バストアップ

バストアップは身体を温めてから、冷え症の改善にも効果的な方法

皆さんは「冷え症」の悩みを抱えてはいませんか?冷え症になると身体が芯から冷えやすくなり、外側から温めても身体が暖かくならず、基礎代謝や脂肪の燃焼効率にも大きく関わってきてしまいます。このような身体の冷えはバストアップにも深い関わりがあり、身体が冷えているとバストアップ方法を試してみても効果が現れにくくなってしまうと考えられています。

冷え症になると基礎代謝も落ちますから、バストのハリがなくなり垂れやすいバストになってしまいますし、バストだけではなく女性らしいボディラインを保つ効果も減少してしまいます。その他、冷え症は様々な病気にかかりやすい状態にさせてしまうこともあるので、バストアップだけではなく、健康的な身体を手に入れるためにも冷え症を改善させることが重要とされているのです。

では、冷え症を改善しながらバストアップさせていくためには、どのような方法を試せば良いのでしょうか?まずは基礎代謝を上げることから始めてみることをおすすめします。基礎代謝が落ちている状態は身体が冷えやすく、体内には老廃物も溜まりやすくなっています。老廃物が溜まるとリンパの流れや血液の流れが悪くなることから、バストにも徐々にハリがなくなっていきます。血行不良によって指先やつま先が冷えやすくもなりますし、人によっては脚全体が冷えてしまうということもあります。

冷え症の症状は人それぞれですが、基礎代謝が落ちていることが原因と考えられている場合が多く見られていますので、基礎代謝を上げるために身体の中から温めていくことを心がけましょう。温かい食べ物や飲み物などはもちろん、運動によって身体を温める、湯船に浸かって身体を温めることなども効果的です。

運動による基礎代謝の上げ方としては、やはり筋肉をしっかり鍛えることがおすすめですね。筋肉が適度についている身体は太りにくく痩せやすい身体になっていますが、これは基礎代謝が高いことからダイエット向きの身体になっているのです。反対に基礎代謝が落ちていると太りやすく痩せにくい、ダイエットに不向きの身体になってしまっている状態なので、脂肪も溜まりやすく女性らしいボディラインを保つ妨げになってしまいます。

バストはほとんどが脂肪で構成されていますが、基礎代謝が落ちているとリンパや血液の流れが悪くなることから形の崩れやすいバストになってしまいますので、どんなに大きなバストでも基礎代謝を上げなければキレイな形を保つことができなくなってしまうのです。特に大胸筋はバストを支えている重要な筋肉でもあり、鍛えることで基礎代謝向上の効果も期待できる筋肉となっているため、大胸筋を中心にトレーニングを始めてみると良いでしょう。

また、腹筋や背筋、大腿筋といった広い範囲の筋肉を鍛えることでも基礎代謝を上げていくことができます。バストアップと冷え症の改善のために、ぜひ筋力トレーニングを始めてみてください。

美容外科よりもエステサロンがおすすめ、光を使ったバストアップ法

人はそれぞれコンプレックスを抱えているものですが、女性の場合はバストに対してコンプレックスを抱えている人が非常に多く見られています。小さくて悩んでいる人もいれば、ハリがなくて垂れていることに悩んでいる人もいますし、形が悪いことからキレイなバストに憧れている人もたくさんいます。

日本人女性はブラジャーのサイズで見てみると、平均的にBカップやCカップがほとんどとされていることから、広い目で見ればそれほど悩む必要もないのですが、やはり街中で大きなバストの女性を見ると「自分もあんなバストになりたいな・・・」と感じてしまうこともあるものですよね。

そんな女性の悩みを解決してくれるのが「豊胸手術」というわけですが、いくらバストを大きくしたくても豊胸手術を受けるのは怖いとか、手術を受けるのにはお金がかかるから、といった理由で手術を受ける前の段階で踏みとどまっている人も少なくありません。

実際に豊胸手術を受けたことで失敗してしまったケースもありますし、バストにヒアルロン酸を入れたり、脂肪を注入してボリュームを出したり、といったバストアップ方法に抵抗を感じてしまうこともあるものです。特にシリコンバッグを挿入してバストアップさせるような施術法は、異物をバストに入れる施術法ですから、余計に怖さを感じてしまうこともありますよね。

