バストアップ

マッサージの後はバストアップクリームでもっと効果を実感しよう

顔には化粧水や美容液、体にはボディローションを使うのですから、バストにもバストアップクリームを使ってあげましょう。バストアップクリームにはどのような効果があるのでしょうか。バストは元来筋肉量が少なく、なかなかエクササイズによってコントロールするのは難しい場所です。マッサージのあとにプエラリアなどの女性ホルモンを含む植物のエキスなどを配合するクリームを塗ることでバストアップ効果を高めます。バストアップクリームはバストのハリやボリュームアップはもちろん、バストラインをキープしてくれます。

バストはホルモンのバランスが崩れたり、加齢によって重力に逆らえずどうしても下に垂れさがってしまいます。バストアップクリームには様々な有効成分が含まれていますが、中でもプエラリアミルフィカやプラセンタ、ヒアルロン酸はバストのハリとうるおいを保つためには欠かせない成分です。いずれも女性ホルモンに似た作用をする成分でイソフラボンの数倍もの効果を発揮します。ワイルドヤムなどはあまり日本人にはなじみのない植物ですが、それをはじめ海外で推奨されるハーブなどを数十種類含むクリームも販売されています。

コラーゲンやヒアルロン酸などはバストのハリをアップさせ、ビタミン各種は肌のキメを整え透明感を出すなど美白効果があります。バストアップと同時にバストや乳首の色素沈着をも改善させることもあります。他にも女性らしい体を作るザクロエキスや良質のミネラルやアミノ酸を含む海藻エキスを配合しているものもあります。バストアップクリームは無添加、無着色、パラペンフリーで肌に負担をかけません。クリームはとても伸びがよく使いやすいと高評価です。

バストアップクリームはそれ自体でバストアップや美白効果がありますが、単独で使用するよりもエクササイズやマッサージのあとに使用する方がよりその効果を発揮します。入浴後は体が温まり新陳代謝も活発になっていますので、入浴後にマッサージを行いその前後にクリームを使用するといいでしょう。また毎日の食事を見直し、バストアップに効果的な食品、イソフラボンを含む大豆製品や良質なたんぱく質を含む肉類を多く摂取するように心がけましょう。

生で食べることがおすすめ、キャベツの成分にもバストアップ効果が

食事は健康な身体を作るためにはもちろん、美しい身体をキープするためにも重要なものです。栄養が偏った食事を摂っていたり、いつも同じものばかりを食べていたり、好き嫌いが多かったりする場合は、食事から十分な栄養を摂ることができなくなってしまいます。

食事から摂ることのできる栄養は、バストの成長にも関わっていますので、成長期の皆さんはもちろん、成人して大人なってからも、バストアップのために毎日の食事に気を遣っていくことをおすすめします。

特にバストアップに効果的な食材を積極的に食事に取り入れることで、よりバストアップ効果を高めていくことができますから、まずは毎日の食事からバストアップを目指してみると良いでしょう。バストアップに効果的な食材には様々なものがありますが、ここでは「キャベツ」について見ていきたいと思います。

キャベツは生のまま千切りにして揚げ物の付け合わせにしたり、色々な野菜と炒めて食べたり、または茹でて食べたり、蒸して食べたりするなど、食べ方にもバリエーションがありますよね。皆さんもそれぞれ好きなキャベツの食べ方があるかと思いますが、バストアップのためには生のキャベツを食べることをおすすめします。

どうして加熱してはいけないのかというと、これにはキャベツに含まれている「ボロン」という成分が大きく関係しています。ボロンはキャベツ以外の食材にも含まれている成分ですが、熱に弱い成分であるため、炒める・茹でる・蒸す・焼くなどの加熱処理を行うと、ボロンのバストアップ効果が十分に発揮されなくなってしまいます。ボロンの効果を最大限に発揮させるためにも、キャベツはできるだけ生のまま摂るようにしてください。

