バストアップ

胸を揉むと大きくなる?おすすめは好きな人に揉んでもらうこと

バストが大きくなる方法の一つとして「バストを揉む」という方法を耳にしたことがある、という人はとても多いかと思います。よく聞くバストアップ方法ですが、この方法は本当にバストアップに適した方法なのでしょうか?確かにバストを揉むと大きくなる、ということはあながち間違いではありません。しかし、ただバストを揉むだけではバストアップ効果は期待できない、と考えられています。

バストはほとんどが脂肪で構成されているため、ただバストを揉んでも脂肪を揉みほぐしているだけなので、反対にバストが小さくなってしまう恐れもあります。脂肪は揉むと燃焼されていきますから、ほとんどが脂肪で構成されているバストを揉むと脂肪が燃焼され、かえって小さくなってしまうというわけです。

ただし、これは自分でただバストを揉むことにのみ当てはまるもので、バストを揉む時に性的興奮を感じる場合であれば、バストを大きくすることも可能と考えられています。バストの中心には乳腺がありますが、乳腺は女性ホルモンが活性化されると発達していくことが特徴となっています。つまりバストを揉むことで性的興奮を感じる場合ならば、女性ホルモンの分泌が増えて乳腺が発達し、バストが大きくなっていくのです。

そのためには自分の手でバストを触るのではなく、恋人や夫など好きな人にバストを触ってもらうことをおすすめします。自分でバストを揉んでも性的な興奮を感じられればバストアップに働きかけていくことは可能ですが、やはり好きな人に触られているということが大きなきっかけとなっていますから、バストを揉むことでバストアップしたい場合は好きな人にバストを揉んでもらうようにしましょう。

これはセックスによってバストアップができる、ということにも繋がります。好きな人と素敵なセックスをすることによって、女性ホルモンが活性化されているため、バストアップ効果を高めていくことができるのです。もちろん、セックスだけではなくキスをしたり、ただ互いに触れ合うだけでも女性ホルモンの分泌は増えていきます。

好きな人と触れ合うことでときめきを感じ、女性ホルモンの分泌が高まり、結果としてバストアップ効果が発揮されていくので、恋人や夫など好きな人がいる皆さんは、バストアップのためにも今よりももっとスキンシップを増やしてみてはいかがでしょうか?

また、特定の恋人がいない場合でも、胸がときめいたりドキドキしたりすることによって女性ホルモンが活性化されていきます。反対に恋人がいてもときめきが足りないとか、セックスをしてもドキドキしないといったような場合は、同じ行為をしても女性ホルモンの活性化には繋がりません。皆さんが好きな人に対して感じる気持ちが大切なので、好きでもない人とのセックスなどには全く効果がないのです。ときめきやドキドキする気持ちを大事にして、バストアップ効果を高めていきましょう。

マッサージに筋トレまで、バストアップ方法を伝授してくれるDVD

話題となっているバストアップ方法は様々ありますが、中でも代表的なものとしてはやはり「バストアップマッサージ」や「大胸筋トレーニング」などの方法が挙げられます。バストアップをするためには女性ホルモンの分泌を増やすことが欠かせませんので、バストアップマッサージで乳腺を刺激し、女性ホルモンを活性化させることがとても効果的と考えられています。

マッサージを行なうことでバスト全体の血行も良くなりますし、リンパの流れも改善させていくことができます。バストの周りに流れているリンパが滞ってしまうと、バストにはハリがなくなり、垂れやすく形も崩れやすいバストになってしまうのです。こうしたバストの老化現象を防ぐためにも、バストアップマッサージが必要というわけですね。

バストアップマッサージは自宅でも簡単に行なえるマッサージで、お風呂に入りながらでも行なえますし、入浴後にバストアップクリームを塗りながらマッサージすることも可能です。バストアップクリームには女性ホルモンの分泌をより高めてくれる有効成分が配合されているものが多くありますので、バストをマッサージする場合にはバストアップクリームを使ってみることもおすすめですよ。

また、バストアップマッサージの他、バストを支えている筋肉を鍛えるためのトレーニングもバストアップには重要な役割となっています。特に大胸筋はバストアップに欠かせない筋肉となっていますから、大胸筋を中心にバストアップトレーニングを重ねていきましょう。もちろん、大胸筋だけではなく、腹筋や背筋といった筋肉も鍛えることで女性らしいボディラインを作っていくことができます。

