バストアップ

バストアップは身体を温めてから、冷え症の改善にも効果的な方法

皆さんは「冷え症」の悩みを抱えてはいませんか?冷え症になると身体が芯から冷えやすくなり、外側から温めても身体が暖かくならず、基礎代謝や脂肪の燃焼効率にも大きく関わってきてしまいます。このような身体の冷えはバストアップにも深い関わりがあり、身体が冷えているとバストアップ方法を試してみても効果が現れにくくなってしまうと考えられています。

冷え症になると基礎代謝も落ちますから、バストのハリがなくなり垂れやすいバストになってしまいますし、バストだけではなく女性らしいボディラインを保つ効果も減少してしまいます。その他、冷え症は様々な病気にかかりやすい状態にさせてしまうこともあるので、バストアップだけではなく、健康的な身体を手に入れるためにも冷え症を改善させることが重要とされているのです。

では、冷え症を改善しながらバストアップさせていくためには、どのような方法を試せば良いのでしょうか?まずは基礎代謝を上げることから始めてみることをおすすめします。基礎代謝が落ちている状態は身体が冷えやすく、体内には老廃物も溜まりやすくなっています。老廃物が溜まるとリンパの流れや血液の流れが悪くなることから、バストにも徐々にハリがなくなっていきます。血行不良によって指先やつま先が冷えやすくもなりますし、人によっては脚全体が冷えてしまうということもあります。

冷え症の症状は人それぞれですが、基礎代謝が落ちていることが原因と考えられている場合が多く見られていますので、基礎代謝を上げるために身体の中から温めていくことを心がけましょう。温かい食べ物や飲み物などはもちろん、運動によって身体を温める、湯船に浸かって身体を温めることなども効果的です。

運動による基礎代謝の上げ方としては、やはり筋肉をしっかり鍛えることがおすすめですね。筋肉が適度についている身体は太りにくく痩せやすい身体になっていますが、これは基礎代謝が高いことからダイエット向きの身体になっているのです。反対に基礎代謝が落ちていると太りやすく痩せにくい、ダイエットに不向きの身体になってしまっている状態なので、脂肪も溜まりやすく女性らしいボディラインを保つ妨げになってしまいます。

バストはほとんどが脂肪で構成されていますが、基礎代謝が落ちているとリンパや血液の流れが悪くなることから形の崩れやすいバストになってしまいますので、どんなに大きなバストでも基礎代謝を上げなければキレイな形を保つことができなくなってしまうのです。特に大胸筋はバストを支えている重要な筋肉でもあり、鍛えることで基礎代謝向上の効果も期待できる筋肉となっているため、大胸筋を中心にトレーニングを始めてみると良いでしょう。

また、腹筋や背筋、大腿筋といった広い範囲の筋肉を鍛えることでも基礎代謝を上げていくことができます。バストアップと冷え症の改善のために、ぜひ筋力トレーニングを始めてみてください。

手軽なパッドを使ってバストアップ、パッドの重ねすぎには気をつけて

手軽にバストを大きく見せる方法に「パッド」を使ったバストアップ方法があります。一般的なブラジャーに入れて使うパッドは、元からブラジャーに付いている場合もあればオプションとして入れることも可能であるため、ブラジャーにパットを入れることによってバストのサイズを大きく見せることができるというわけです。

パッドによってバストを大きく見せるコツとしては、やはりバストの脇からパットを入れてバスト全体にボリュームが出るようにすることになります。バストが脇から寄せられるようになるため、谷間も作りやすくなりますし、胸元が広く開いた服も自信を持って着られますよ。バストが小さくて悩んでいる皆さん、今すぐにバストを大きく見せたいという皆さんは、ぜひパッドをブラジャーに入れることでバストアップさせてみてはいかがでしょうか?

