バストアップ

確実なバストアップ!豊胸バックで触感も良いバストに変身

豊胸手術には様々な種類があります。時代と共に、より安全な手術が行えるように進化してきているようです。中には失敗の方法とも言えるものもありますが、失敗していたからこそ、現在の安心できる方法が生まれたのです。

そもそも、美容目的で豊胸が行われだしたのは1950年代。この頃は“パラフィン”や“シリコンジェル”を直接バストの皮下に注入する方法でした。しかし、この方法では組織の壊死などの合併症を多く発症させてしまい、更に後遺症が残ってしまう事も多かったようです。

そこで発明されたのがインプラントです。直接注入するのではなく、シリコン製のバックに注入してから、そのバックをバストに入れるのです。しかし、このシリコンバックによるインプラントでは、最初の頃は問題なくても、数年経つとバストが変形してしまったり、体内でバックが破損する事が相次ぎ、インプラントメーカーが訴訟されるという事がありました。破損した後、体内に漏れたジェルなどが、健康被害をもたらしてしまったのです。

使用停止と言われてしまったバックによる豊胸手術ですが、数年後にはシリコンジェルではなく、人間の体内の状態に近いと言われる、生理食塩水を入れたバックも開発され、例え破損して漏れても、体内と同じような成分と言う事で(だからと言って安全とも言えませんが)、多くの女性の豊胸手術を行うようになりました。

このような豊胸バックを使用して豊胸手術を行う方法は、主に外国での使用のみでした。日本では安全を保証できないと敬遠されていたのです。しかし、最近では日本でもこの豊胸バックによる手術を行える病院も増えているようです。漏れた中身が健康被害になるという事も、ガンや免疫疾患との因果関係は否定され、体内でバックが破損し漏れた時に、流失を防ぐシリコンバックが開発されたのです。

しかし、この豊胸バックは今でも問題点は少し残っています。流失を防ぐと言っても、まだ体内で破損する可能性は捨てきれない事、感染症などの危険性が捨てきれてないのです。また、この方法は切開しなければいけません。主にわきなど目立たない場所ではありますが、切開を行うので、抵抗のある人もいるでしょう。

とはいえ、この豊胸バックもかなり進化しています。バックが破損しなければキレイな形も維持できますし、なんといっても触感が良い事が利点です。違和感が少なくて、元々のバストにも馴染みやすい点も良いところです。

より安全なものを開発され、安心してインプラントできる時代になってきてはいますが、破損はどうしても心配なものです。昔に比べると健康被害への影響は少ないようですが、この手術を行った場合、異常を感じたらすぐに病院で検査ができるよう、アフターケアも完璧な病院を選んだ方がいいかもしれません。

夢の豊胸手術♪しかし命に関わってしまう事もあるんです!!

バストアップをするのに1番早く、そして確実にアップできるのは“豊胸手術”でしょう。少々、高額ではありますが、誰でも確実にバストアップができる、手っ取り早い方法です。高額で支払えない、手術と聞くと恐い…。もし、リスクの皆無と、お金さえあれば、誰でも1番に飛びつく方法なのではないでしょうか?

しかし、手っ取り早い豊胸手術も100%成功という訳ではないようです。先日、たまたまなんとなく見ていたTVですが、豊胸手術の失敗例を特集していました。私の心の中にも、豊胸手術をしたいという思いはあったので、見入ってしまう内容のものでした。

その女性はちょっと有名な人で、いわゆる女優さんです。彼女の悩みは貧乳な事。演技をする時に、胸がない事によって、女性らしいセクシーな演技ができないのが悩みでした。そこで彼女は思い切って豊胸手術を受けるのです。

手術は無事成功し、その後は自信を持って女優業に励み、彼女の功績はグングン伸びて行きました。本当に胸がなかったのが原因だったのか…と思う程に伸びていったのです。女優として幸せな日々を送ること数年、急に悲劇が訪れたのです。

