バストアップ

いらない脂肪はバストへ移動♪バストアップマッサージ

豊胸手術などで大きなバストを手に入れたのはいいけど、他の部分が気になる…。なんて事になっては意味がありません。バストアップとは少しズレた話になってしまいますが、整形をした人の話では「目を整形すれば、次は鼻が気になる。鼻を整形すれば口が気になる。」とのことでした。1つ変えてしまえば、その周りとのバランスが気になってしまうのです。

バストアップも同じだと思います。バストが完璧でもブヨブヨのお腹、太い太もも、たるんだ二の腕では完璧なプロポーションとは言えないでしょう。気になったところを集中して意識してしまう事で、全体のバランスまで考えられなくなっています。バストだけ大きくすればそれで良いですか?

豊胸手術という手段を使ってしまっては、バストを大きくする以外どうしようもありません。余分な部分の脂肪を注入する方法もありますが、バストを大きくする分だけの脂肪ですので、たいした結果にはならないでしょう。そこで!!自分の努力と気力で、いらない脂肪をバストへ移動させるなんてのはどうでしょうか?

人の脂肪は移動するのです。どんどん下へ…。下っ腹や太ももはもちろん、二の腕も肉が厚いのは下側ですよね。全く脂肪がないのも問題ですが、付き過ぎているのも問題です。この余分ないらない脂肪をバストへお引っ越しさせましょう。

バストアップに効果的なリンパマッサージにプラスして、全身のマッサージを行います。脂肪は揉みほぐす事によって柔らかくなります。固まった脂肪よりも、柔らかい脂肪の方が移動しやすいですし、燃焼もしやすくなりますので、お腹や太ももは、少し強めの力で、よ~く揉んであげましょう。お風呂上がりなど、体が温まっている時が良いでしょう。バストそのもののマッサージでは力を入れてはいけませんよ!!

揉みほぐして柔らかくなった脂肪を、バストに向かって、ゆっくりと撫でるように流す感じで運びます。即効性がないと言いますか、見た目では全く変化がないように見えますが、毎日繰り返し行う事で、少しずつ変化が出てくるかと思います。(個人差はありますが…。)ボディークリームやバストアップクリームなどを使用しながら行いましょう。

このように、地道な日々のマッサージを行い、いらない脂肪をバストへ移動させる事で、バストアップとシェイプアップを同時に行え、アンバランスな体型になるのを防ぐ事ができます。劇的な変化や即効性を求めている方は、別の方法をお試しください。

ボリュームもあって低価格♪鶏肉を食べてバストアップ!!

バストアップを成功させる為には“たんぱく質”がとても役に立ってくれます。普通に生きて行く上でも必要な栄養素ですし、バストアップに関しては乳腺を発達させるお手伝いをしてくれます。乳腺は発達すれば、乳腺を守るためにバストに脂肪がつくので、バストアップに効果ありです!!タンパク質は、肉・魚・卵など、メインのおかずになるような物に多く含まれており、とても取り入れやすいです。ここでは肉、鶏肉に注目してみたいと思います。

お肉なら豚肉でも牛肉でもいいのですが、どうして鶏肉に注目するのかというと、扱いやすいからですかね…。豚肉や牛肉の代わりに使っても問題ないですし、本当にたくさんのレパートリーを増やせて、サッパリでもコッテリでも、飽きる事なく食べれるからです。そしてなんと言っても安いです!安いのにボリュームもあって、家計にも優しいですね。

もちろん、これだけではありません。たんぱく質だけで考えると、豚肉も牛肉も変わりはないのですが、ビタミンAの豊富さがズバ抜けているのです。豚肉の3倍、牛肉のなんと10倍です。それなのに脂質は少なく、カロリーも少ないのです。

鶏のささみ肉を使用すればさらに低価格のカロリーオフ!ダイエットとバストアップは同時に行うと失敗しがちですが、ささみ肉を食べる事はダイエットにもなって、バストアップにもなるのでオススメです。(バストアップと同時にダイエットは控えましょう。)