このようなことから豊胸手術を受けることを避けている人も多いかと思いますが、それでもバストアップには興味がある、という場合は「エステ」でバストアップを受けてみてはいかがでしょうか?エステサロンで行なわれているバストアップ方法は、美容整形外科で行なわれている豊胸手術とは異なり、バストにヒアルロン酸や脂肪を注入したり、シリコンを入れたりといった施術法を行なうわけではありません。

主にバストマッサージなどを行なうことでバストアップに働きかけていくことができるため、豊胸手術を受けるほどではないけれどバストアップをしてみたい!という皆さんにはおすすめとなっています。
(⇒エステでも受けられるバストアップマッサージ

また、エステサロンでは光を使ったバストアップ方法も用いられることがありますが、この光を使ったバストアップ方法を豊胸手術の一つとして捉えている皆さんが多いようです。光によるバストアップ方法は美容整形外科で行なっているところもありますが、大半はエステで行なわれている施術法なので、エステのバストアップ施術の一貫として考えてみてください。なので、光を使ったバストアップ方法を受けたい場合には、美容整形外科ではなくエステサロンに問い合わせてみることをおすすめします。

エステサロンではハリのある若々しいバストに蘇らせるための様々な施術を受けることができますので、バストアップに興味のある皆さんは美容整形ではなくまずはエステから試してみると良いでしょう。美容整形とエステには大きな違いがあるので、その点についてもよく理解しておくと良いですね。

豊胸後のバストの柔らかさ、施術法によってはバストが硬くなることも

ハリのある若々しいバストは、多くの女性の憧れでもあります。自分のバストに自信がない・・・という女性は少なくないため、バストアップをするために豊胸手術を受ける女性も増えてきているようです。豊胸手術は以前からも女性に利用されていましたが、近年では様々なバストアップ施術が受けられるようになってきたことから、より豊胸手術の人気が高まってきているようです。

中でも「ヒアルロン酸注入法」や「脂肪注入法」による豊胸手術は人気の施術法となっています。安全性も高く、施術後のバストの柔らかさも自然であることから、豊胸手術を受ける場合はヒアルロン酸や脂肪を注入することによる施術法を選ぶ人が増えてきていると見られています。

ヒアルロン酸注入法については、体内にも存在しているヒアルロン酸を用いたバストアップ方法であるため、安全面も考慮されていますし、シリコンバッグのように異物をバストに挿入するような施術法ではないため、施術後のバストの違和感なども現れにくくなっています。

また、脂肪注入法は自分の脂肪をバストに注入することによって、バストを全体的にボリュームアップさせていくことができる施術法となっていますので、施術後のバストの柔らかさはとても自然です。バストに注入する脂肪は、皆さん自身の脂肪がつきやすい部位、例えば太ももやふくらはぎ、お腹といった部位から吸引した脂肪を利用することになります。自分の身体から吸引した脂肪をバストに注入するため、バストの柔らかさも脂肪そのままなので、違和感なくバストアップできると考えられているのです。

脂肪注入法によるバストアップ施術も技術が高くなってきていることから、脂肪の定着率も上がり、より安全に施術を受けられるようになってきています。豊胸手術に興味のある皆さんは、まずはこうした施術法について各クリニックの医師に相談してみるようにしましょう。皆さんに合った施術法を受けることがベストなので、細かい部分まで医師と相談して納得してから豊胸手術を受けるようにしてくださいね。

施術法によっては豊胸後のバストが硬くなってしまうこともありますから、施術法は慎重に選ぶようにしましょう。特に以前から利用されているシリコンバッグをバストに挿入する施術法は、しっかりマッサージを行なわないとバスト全体が硬くなってしまい、パンパンに張ってしまう場合があるので注意が必要です。

もちろん、ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法によるバストアップ施術を受けた際にも、アフターケアとしてバストマッサージは必須ですが、シリコンバッグによるバストアップ施術は異物をバストに入れていることになるので、より念入りにマッサージを行なわないとバスト全体の柔からさを保つことはできません。豊胸後のバストは男性から見ても分かってしまう場合がありますから、バスト特有の柔らかさの面も考慮した上で豊胸手術を受けるようにしましょう。