では、キャベツに含まれているボロンには、どのようなバストアップ効果が期待できるのでしょうか?バストアップをするためには、女性ホルモンの働きを活性化させることが重要となっていますが、ボロンには女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の働きを高めていく効果があります。

分泌が増えたエストロゲンはバストの中心にある乳腺に働きかけ、バスト全体の脂肪を増やしていく効果を発揮します。バストはほとんどが脂肪で構成されていますから、バストアップするためには脂肪を増やしていくことが不可欠です。そのため、エストロゲンの分泌を活性化させる効果のあるボロンを摂ることで、バストアップに繋げていくことができるというわけです。

皆さんもボロンが豊富に含まれているキャベツを食べて、バストアップを目指していきましょう。また、ボロンはサプリメントから摂ることもできますが、可能な限り生の食材から摂ることをおすすめします。

ボロンだけに限らずサプリメントは便利なものですが、サプリメントはあくまでも栄養補助の役割で、重要なのは食事でです。毎日の食事はしっかり摂るようにし、サプリメントだけに頼るようなことはやめておきましょう。

栄養満点!肌をキレイにしながらバストアップ効果を発揮する野菜たち

野菜は健康維持にはもちろん、美容にも欠かせない食材です。皆さんは普段どのくらい野菜を食べているでしょうか?ついつい栄養バランスが偏りがちなる、好き嫌いをしてしまう、カロリーの高い食事ばかりを摂ってしまうなど、野菜を食べる機会が極端に少ない、という皆さんも多いかもしれませんね。

現代人の食生活は不規則になっていることが多く見られているため、野菜を十分に摂れていない人も決して少なくありません。野菜には栄養がたくさん含まれていますから、野菜を摂らない生活を長く続けていると身体の免疫力も落ちてきてしまいますし、肌の状態も悪くなっていきます。慢性的な野菜不足は健康にも美容にも良い影響を与えませんので、健康な身体とキレイな肌を作るためにもまずは毎日の食事に野菜を取り入れてみることから始めてみてください。

そして、もちろんバストアップにも野菜に含まれている栄養素は不可欠となっています。食事から摂る栄養が十分でない状態では、バストに栄養が行き渡らず、バストを成長させることができなくなってしまいます。特に中学生や高校生などの成長期の皆さんにとって栄養不足は非常に危険です。体型を気にし始めてダイエットをすることも多い時期ですが、毎日しっかり野菜を食べることこそが健康的でスリムな身体に繋げていくことができますので、好き嫌いをせず食べるようにしましょう。
(⇒ダイエットとバストアップ

では、ここからはバストアップに効果的な野菜と、その野菜に含まれている栄養素について詳しく見ていきたいと思います。

まず1つ目は「キャベツ」です。キャベツに含まれている「ボロン」という成分には女性ホルモンを活性化させる働きがあることから、ボロンが豊富に含まれているキャベツを食べることで結果的にバストアップに繋げていくことができると考えられています。ただし、ボロンは加熱処理すると効果が失われてしまうため、キャベツを食べる時はできるだけ生の状態で食べるように注意してください。

次は「緑黄色野菜」ですが、緑黄色野菜といっても様々な種類がありますよね。ほうれん草、にんじん、トマト、ピーマン、ブロッコリー、かぼちゃなど見た目としてもとてもカラフルな野菜であることが特徴的となっています。この緑黄色野菜には「ベータカロチン」が豊富に含まれているのですが、ベータカロチンは摂取すると体内で「ビタミンA」に変換されます。

ビタミンAにはバストのハリを保つ効果があることから、バストアップに最適な栄養素として知られています。ハリのある若々しいバストのためにも緑黄色野菜を積極的に摂ってみてください。ビタミンA以外にもビタミン類はバストアップ効果が期待できますので、野菜からビタミンをたっぷり補給していきましょう。

そして、一見太りそうなじゃがいもやさつまいもにもビタミン類は豊富に含まれていますので、同じ炭水化物を摂るならご飯よりもカロリーの低いいも類を選んでみると良いでしょう。