一人暮らしや時間のない時にお弁当やコンビニ、外食で済ませてしまう人でも、鶏肉を使ったメニューは豊富にあります。ただ、毎日毎日、唐揚げばっかり食べ続けるとなると話が別なので、バランスよく食べてくださいね。

揚げたり焼いたりするとカロリーが高くなってしまいますし、茹でると栄養素やおいしさが多少ですが逃げてしまいます。蒸すのが1番栄養素も残っていて、おいしさも逃げず、オススメの調理方法です。手軽に電子レンジを使用するのもいいかもしれません。バンバンジーなど、サラダっぽく食べるのがオススメです。

グラビアアイドルの人も「唐揚げが大好きで、毎日食べてたらバストが大きくなった」と話しているくらいです。唐揚げだけがバストの大きさかと言われれば分かりませんが、鶏肉がバストアップに良い事は本当です。低価格で低カロリーな鶏肉を使ったメニューを増やしてみてはいかがですか??

バストアップのその前に!!バストにとって大切なブラジャーの基礎

バストにとってとても大切なブラジャー。みなさんは自分の正しいサイズをご存じでしょうか?どのように保管していますか?バストアップをするにもブラジャーは大切なアイテムになります。そこで、せっかくバストアップをしているのにブラジャーで損しないように勉強しましょう!!

まずは正しいサイズですが、トップとアンダーのサイズを測らなければいけません。しかし、1人で測るとなると、まっすぐ測れずに斜めになってしまたりで、正しくないサイズを正しいサイズと勘違いしている事も多いです。ちょっと抵抗があるかもしれませんが、プロの人に測ってもらうのが1番良いでしょう。正しいサイズをしらなければ、バストをキレイに見せる事ができません。

下着専門店などに行くと、店員さんが正しいバストを測ってくれます。そして、そのサイズにあったブラジャーを見たててくれます。もしかしたらセールストークにハマってしまう可能性もありますが、サイズを測るだけでも大丈夫です。プロが見たててくれるブラジャーですし、1つくらい購入してもいいかもしれません。どうしても自分で測る場合は、鏡などで背中側も真っすぐになっているかを確認しながら測りましょう。

さて、ブラジャーを使った後はどうでしょう?洗濯して保管しますよね。ここでも間違った事を行うと損する事になります。まずは洗濯。そのまま他の洗濯物と一緒に洗濯機に掘り込んでなんていないですよね?ブラジャーは型崩れしてしまうと効果を発揮できません。できるなら手洗いで1つ1つ丁寧に洗う事をオススメしますが、せめてブラジャー用の洗濯ネットを使用しましょう。干す時も型崩れしないように整えて干しましょう。

保管ですが、グチャグチャに突っ込んでしまっては型崩れの原因になってしまいます。カップの膨らみに合わせて丁寧に重ねるように並べましょう。無理やり突っ込むのは厳禁です。できれはカップにハンカチなどを軽く詰めて、カップが崩れないようにする方が良いです。また、左右のカップを1つにまとめて収納する人も多いようですが、これも型崩れの原因になってしまうので避けましょう。

ブラジャーは消耗品です。どんなに大切に使っていてもダメになってしまいます。ワイヤーが伸びてしまったり、型崩れを起こしてしまった物はサヨナラしましょう。サイズも日に日に変化していきます。少なくとも年に1度くらいはサイズを測り直して、正しいサイズでブラジャーの役目をこなせる物を用意しましょう。

ブラジャーもピンキリではありますが、意外と高額なものも多いです。たいだい数千円しますよね。何個も何個も買える余裕があれば別ですが、できるだけ長く使えるようにもしたいです。ブラジャーの正しいサイズを知り、ブラジャーを正しく付けて、ブラジャーの形が崩れないように正しく保管しましょう。