ただし、パッドを入れる量によってはとても不自然なバストアップになってしまいますのであらかじめ注意が必要です。ブラジャーにパッドを重ねて入れていくと、面白いようにバストを大きく見せることができるようになるため、パッドをどんどん増やしてしまう人も少なくありません。バストが大きな女性はとても魅力的ですが、不自然なバストの大きさはスタイル全体の印象を悪くしてしまいますし、触ってみるとすぐにパッドを入れていることが分かってしまいます。

恋人とのデートでバストをキレイに見せるためにブラジャーにパッドをたくさん入れて出かけても、いざバストに触れられるような状況になった場合、パッドの固さで覆われたバストでは男性も気持ちが下がってしまいます。パッドによってバストを大きく見せることはできても、それは服を着た上から見た状態だけで、実際にバストの柔らかさまで表現できるわけではありません。皆さん自身が恥をかかないようにするためにも、ブラジャーに入れるパッドはほどほどに、決して重ねすぎないように注意してくださいね。

また、同様の例としては、本物のバストと豊胸手術を受けたバストとでは触り心地に大きな違いが感じられます。近年の豊胸手術では自然なバストのふくらみを形作ることができるようになっているものの、実際にバストに触ってみると本物のバストとは違った感触になってしまうことが特徴的です。

バストが小さいことがコンプレックスで「豊胸手術を受けたい!」と思っている皆さん多いかと思いますが、本来のバストの柔らかさと豊胸手術のバストの感触には大きな違いがあるので、実際に手術を受ける前にその点をよく理解しておくことをおすすめします。
(⇒男性から見た豊胸手術のバスト

見た目としてはとても柔らかそうなバストでも、豊胸手術を受けているバストは触ればすぐに分かってしまう、という男性も少なくありません。バストに自然な柔らかさを求めるのであれば、豊胸手術を受けるのではなく、バストアップマッサージなど自然なバストに成長させることができる方法を選んで試してみるようにしましょう。
自然にバストを大きくできるバストアップマッサージ

医師の技術力や信頼性が重要、豊胸手術を受ける美容整形外科の選び方

日本には多くの美容整形外科クリニックがあります。クリニックでは様々な美容整形施術を受けることができるようになっていますが、バストアップ施術もまた人気の施術の一つで、美容整形によってバストアップに成功した女性も数多く見られています。皆さんの中にも「豊胸手術を受けたい!」という人は多いかもしれませんが、どこか不安に感じている人も少なくないのではないでしょうか?

バストアップ、と簡単に言っても豊胸手術は手術ですから、不安に感じてしまうことも無理はありません。失敗してしまったらどうしようとか、本当にバストが大きくなるの?と疑問に感じている人もいるかもしれませんね。こうした不安や疑問があるようであれば、すぐに豊胸手術を受けるようなことはせず、もう一度よく考えてみることをおすすめします。

豊胸手術は施術方法も様々ですし、施術が受けられるクリニックもたくさんあります。自分が選んだクリニックでは本当に満足したバストアップ施術を受けることができるのか、よく考えて納得した上で施術を受けることを決めるようにしましょう。では、ここからは豊胸手術が受けられる美容整形外科クリニックの選び方について詳しく見ていきたいと思います。

まず豊胸手術を受ける上ではクリニックに通う必要がありますので、自宅からできるだけ近いクリニックを選ぶことがポイントとなっています。自宅からではなくても駅から近いとか、通いやすい場所にあるクリニックを選ぶと良いでしょう。

ですが、中には美容整形外科に通っていることを周りに知られたくない、という皆さんもいるかと思います。そのような場合は意識して少し遠方のクリニックを選んでみたり、何駅か離れたところにあるクリニックを選んでみたり、自分なりに良い条件を考えてみてください。ただあまりに遠すぎると今度は通うことが億劫に感じてしまうこともありますので、第一に通いやすさに注目してみるようにしましょう。

そして実際に豊胸手術を受けるにあたり、必要なものは医師の技術力と信頼性です。豊胸手術を受ける皆さん自身が安心して医師に任せられなくては施術を受ける意味がありませんので、技術力があって信頼性の高い医師のいるクリニックを選ぶよう注意してみてください。

友人や知人から評判の良い医師がいるクリニックがあるなど、確かな口コミ情報がある場合は情報を参考にしてみても良いですね。そのクリニックでバストアップ施術を受けたことがある、という人の話を聞くことはクリニック選びの参考になるので、自分が気になっているクリニックの情報をよく調べてみると良いでしょう。

技術力はもちろん、カウンセリングを丁寧に行なってくれる医師がいるかアフターケアまでしっかりしているかなど、信頼性の高さにも注目しながらクリニックを選んでみてください。安全に豊胸手術を受けるためにも、皆さん自身が安心して施術を任せられるクリニックを探してみましょう。