バストアップ

いきなり手を出さないで。豊胸手術は最後の手段に!!

バストアップを考えている人にとって、豊胸手術は一刻も早くしてしまいたい手術です。確かに、確実にバストアップもできます。なによりも、すぐに結果を出す事ができるので、安心感・達成感はハンパなものではないでしょう。

しかし、豊胸手術をするのもリスクがあります。まずは金額。手術を行う病院によって金額は違うでしょうが、安いと言える金額の病院はないでしょう。高額です。「イメージと違ったから、もう1回手術を…」なんて思っても、簡単に手を出せる金額ではないでしょう。手術と言うだけあって、失敗するかもしれない事も忘れてはいけません。

高額なお金を支払ってバストアップに成功し、自信のあるバストに変身したものの、その後に訪れるリスクもあります。豊胸手術で主に行われている豊胸バックを入れる手術。確実なバストアップ!豊胸バックで触感も良いバストに変身触感も良く、元々のバストになじむと評判ですが、このバックは時間と共に古くなります。古くなったバックが、体内で敗れてしまい、中身が体内へ流れ込むと、時には命に関わってしまう事もあるのです。

それに比べて、金額も安全面も良くなったと言われるのが、脂肪注入です。お腹やお尻の無駄な脂肪をバストに移す事ができ、一石二鳥な方法ですが、半年もすれば、注入した半分の脂肪が身体に吸収されてしまい、また、バストアップの為に脂肪を注入しなければいけなくなってしまいます。さらに、お腹などから脂肪を取らなければいけないので、バスト以外にも負担がかかってしまいます。

今のところ、最も安全で、持続性も高く、自然なバストを作りあげてくれると言われているのは、ヒアルロン酸の注入です。触感も柔らかく、良いバストができます。ヒアルロン酸を注射するだけなので、負担も少なく、他のものに比べるとリスクも少ないでしょう。しかし、持続性が高いと言っても、1年~2年の話です。理想のバストを持続するには、定期的にヒアルロン酸を注射しなければいけません。

主に行われている3種類の豊胸手術について書きましたが、安全と言ってもリスクは捨てきれません。また、豊胸手術を行っている人は、豊胸手術をしていない人に比べて、万が一、乳がんなど胸の病気になった時、発見しにくいとも言われています。これも、場合によっては命に関わってしまいます。様々なリスクについて、しっかり学習する必要があります。

高額な金額を支払って、豊かなバストと共にリスクも購入するのであれば、お金もリスクもなく、自分の力でバストアップができたらいいと思いませんか?バストの成長には体質などにより、個人差が出てしまいますが、自分で大きくする事は不可能ではありません。なんらかの方法を試してみて、どうしても結果が出せなかった、どうしてもバストアップがしたい、そう思った時の最後の手段に豊胸手術は置いていてもいいかもしれません。

バストアップの基本!女性ホルモンの分泌を正常にしよう

バストアップを成功させるには女性ホルモンの分泌が大切です。元々、思春期の頃の女性ホルモンの分泌によって、バストは大きくなっていきます。なので、大人になった今でも、バストアップに女性ホルモンは必要だと言えるでしょう。

女性ホルモンを分泌させるには、まずは生活習慣を改善していくべきかもしれません。睡眠時間や食生活など、乱れがちな部分を治していきましょう。ホルモンバランスはストレスにも大きく左右されますので、ストレスも溜めないようにしましょう。生理不順などを持っている人は、治しておきましょう。ホルモンをより正常に働かす為にも生活習慣を直す事は大切です。

女性ホルモンを分泌させるには、1番いいのは“恋”です。『恋をすると若返る』なんて言いますが、当り前なのですが、実際には若返っていません。気持ちの問題といいますか、女が女でいれる時間というのは、とても若い気になれるものなのです。これも女性ホルモンの影響かと言われれば分かりませんが、恋をすると女性ホルモンが多く分泌されるのは確かです。

結婚して夫婦になると、冷めてしまうというか、恋人時代のようなトキメキはなくなってしまうものです。その分、ホルモンの分泌も少なくなってしまいます。たまには昔のように2人でデートをするとか、新しい事にチャレンジするとか、マンネリを解消してみましょう。仕事が忙しくて恋する暇もない人も、恋をするゆとりを持たせることは大切です。恋をしましょう。

