バストアップ

豊胸手術失敗!?手術が成功でも起こってしまうトラブル

豊胸手術には様々なリスクがあります。もちろん、年々安全に進化しているので、手を出しやすくはなっていますが、どんなに腕の良い医者に頼んで行った手術でも、なんらかのトラブルが起こってしまう事も多いようです。

“カプセル拘縮”と呼ばれる症状が10%程の人に現れるようです。100人に10人ですから、少ないとも言いにくい数字ですよね。手術自体が失敗で症状が出る人もいるでしょうが、この症状は手術した後、遅い人ならば数年経ってから出る事もあるようですので、手術の失敗とも言いにくい部分があります。

主な症状はバストの違和感から始まります。バストの中に何かを入れて大きくする訳ですから、全く違和感がない方がおかしいような気もしますが、この違和感を感じた頃からバストは硬くなっていきます。とても柔らかい脂肪で覆われているバストが硬くなるのですから、不安なものです。

しかし、これは、私たちの体が自然に戦っている証拠でもあるのです。体内に異物が混入したと思った体が、異物を体外へ出そうとし、異物の周りに膜を作ってしまうのです。この膜が硬くなっていく原因だそうです。私たちの意思で入れた物も、体からすれば必要のない物と判断するのですね。当然と言えば当然な結果のような気もします。

ヒアルロン酸や脂肪を注入する豊胸手術では、石灰化が起こる事もあります。石灰化する事でしこりのような物ができてしまったり、感触が悪くなったり、バストの形が崩れたりする事もあります。痛みが出る事もあるようです。

脂肪注入の場合、どこの脂肪を注入するのかは人それぞれだと思いますが、その脂肪がバストに馴染めなかった時は壊死してしまい、感染症などを引き起こしてしまう事もあるようです。石灰化にしても、壊死にしても再手術が必要となります。

豊胸バックを入れる手術では、豊胸バックがバストの内側で触れる事に違和感を感じ、体質に合わない事もあるようです。また、豊胸バックは破れてしまう可能性もあります。衝撃などで破れる事もありますが、バックの劣化もあります。

このように、手術が成功していても、なんらかのトラブルが起こる可能性のある豊胸手術。手術を終えたら終わりではなく、その後のケアもとても大切だと思います。違和感があればすぐに診てもらいましょう。中には再手術を行った方が良い事もあります。

まれにではありますが、痛みや出血を起こす事もあるようです。豊胸手術で手に入れるものは大きなバストです。痛みも出血もいりません。痛みや出血があるという事はなんらかのトラブルが起きている証拠です。我慢したり、様子を見たりしないで、すぐに病院へ行きましょう。

バストアップの効率を上げる!!ゴールデンタイムの“4時間”

毎日、私たち人間が行う行動には意味があるのです。気が付けば知らず知らずに行う日課といいますか…。例えば食事。別に1食抜くくらいなら特に問題はないですが、食事を全くとらないとなると、かなり大きな問題へと繋がってしまいます。食べた方がよいのではなく、食べなければいけないのです。そして、食事は生きて行く上で、とても大切な意味をもつのです。

他にも、知らないうちに身について、自然と毎日繰り返している行動はたくさんありますが、ここでは“睡眠”に注目してみたいと思います。どうして睡眠に注目するのかというと、睡眠とバストアップは大きく関わりあっているからです。

私たち人間にとって、いやいや、人間だけではないですね。生きているモノ、全てにとって、睡眠はとても大切なものです。寝ている間に成長したり、疲れがとれてリフレッシュしたりと、睡眠をしないといろいろな意味で危険という事はみなさんも分かっているかと思います。

さて、寝るのに1番良い時間はご存じですか?22時から翌2時までの4時間だと言われています。睡眠中に最も多くの成長ホルモンが分泌されるのですが、特にこの4時間が多いと言われています。この4時間をしっかり睡眠する事で、成長したり、疲れが取れやすくなるようです。特に成長段階の小学生なんかは、この時間はしっかり寝てもらいたいものですね。

