バストアップ

自分の力も必要!バストアップグッズだけに頼らないで日々の努力も

現在ではバストアップグッズ一つをとっても種類が豊富で、実際のバストアップ効果も期待できることから、様々なバストアップグッズを試して使っているという皆さんはとても多いことかと思います。バストアップクリームを使ってバストをマッサージしたり、ナイトブラを着けてバストの形が崩れることを防いだり、補正下着やコルセットで正しい姿勢を保ちながらバストアップを目指したり、バストアップグッズによる効果はキレイで健康的なバストの状態をキープするために大きなサポートをしてくれています。

しかし、バストアップをするためにはグッズばかりに頼っていてもいけません。例えば「バストアップクリームを毎日塗っているからバストが大きくなる」という考え方もありますが、バストアップクリームに配合されている有効成分の力を高めるためには、毎日のバストアップマッサージも欠かせません。バストアップマッサージはバスト全体の血行を良くしたり、リンパの流れを改善したりすることによって、バストアップに繋げていくことができるバストアップ方法の一つです。

もちろんバストアップクリームを使わずに、通常のボディクリームやボディジェルなどを使ってバストアップマッサージを行なっても効果がありますので、バストアップしたい場合はまずバストをマッサージすることから始めてみても良いでしょう。

バストアップクリームはこうしたマッサージの効果をより高めるために使うことが望ましいので、バストアップのためにバストアップクリームを使うというよりも、バストアップマッサージを行なうためにバストアップクリームを使うと考えた方がよりバストアップ効果が高くなります。バストアップクリームに含まれている有効成分をバストに浸透させるためには、バストアップマッサージの努力が必要ですから、まずは毎日バストアップマッサージを続けてみましょう。

そして効果があまり現れないようであればバストアップクリームを使ってみるなど、自分でバストアップを始めてみてからグッズの力を借りてみるようにしてください。バストアップを成功させるためには日々の努力が大切なので、グッズだけに頼らず自分でできることから始めていきましょう。

これはナイトブラやバストアップコルセットを使用する場合も同様です。ナイトブラやバストアップコルセットには猫背を矯正してくれる効果も期待できますが、グッズの効果だけに頼らずに自分から猫背を正そうとする気持ちも必要です。いつも姿勢を良くするよう意識するだけでも、自分の力でバストアップ効果を引き出すことができますから、ナイトブラやバストアップコルセットを使う前にできるだけ自分で猫背の姿勢を正すよう心がけてみましょう。

それでも猫背が治らないような場合、ナイトブラやバストアップコルセットに頼ってみてください。まずは自分でできることはやる、ということもバストアップを成功させる第一歩です。

食事は量ではなく質!たくさん食べるより食事の内容を気にしてみて

どんなに栄養があって身体に良いとされる食材でも、その食材だけをたくさん食べれば良い、というわけではありません。健康や美容に良いと考えられている食材には様々なものがありますが、いくら健康や美容に効果のある食材でも、同じ食材ばかりを食べていると栄養が偏ってしまい、摂るべき栄養素が不足してしまう場合も考えられます。

これはバストアップに効果的と言われている食材についても同様で、バストアップに効果的な食材だけをたくさん食べてもバストを大きくすることができる、とは限りません。バストアップには様々な栄養素を多くの食材からバランス良く摂ることが重要なので、例えバストアップに良いとされる食材でも、同じ食材ばかりを食べていては十分なバストアップ効果を得ることはできないのです。

もちろん、バストアップに効果を発揮する栄養素は摂らないよりも摂る方がバストのためになりますし、積極的に摂ることでよりバストアップ効果を高めていくことも可能ですが、健康的にバストアップをするためには、それ以上に栄養バランスの整った質の良い食事を摂ることが大切です。これまでバストアップをするためにバストアップ効果の高い食材ばかりを摂っていた、という皆さんは、まず食事全体のバランスを考えてみることから始めてみてください。

例えば、野菜を摂るにしても同じ野菜ばかりをたくさん食べるのでなく、色々な種類の野菜を食べるようにすると良いですね。野菜は全般的にバストアップ効果が高い食材ですが、特に「キャベツ」はバストアップに効果がある野菜とされています。キャベツには女性ホルモンの一つである「ボロン」という成分が含まれていることから、バストアップ効果を発揮してくれる野菜として有名です。