泣く程の感動をする事も女性ホルモンを分泌すると言われています。たまには彼や旦那様と一緒に感動映画を見るのも良いかもしれませんね。また、単純に楽しいことをするのも良いです。趣味など、自分の好きな事に没頭している時間というのは、すごくリラックスしている時間なのです。リラックスもホルモンの分泌を良くしてくれます。

リラックスと言えば、アロマも良いですね。お部屋でゆっくり本を読む時間や、TVを見る時間にアロマをたいて、香りを楽しみましょう。ゆっくりリラックスしながら、趣味を楽しんだり、彼や旦那様とお話したり、ゆったりと過ごしてみてください。

また、女性ホルモンに良い食べ物もあります。乳製品が良く、豆乳なんかが有名ですよね。だからといって、女性ホルモンに良いものを食べるだけでは意味がありません。栄養バランスを整え、偏った食事をしないようにしましょう。外食など、どうしても偏りそうな時はサプリメントなどに頼るのも良いかもしれません。

驚く事に、女性ホルモンの正体はコレステロールだそうです。無理なダイエットをするとホルモンが分泌されないという事も分かりますよね。コレステロールの取り過ぎは良くありませんが、適度に取る必要もあるようです。女性ホルモンはバストだけでなく、女性に取って大切なホルモンです。適度な運動もプラスして、女性ホルモンをたくさん正常に分泌させましょう。

あきらめないで!!貧乳の悩み、そしてママの切実な悩み

もう立派な大人なのにバストがない…。着たい服を買ってもバストが小さい為に、着てみるとなんだかイマイチ。特に夏の薄着なんてバストがない事が目立ってイヤ!バストさえあれば…。こんな悩みを持っている人も多いでしょう。立ったり、座ったりしている時は普通にバストがあるように見えるけれども、寝転がるとバストが全くないと悩んでいる人もいるようです。

また、元々バストに自信があって、どんな洋服もビキニも完璧に着こなしていても、赤ちゃんを産んで母乳をあげ、やっと育児が一段落し気が付けば、バストがしぼんで垂れ下っていたなんて事も多いです。赤ちゃんにしぼりとられてしまったんですね。また妊娠中や授乳中はバストが大きくなります。重みで垂れてしまうのです。

バストアップを夢見る人の理由は様々なのですが、結局、最終的に辿り着くのは“見た目”のようです。バストが小さいと病気になるとかのリスクを背負っているわけではなく、単なる見た目で大きい方が良いと思っているのですね。まぁ、女性なら誰もが思う事なので心配ありません。

悩んでいるだけでは、バストの大きさは変わりません。バストは必ず大きくなります!大人になった今からでも大きくする事は可能なのです。もっと自分に自信を持つ為にも大きくしてみるのもいいかもしれません。

ちなみに、寝転がるとバストがないと悩んでいる人、それは普通の事です。胸の筋肉をかなり鍛えていれば別ですが、基本、バストは脂肪なので、寝転がると横に流れてしまいます。よくアダルトビデオなどを見て「あれ?」と思う女性がいるようですが、アダルト女優さんにも豊胸手術などをしている人が多いので、バストの中に何か入れている証拠です。

バストを大きくする方法ですが、1番確実に手っとり早く大きくするならば豊胸手術でしょう。手術方法も様々で、安全な手術も多くあります。しかし、手術ですのでリスクがないわけではありませんし、お金も高くなってしまいます。

でも、あきらめなくて大丈夫です。豊胸手術は最後の手段に考えている程度でいいでしょう。普段の生活習慣を変えるだけで、例えば食べ物をバストアップに効果的な食べ物に変えたり、バストアップに良いマッサージやエクササイズを行ったり、お金をかけずにバストアップに成功している人も多くいます。

豊胸手術でないと、いきなり何カップも大きくしたり、確実にというわけにもいきませんが、少しずつでも大きくする事は不可能ではありません。もちろん、すぐにでも大きくしたい人は豊胸手術を行うのも手です。羨ましいなぁ…。とあきらめてばかりいないで、何か行動を起こしてみましょう!!