バストアップに関しても、この4時間はとても大切な時間になります。女性ホルモンの分泌も、成長ホルモンと同じく、この4時間に分泌される事が多いのです。ホルモンの分泌なしでは、自然にバストアップをする事はできませんので、この時間に眠ってホルモンの分泌を向上させましょう。

とはいえ、健康やバストアップによいからと、毎日のように10時には眠りにつくのは難しい事だと思います。お仕事の関係で10時でも家に帰っていない人もいるでしょうし、こんなに早くに眠れない人もいるでしょう。でも、せめて12時には眠れるような生活に改善してみてください。もちろん4時間とも眠れるのが1番ですが、少なくとも2時前には眠っている状態をつくる事から始めましょう。

眠りには深い眠りと浅い眠りがありますが、ホルモンを分泌させる眠りは深い眠りだそうです。すぐに目が覚めてしまう、なかなか眠れないなどの症状を持っている人は、先にそちらの方を改善した方が良いかもしれません。ストレスも良くありませんので、少しずつ早く眠れるように改善しながら、そのうち「4時間とも眠れるようになれればいいなぁ」くらいの気持ちでやってみてください。

バストアップだけでなく、健康や成長など、生きて行く上でとても大切な睡眠。そのなかでもゴールデンタイムの4時間。夜更かしをしてしまっている人も多いかと思いますが、この機会に夜更かしをやめて、早起きに変えてみませんか!?

大きい?小さい?ブラジャーのサイズが違うとどうなるの?

バストが生涯、長く時間を共に過ごすブラジャー。このブラジャーがバストの良い相棒になっていなければいけません。バストとブラジャーの仲が悪ければ、どんどんバストは弱ってしまいます。(病気になるという意味ではありません。)仲の悪いブラジャーを付けるとどうなるのでしょうか?

多くの人が間違っているのが“小さいブラジャー”をつけるという事です。小さい、つまりキツイブラジャーだという事です。確かに、ブラジャーはちょっとした事でもズレてしまったり、カップにゆとりがあると気持ち悪かったりしますよね。しかし、小さいブラジャーはバストアップをするには最強の敵かもしれません。

バストの成長を止めてしまっている可能性があります。ブラジャーのヒモで血流を妨げられ、バストに必要な栄養が届いていないかもしれないのです。バストアップを夢見ている人ならば、なおさら、血流を良くして、栄養を行き渡らせなければいけないのに、自分で滞らせているのです。

また、食い込むほどの小さなブラジャーを付けていると、血流の流れはもちろん、見た目にもブサイクな状態です。薄着の時期だと、背中側から見たら、ブラジャーが背中のお肉に食い込んでいるのがしっかり見えてしまいます。

逆に“大きいブラジャー”を付けているのも間違いです。窮屈なのがイヤで大き目なのをつけている人も多いですが、カップにゆとりがあり、さらにアンダーもユルユルだと、バストをしっかり支える事ができなくなり、バストの形を崩してしまう原因になります。バストの脂肪が分散され、お腹や背中に移ってしまう事もあります。

寝ている間はブラジャーをしない方が良いという話もあります。また、寝る時まで窮屈なのはイヤだとしない人も多いでしょう。確かに、寝ている時が1番バストの成長時間なので、付けないのがいいかもしれません。しかし、横に流れてしまうバストを長時間も放置してしまうと、どこかに移動してしまう可能性もあります。ナイトブラなど、就寝用のブラジャーを使用する事をオススメします。

結論を言いますと、ブラジャーは大きすぎず、小さすぎない、丁度良い物を選ぶ必要があります。サイズも日々変わる事でしょう。バストアップを行っている人なら尚更です。定期的にブラの買い替えなどを行って、自分の正しいサイズのブラジャーを付けて、いつまでもキレイなバストを持ち続けましょう。