急に胸の辺りの激痛、そして出血。初めの頃は、貧血・疲労感、急な痛みが少しだけというのが続き、ついに出血までしたのです。更には立っている事も困難な状況に。息をする事も苦しく、ついに倒れてしまいます。病院に運ばれ、一命は取り留めた彼女。過去に豊胸手術をしていた事を思い出します。

そうです。原因は豊胸手術だったのです。彼女が行った豊胸手術方法はバストの中に豊胸バックを入れる方法でした。その豊胸バックの大きさだけ、胸を大きくできるので、簡単であり、確実な手術です。昔はこの方法が一般的だったようですね。

豊胸バックを入れたばかりの頃は、全く問題もなかったのに、数年経ったら彼女のようになってしまうのは、このバックの耐久性のなさが原因です。彼女のバストの中に入っていた豊胸バックが破れてしまったのです。

豊胸バックが破れ、バックの中の液体が体内に出てしまい、雑菌が繁殖した為に、様々な症状を出してしまっていたのです。彼女の場合、すぐに豊胸手術をした事が原因だと分かりましたし、すぐに処置を行う事ができましたが、もしかしたら命に関わっていたかもしれません。

現在では、様々な手術方法があり、もっとリスクの少ない手術が行われています。しかし、彼女が手術をした時も、この方法が1番安全だと言われていたのでしょう。“手術”を行う以上、このような危険な話でなくとも、なんらかのリスクはついてきます。しっかり理解してから行いましょう。

なんで私は貧乳なの!?バストの大きくなる仕組みとは?

小学校高学年の頃から、どんどん大人の体へと変わっていく私たち。女の子だったら誰でも気になっていた事があるはずです。「あの子も生理になったかな?」「もうブラジャーしてるのかな?」こんな事を考えた事はありませんか?直接聞くのも恥ずかしくて、聞けないままですよね。

体育の授業の着替えの時、健康診断の時、友達のバストを見てしまった事もあるでしょう。「私のはあんなに大きくない…。」悩んだ人もいるはず。もっと大人になったらきっと私も大きくなると言い聞かせたりもしたものです。そもそもバストの大きくなる仕組みとはなんなのでしょうか?

小学校高学年の頃から、生理が始ったり、バストが大きくなってきたり、おしりが大きくなったり、女の子から女性へと変化していきますが、これは繁殖をする準備なのです。子供の産める体になっているのです。バストが大きくなるのも、赤ちゃんに母乳を与える準備が始まったからなのです。

思春期になると、卵巣から女性ホルモンの分泌が盛んになってきます。それと同時に乳腺の発達が始まります。乳腺は母乳を出すのに大切な役目を持っています。乳房のなかには腺房があり、ここでお乳が作られます。このお乳が乳管を通って母乳が出るのです。乳腺が発達しないと難しい事なのです。

この大切な乳腺を守る為に、バストは大きくなっていくのです。バストのほどんどは脂肪です。女性ホルモンによって、脂肪は付きやすくなるようです。女性らしい、ふっくらとした体つきになるのも、女性ホルモンが関係していますしね。

思春期に女性ホルモンが分泌されて、乳腺を守る為に脂肪がつき、バストが大きくなっているのです。元々の脂肪の量であったり、分泌されるホルモンの量、体質などで、バストの大きさに個人差が出てしまうようですが、そもそものバストの役割であるお乳を出す為の乳腺を守るという事は出来ているのです。だから貧乳だからダメとかではないのです。ここは安心しましょう。

そもそものバストの役割だけを考えると、バストの大きさに悩んでいることすら間違っているような気がします。バストは見せものではないのです。大きさを誇りにするものではないのです。と、分かっていても、やはり女性にとって気になるバストの大きさですよね。

元々は脂肪です。また赤ちゃんを産んでお乳をあげたら、悲しい事にしぼんでしまう事も多いです。せっかく、乳腺を守る為に今のバストになったのですから、赤ちゃんを産んでからバストアップに挑戦するのも1つの考え方かもしれませんよ。