バストアップ

エステで行なわれているバストアップ施術と美容整形には大きな違いが

「胸を大きくしたい!」と思った時、皆さんならどのような方法でバストアップを試してみるでしょうか?現在では様々なバストアップ方法があるため、自分に合った方法でバストアップに働きかけていくことができるようになっています。

例えば、大胸筋を鍛えてバストにハリを出すという方法では、バストを支えている重要な筋肉である大胸筋をトレーニングすることによってバストアップ効果を引き出していくことができますし、バストアップに効果的な食材を摂ることでバストアップ効果に繋げていくことも可能です。バストアップに効果のある食材としては「ボロン」という栄養素が含まれているキャベツ、豆腐や納豆などの大豆食品などが代表的です。様々な食材をバランス良く食事に取り入れてみると良いでしょう。

このように自らの心がけによってバストアップに繋げていく方法が一般的なバストアップ方法として知られていますが、中には「美容整形」を受けることでバストを大きくしたい、と考えている人も少なくありません。近年人気となっている美容整形のバストアップ施術では、ヒアルロン酸を利用した施術、自分の脂肪を利用した施術などが挙げられます。どちらも安全性が高く、施術後のバストの状態も比較的自然に仕上がることから、人気が高まってきているようです。

しかし、美容整形を受けた後のバストは念入りなアフターケアが必要とされます。アフターケアを行なわないとバストの形が崩れてしまったり、バスト全体が硬くなってしまったり、バストを自然な状態に保つことができなくなってしまいます。

また、本人にとっては憧れの大きなバストなることができて嬉しいかもしれませんが、美容整形で大きくしたバストを男性側から見た場合、すぐに整形したバストだと分かってしまう場合もあります。本物のバストと美容整形によってボリュームを出したバストとでは感触も異なりますし、ケアをしっかり行なっていないと形も不自然になってしまいます。もし美容整形によるバストアップを考えている皆さんは、美容整形の良い面だけを見ず、リスクについても十分に知っておくようにすることをおすすめします。

そして、このような美容整形と同じようなイメージで見られるのが「エステ」で行なわれているバストアップ施術です。エステサロンではバストアップ施術だけではなく、ボディケアやフェイスケアなどの施術も行なわれていますが、美容整形とは違って体内にヒアルロン酸を注入したり、脂肪を注入したり、シリコンを挿入するといった施術は一切行なわれていません。

光を使ったバストアップ施術は行なわれていますが、この場合は美容整形ではなくエステ寄りの施術となっていますし、基本的にはバストアップマッサージなどを専門としているのがエステサロンです。エステでの施術と美容整形とでは大きな違いがありますので、今後利用しようと思っている皆さんはこの違いを理解しておくようにしましょう。

思春期をすぎても胸を大きくさせる方法、成長期後のバストアップ

中学生や高校生などの思春期を過ぎてしまうとバストは大きくならないの?と不安に思っている皆さんも多いかと思いますが、決してそのようなことはありません。

もちろん思春期は身体が大人になっていく成長期ですから、バストだけではなく全体的に丸みが出てきて女性らしいボディラインになってきたり、顔つきも徐々に大人っぽくなっていったりするものですが、成長期を過ぎてからでもバストアップをする方法はたくさんあります。

なので、成長期が過ぎてしまっても胸が小さいままとか、大人になっても成長途中の胸だと悩んでいる皆さんは、ぜひ様々なバストアップ方法を試してみてください。まずは試してみなければ結果は分かりませんので、自分が今から始められるバストアップ方法から挑戦してみましょう。

まず、成長期の時期は女性ホルモンの分泌が促進されることからバストが大きく成長していきますが、成長期を過ぎても女性ホルモンの働きを活性化していくことは可能です。ただ年齢と共に女性ホルモンの働きは低下していくので、意識的に女性ホルモンの分泌力を高めていくことが必要となります。

そこでおすすめなのが「大豆イソフラボン」という成分が含まれている食材を食べることやサプリメントの摂取です。大豆イソフラボンには、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」とよく似ている働きがあることから、大豆イソフラボンが含まれている食材を食べることで女性ホルモンが活性化された状態を作ることができるとされています。

