バストアップ

バストアップに効果的なツボを知って理想のバストをゲットしよう

バストアップと聞くとまず思い浮かべるのはエクササイズやマッサージですが、バストアップに効果的なツボがあるのはご存じですか?もちろんエクササイズやマッサージを行うことはバストの筋肉を強化したり、肌のハリを保つためには欠かせませんが、それに加えてツボを刺激することでより高い効果を感じることができるでしょう。

まずはだんちゅうと呼ばれるバストの中心にあるツボです。ちょうど乳首の高さにあり、これを日本の指で優しく押すことにより女性ホルモンの分泌を促します。鎖骨と脇の中間に位置するちゅうふというツボは胸の筋肉のリンパに働きかけリンパの流れを活発にします。脇の下のツボは呼吸器と関係が深く、咳がひどいときなど呼吸を整える機能を持っています。ようそうはバストトップと鎖骨の間に位置するツボで血液の流れをよくしてくれます。またこのツボを押すと母乳がよく出るようになるので授乳中の人は入浴後など体が温まっている時に刺激するといいでしょう。にゅうこんと呼ばれるツボは乳腺炎にも効果があると言われています。てんけいは乳輪の横にあるツボでバストアップに最も効果があるツボの一つです。ここを刺激すると乳腺が刺激され、バストの形がよくなります。またバストの下にはてんすう、かんげんなどいくつか胃や腸に働きかけるツボがあり、これらのツボはお腹の調子を整えることでバストのハリを取り戻すのはもちろん、全身の健康を促すと言われています。

このようにバスト周辺にはバストアップはもちろん女性らしい体づくりに必要不可欠な女性ホルモンの分泌を促してくれるツボが多数あります。ただツボの位置や刺激する方法、力の入れ具合などは素人にはわからないことも多いので、本などを参考に正確に行うようにしましょう。

バストアップに効果的な食べ物を毎日の食事に取り入れよう 

豊かで形のいいバストを持つことは女性にとって永遠のテーマと言えます。歴史的な美女に貧弱なバストの持ち主はいないし、現在人気のあるタレントも美バストを持つ女性が多いのは確かです。豊満なバストは女性らしさの象徴であり、モテる女の条件でもあります。

バストアップのためにどんなことをすればいいのでしょうか。筋トレなどのエクササイズやマッサージは効果が高いと言われていますが、運動は苦手、、、毎日続けるのはちょっと、、、という人も多いはずです。そういう人はまず毎日の食生活を見直してみてはどうでしょうか。バストアップにかかせない食品は案外身近に多くあります。

まず第一に挙げられるのが大豆製品に多く含まれるイソフラボンです。イソフラボンは女性ホルモンと似た作用をし、肌のハリとうるおいをキープしたり、女性らしい体を作る効果があると言われています。豆腐だったら一丁、納豆なら一パック、毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

次に重要なのがタンパク質です。胸を支える筋肉や骨などを作るために良質のたんぱく質は欠かせません。チーズやヨーグルトなどの乳製品、肉類はもちろん、ナッツ類の植物性たんぱく質も積極的に摂取して欲しいものです。

忘れていけないのがビタミンとミネラル。ビタミンは肌や粘膜を健康的に保つために絶対に必要な栄養素で、中でもアンチエイジングビタミンと呼ばれているビタミンEはバストアップにとても効果的です。アボガドやかぼちゃなどの食品に含まれますので意識して食べるようにしましょう。ミネラルの中でも亜鉛はタンパク質の合成を助け、細胞の再生を促し、健康的な筋肉や肌を作り出します。体内で合成できない栄養素ですので海藻類などから積極的に摂取することをこころがけましょう。

このようにバストアップに効果的な食品のほとんどが健康を維持するためにも重要な栄養素であり、バストアップと同時に体の他の部分も強化してくれます。単独で摂取するというより、自分なりに効果的なメニュを考え、毎日の食事にどんどん取り入れましょう。外食が多い人はなるべく自炊することを心がけ、インスタント食品などを食す回数を減らすことが大切です。食品添加物や糖分の摂りすぎは老化を促進すると言われていますので気をつけましょう。

バストアップに効果的なエクササイズでバストを支える筋肉の強化

一昔前に比べると日本人女性のバストの平均サイズはアップしたし、形もきれいになりました。それでも自分のバストにコンプレックスを持つ人は多く、理想のバストに近づこうと日夜奮闘しています。バストアップの基本はエクササイズ、マッサージ、食事法の3つです。どれか一つ欠けても十分な効果は得られないし、毎日少しづつ続けることがとても大切です。毎日時間をとることが難しい人は2日に一度でもいいですから、継続して行うことが重要です。美バストは一日にしてならず、です。

エクササイズは美しいバストの土台である筋肉を整えるという意味でとても大切です。ボディビルダーになるわけではないのですからジムに通うなどのハードな運動は必要ありません。自宅で手軽にできる3つの基本的なエクササイズをここでは紹介したいと思います。

まずは腕立て伏せ運動です。これはバストを支える大胸筋を鍛える運動です。ただ難点はかなりハードな動きなので今まで運動と無縁だった人がいきなり回数をこなせるわけはありません。腕立て伏せが困難な場合は直立し、壁に腕をついて、腕立て伏せと同様の動きをしましょう。自分ができる範囲で無理のない運動を続けていくことが大切です。

次は足を開いて立ち、合掌のポーズで両手を互いに押し合いましょう。肘を90度に曲げて、胸の前に行います。バストの両脇がぴりぴりと緊張するのがわかります。これを1回15秒で3-4回行うとよいでしょう。

最後は同様に足を開いて立ち、胸の前で肘を90度に曲げ両腕を閉じたり開いたりします。バストアップのエクササイズはいずれも回数こなすことよりも呼吸を整えながらゆっくりと行うことに意味があります。胸筋が動いていることを意識しながら行いましょう。

この基本の3つのエクササイズを入浴後などにやってみましょう。またエクササイズ後にマッサージを行うとより効果的です。マッサージは下から上へ、脇から中心へ、さするように行うようにしましょう。このようなマッサージはエクササイズで疲れた筋肉をほぐし、リンパや血液の流れをよくします。体をリラックスさせ質のよい眠りにつきましょう。