腹筋や背筋がしっかりついていないと姿勢が悪く猫背になってしまい、バストトップの高さが下がってしまうことも少なくありません。するとバストは本来の位置よりも低く見えてしまうことから、バストが垂れたように見られてしまうのです。実年齢よりも老けて見られてしまう場合もありますので、猫背気味の皆さんはまず猫背を解消することからバストアップを始めてみても良いでしょう。

このように、バストアップマッサージや大胸筋を中心としたトレーニングなどを行なうことでバストアップさせていくことができますが、文章だけの説明だけではバストアップ方法のやり方がよく分からない・・・という皆さんも多いかと思います。そんな皆さんにおすすめなのが「バストアップDVD」です。

皆さんも家庭でDVDを見る機会はあるかと思いますが、最近ではマッサージや筋力トレーニングといったバストアップ方法の映像を収録したDVDも多く販売されるようになりました。文章の説明では分からないことも映像で直接見ることで分かりやすくなり、効果的なバストアップ方法を伝授してくれるのでバストアップ効果を高めたい皆さんにはとてもおすすめです。ぜひ皆さんもバストアップDVDを見て魅力的なバストを目指してみてくださいね。

抗酸化作用やエストロゲンの活性化、バストアップに効くビタミン類

バストの成長と食事から摂る栄養素には切っても切れない深い関係性があります。様々な栄養素を食事から摂ることで健康でキレイな身体を保つことができるため、バストラインを若々しく保つためにも食事から摂る栄養素は必要不可欠なものなのです。ここでは様々な栄養素の中から「ビタミン類」に注目して、どのようなバストアップ効果を得られるかどうかを詳しくみていくことにしましょう。

ビタミン類は野菜やフルーツにはもちろん、白米や玄米などにも豊富に含まれている成分です。皆さんも元気がない時や疲れている時には「ビタミンを摂ろう!」という気持ちになることがあるかと思いますが、ビタミンには疲労回復効果があるため、疲れを解消するためにビタミンを摂ることは身体にとって非常に良いことなのです。

特に「ビタミンB群」には高い疲労回復効果があるので、疲れた時にはビタミンB群が含まれている食材を中心に献立を考えてみることがおすすめです。そしてこのビタミンB群には、バストアップ効果を発揮する働きもあります。中でも「ビタミンB6」は、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の働きを活性化させる効果があることから、エストロゲンの分泌を促してバストアップに繋げていくことができる、と考えられています。

ビタミンB6は鶏肉やバナナなどの食材に含まれていますが、鶏肉はバストを支える筋肉を作るためにも必要な「動物性タンパク質」を豊富に含んでいることも特徴であるため、よりバストアップ効果が期待できるとされています。特に鶏肉のささみは脂肪も少ないので、ダイエットにも最適です。

また、ビタミンB6以外では血行促進効果のある「ビタミンB1」や皮膚や粘膜の健康状態を保つ効果のある「ビタミンB2」なども、バストアップには欠かせないビタミン類となっています。ビタミンB1は豚肉、米、大豆といった食材に、ビタミンB2はほうれん草、にんじん、卵、牛乳などの食材に含まれています。

豚肉、卵、牛乳などは動物性タンパク質も含まれていますし、大豆には「大豆イソフラボン」が豊富に含まれているので、他の成分によってもバストアップ効果を高めていくことができるのでおすすめですよ。

そしてビタミンB群以外では、バストのハリを若々しく保つ効果のある「ビタミンA」、抗酸化作用によってバストの老化を防ぐ「ビタミンC」、女性ホルモンのバランスを整えてくれる「ビタミンE」などもバストアップ効果を発揮するビタミン類となっています。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、特に緑黄色野菜に豊富に含まれているとされているため、野菜を摂る際は緑黄色野菜を中心に摂ってみることをおすすめします。

ほうれん草、にんじん、トマト、ピーマン、かぼちゃなどが代表的な緑黄色野菜です。とてもカラフルな色をした野菜たちばかりなので、毎日の食事に緑黄色野菜を加えて、食卓にも彩りを持たせていくと良いでしょう。