セックスで女性ホルモンの分泌を高める

セックスでバストアップできる?女性ホルモンの分泌を高めるために

女性がバストを大きくするためには、まず「女性ホルモン」の分泌を高めていくことが必要です。女性ホルモンの分泌が少ないとバストの成長にも関わりますし、女性らしいボディラインを保つ働きも弱まってしまいます。反対に女性ホルモンが分泌しすぎていてもホルモンバランスが崩れて体調に変化が現れてしまいますので、ホルモンバランスの良い状態をキープすることが魅力的なバストを手に入れるためには重要とされています。

では、女性ホルモンの分泌を促したり、ホルモンのバランスを良い状態に保ったりするためにはどのようなことを行なっていけば良いのでしょうか?ホルモンバランスを整える方法としては、まずストレスを溜めないことが挙げられます。現代人は何かとストレスの多い生活を強いられていますが、ストレスはバストアップの妨げになってしまいますので、できる限りストレスは溜め込まないよう注意しておきましょう。ストレスが溜まらないようこまめに発散することを心がけるようにしてください。

そして、女性ホルモンの分泌を高めるために効果的な方法としては、良い恋をするとか、素敵なセックスをするとか、恋愛に関することが挙げられます。皆さんは最近、胸がときめいたりドキドキしたりしたことはありますか?このときめきやドキドキといった感情は、女性ホルモンの活性化に繋げることができるため、バストアップとも深い関わりがあると考えられています。

恋人や夫など特定の人がいる場合はもちろんですし、片思いでも良いので好きな人がいたり、憧れている人がいたりする場合にもときめくことで女性ホルモンの分泌を高めていくことができます。さらに好きな人と手を繋いだり、キスをしたり、セックスをしたりといった触れ合いがあることによって、より女性ホルモンは活性化され、バストアップ効果を高めていくことができると考えられています。

特に好きな人にバストを揉んでもらうなど、直接的にバストに刺激がいくような行為はバストアップ効果が非常に高いと見て良いでしょう。自分でバストを揉んでもバストアップ効果はあまり期待できませんが、好きな人に揉んでもらっている、という性的興奮から女性ホルモンの分泌量が増えていくため、セックスをすることによってバストアップに繋げていくことができると考えられています。

ただし、心から好きな人とのセックスでなければ女性ホルモンは活性化されません。ただセックスをすれば良い、というわけではなく、女性自身がときめきを感じられるようなセックスでなければ効果は期待できないのです。

好きではない人とのセックスや男性本位のセックスなどでも女性ホルモンの分泌は増えず、それどころかセックス自体がストレスになってホルモンバランスが崩れてしまうことも考えられます。セックスをすることによってバストアップに繋げていくことは可能ですが、セックスをする相手には十分に注意しておきましょう。