ボロンが含まれている食材は他にもあるものの、やはり代表的なのはキャベツであるため「バストアップにはキャベツが良い」という考え方も広まっています。実際にキャベツを食べることでボロンを摂取することができ、バストアップに働きかけていくことはできるのですが、キャベツばかりを食べていては野菜から摂れる栄養が偏ってしまいます。

ボロンが含まれている食材はキャベツ以外にもたくさんありますし、野菜に含まれている成分にも多くのビタミン類をはじめとしたバストアップに効果的な成分は様々あります。特に色の濃い緑黄色野菜には栄養が豊富で、バランス良く食事に取り入れていくことでよりバストアップ効果を高めていくことができるため、毎日の食事にどんどん取り入れていくことがおすすめです。

緑黄色野菜にはほうれん草、にんじん、トマト、ピーマンなどたくさんの種類がありますので、日によって違う野菜を食べたり、野菜炒めや野菜スープなどからいくつかの野菜を摂ったり、食事の質について考えてみるようにしましょう。健康的にバストアップするためにも、毎日質の良い食事を心がけてくださいね。

思春期をすぎても胸を大きくさせる方法、成長期後のバストアップ

中学生や高校生などの思春期を過ぎてしまうとバストは大きくならないの?と不安に思っている皆さんも多いかと思いますが、決してそのようなことはありません。

もちろん思春期は身体が大人になっていく成長期ですから、バストだけではなく全体的に丸みが出てきて女性らしいボディラインになってきたり、顔つきも徐々に大人っぽくなっていったりするものですが、成長期を過ぎてからでもバストアップをする方法はたくさんあります。

なので、成長期が過ぎてしまっても胸が小さいままとか、大人になっても成長途中の胸だと悩んでいる皆さんは、ぜひ様々なバストアップ方法を試してみてください。まずは試してみなければ結果は分かりませんので、自分が今から始められるバストアップ方法から挑戦してみましょう。

まず、成長期の時期は女性ホルモンの分泌が促進されることからバストが大きく成長していきますが、成長期を過ぎても女性ホルモンの働きを活性化していくことは可能です。ただ年齢と共に女性ホルモンの働きは低下していくので、意識的に女性ホルモンの分泌力を高めていくことが必要となります。

そこでおすすめなのが「大豆イソフラボン」という成分が含まれている食材を食べることやサプリメントの摂取です。大豆イソフラボンには、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」とよく似ている働きがあることから、大豆イソフラボンが含まれている食材を食べることで女性ホルモンが活性化された状態を作ることができるとされています。

女性ホルモンの働きが低下してきている場合は、大豆イソフラボンを意識的に摂ることでバストアップに繋げていくことができるというわけですね。大豆イソフラボンは豆腐や納豆などの大豆食品に含まれているので、毎日の食事に大豆食品を取り入れてみるようにしましょう。

美容に効果的な豆乳にも大豆イソフラボンは含まれていますので、より女性らしさを目指したい皆さんは豆乳を料理に使ってみることもおすすめです。

また、女性ホルモンの活性化は直接乳腺に刺激を与えることでも可能なので、マッサージやツボ押しなどを積極的に生活に取り入れてみると良いでしょう。成長期にはハリのあったバストも、年齢を重ねるごとに徐々に垂れ始めていきます。バストが垂れることを防ぐためにも、マッサージやツボ押しを行なってバストにハリを取り戻し、若々しいバストを保っていきましょう。

さらにバストを支えている大胸筋という筋肉を鍛えることで、バストをより垂れにくくすることもできます。大胸筋はバストを支えている重要な筋肉なので、しっかり鍛えることで形の良いバストを作り出すことができるのです。バストを大きくすることはもちろん、バストの形にもこだわりながらバストアップ方法を試してみると良いでしょう。

このように成長期後もバストアップすることは可能なので、自分ができる方法から毎日の生活に取り入れていくようにしてみてくださいね。