女性ホルモンの働きが低下してきている場合は、大豆イソフラボンを意識的に摂ることでバストアップに繋げていくことができるというわけですね。大豆イソフラボンは豆腐や納豆などの大豆食品に含まれているので、毎日の食事に大豆食品を取り入れてみるようにしましょう。

美容に効果的な豆乳にも大豆イソフラボンは含まれていますので、より女性らしさを目指したい皆さんは豆乳を料理に使ってみることもおすすめです。

また、女性ホルモンの活性化は直接乳腺に刺激を与えることでも可能なので、マッサージやツボ押しなどを積極的に生活に取り入れてみると良いでしょう。成長期にはハリのあったバストも、年齢を重ねるごとに徐々に垂れ始めていきます。バストが垂れることを防ぐためにも、マッサージやツボ押しを行なってバストにハリを取り戻し、若々しいバストを保っていきましょう。

さらにバストを支えている大胸筋という筋肉を鍛えることで、バストをより垂れにくくすることもできます。大胸筋はバストを支えている重要な筋肉なので、しっかり鍛えることで形の良いバストを作り出すことができるのです。バストを大きくすることはもちろん、バストの形にもこだわりながらバストアップ方法を試してみると良いでしょう。

このように成長期後もバストアップすることは可能なので、自分ができる方法から毎日の生活に取り入れていくようにしてみてくださいね。

わかめやひじきといった海草類は野菜よりもビタミン類が豊富に

女性なら誰しも大きくてふっくらとしたハリのあるバストに憧れを抱くものです。しかし現実はその憧れには程遠く、自分のバストはどこか残念・・・と思っている女性はとても少なくないため、様々なバストアップ方法を試している皆さんも多いのではないでしょうか?

現在では色々な方法がバストアップに効果的と考えられていますが、中でも有効なのはやはり食べ物の栄養からバストアップ効果を得る方法です。毎日の食事から摂る栄養は、健康にはもちろん美容にも欠かせない成分ばかりです。

近年ではサプリメントなどに栄養補給を頼ってしまう人も多く見られていますが、食材から摂る栄養とサプリメントから摂る栄養とでは、得られる効果にも差があります。サプリメントを摂ることでも栄養を補給することはできますが、キレイにバストアップしたいらなら、できるだけ食材から栄養を摂ることを心がけることをおすすめします。

さらにバストアップに効果的な食材を中心に摂ることで、より効果的にバストアップをしていくことができますから、皆さんもぜひバストアップ効果の高い食材を使った料理を食べてバストアップを目指してみてください。バストアップ効果が期待できる食材には様々なものがありますが、ここでは「海草類」に含まれている栄養素について詳しく見ていきたいと思います。

まず代表的な海藻類としては「わかめ」が挙げられます。わかめにはカルシウムやカリウムなどの栄養素の他、ビタミン類も豊富に含まれていることが特徴的です。ビタミン類は成分にもよりますが、バストアップに効果を発揮する成分が多く、キレイにバストアップするためには欠かせないものとなっています。わかめにはビタミン類の中でも「ビタミンB2」と「ビタミンA」が多く含まれており、それぞれバストに良い効果を与えてくれています。

ビタミンB2には皮膚や粘膜の状態を正常に保つ効果があるため、ハリのあるバストを保つために欠かせない成分と考えられています。わかめの他には牛乳や卵、ほうれん草やにんじんといった野菜に含まれていますので、わかめと一緒にこれらの食材も摂ってみると良いでしょう。また、ビタミンAにもバストの若々しさを保つ効果があることから、年齢を感じ始めたバストには非常に大きな効果を与えてくれます。

わかめだけではなく「ひじき」にもビタミンAは含まれていますし、その他にも緑黄色野菜などにも含まれているので、海藻だけではなく野菜もたくさん摂ってみることおすすめします。しかし、海藻は全体的に野菜よりもビタミン類(特にビタミンB1、B2、ビタミンCなど)が多く含まれていることが特徴的で、さらにカロリーも低いためダイエットにも効果的な食材となっています。

また、わかめやひじきには女性ホルモンを活性化させる「ボロン」も含まれているので、女性ホルモンの分泌を高めていくためにも毎日の食事に海草類を取り入れてみてください。