付近にあるツボで、位置としては両方の乳首を線で結んだ真ん中から指3本分外側になります。乳首に向かってバスト全体を持ち上げるように刺激することで、女性ホルモンの分泌を増やし、バストアップに繋げることができるツボと言われています。

ちなみに神封は心臓病や狭心症などの症状にも効果があるとされ、動悸や息切れの症状が現れている場合にも神封を刺激してみることをおすすめします。また、肋骨の間にあるツボであることから肋間神経痛にも効果的ですし、咳止めの効果もあると考えられています。様々な症状の緩和が期待できるツボなので、よく覚えておくと良いでしょう。

3つ目は「天渓(てんけい)」と呼ばれるツボです。天渓はバストの両脇にあるツボで、乳首と同じ高さに位置しています。骨と骨の間にあり、押すと少し痛みを感じる部分が天渓です。乳腺を発達させる効果があるツボなので、バストアップには最適のツボとなっています。両手の親指で両方のバストを上に持ち上げるようなイメージでツボを刺激してみましょう。

こうしてバストアップに効果的なツボを見てみると、やはり女性ホルモンの分泌や乳腺の発達がバストアップに深く関係していることが分かります。女性ホルモンの活性化や乳腺の発達はバストアップには欠かせないものですので、皆さんもツボ押しでバストアップを目指してみてください。

また、ツボ押しはバストアップマッサージと同様に血行が良くなっている時に行なうことがおすすめとなっています。入浴中に行なっても良いですし、入浴後に行なっても構いません。毎日継続してツボを刺激することでバストアップ効果も高まりますので、ぜひ毎日の習慣にしてみてくださいね。
(⇒すぐに試せるバストアップマッサージ