バストアップ

出産後から赤ちゃんに母乳をあげる時期にも念入りにバストアップを

妊娠中から出産後にかけて、女性のバストは驚くほど大きくボリュームアップします。これまでブラジャーのサイズがAカップやBカップだった人も谷間ができるほど大きくなるので、このままの状態がずっと続いたらいいのに・・・と思ってしまう皆さんも多いかもしれませんね。

しかし、出産後から母乳を赤ちゃんに与えるようになると、徐々にバストには変化が現れるようになります。母乳を与えている時期にはふっくらとしたバストのままなのですが、母乳をあげる時期が過ぎてしまうと、張っていたバストはしぼむように小さくなってしまいます。大きかったバストも元に戻ってしまい、その上バスト全体がたるみやすくなってしまうのです。

妊娠する前から元々バストが小さかった、という人の場合は特に影響が現れやすくなっており、ただ小さくなるだけではなく風船がしぼんだような状態になってしまうので、バストの見た目はどうしても老けて見られてしまうことが多くなってしまいます。

ハリがないバストはそれだけで実年齢よりも老けた印象を植え付けてしまいますから、出産後から母乳をあげる時期にも念入りにバストアップしておくことが大切です。母乳をあげる時期が過ぎてからでも遅くはありませんが、できるだけ早めにバストアップを始めていきましょう。

まずバストのハリを若々しく保つためには、バストアップマッサージを行なうことが最適です。バストアップマッサージはバスト全体を優しくマッサージすることで血行を良くし、リンパの流れを改善に導く効果があります。

バストアップマッサージを行なう際は、バストだけではなく二の腕や脇といったバスト周り全体を含めてマッサージしていくことがポイントとなりますので、二の腕や脇の脂肪をバスト全体に集めるイメージでマッサージを行なっていきましょう。バストが張っている時は少し痛みを感じることもありますが、その場合は無理せず優しくマッサージするよう心がけてみてください。

また、バストアップマッサージの他にバストアップエクササイズなどを取り入れることもおすすめですね。バストアップエクササイズは自宅でも簡単にできますし、赤ちゃんが寝ている間のちょっとした時間を使って行なうことも可能なので、ぜひ試してみてください。

代表的なバストアップエクササイズとしては、バストの前で両手を合わせて肘を直角に張り、そのままの状態で手のひらを全力で押し合う、というエクササイズが挙げられます。深く息を吐きながら押し合う、ハリのある上向きバストをイメージしながら行なうとより効果的です。道具を一切使わずにできるエクササイズなので、朝起きた時や夜寝る前など、生活の中に上手く取り入れていくと良いでしょう。

このように、バストをケアしておくことで、母乳をあげる時期が過ぎてもバストがたるみにくく垂れにくくなります。出産後もいつまでも若々しいバストを保つためにも、しっかりケアしていきましょう。

「プエラリア」に期待できるバストアップ効果と使用する上での安全性

女性らしいバストラインを保つためには、皆さん自身が毎日のように努力をしていくことが必要不可欠です。毎日バストアップマッサージをする、バストアップトレーニングをする、バストアップ効果のある栄養を摂るなど、自分自身で始められることはたくさんありますよね。その中で自分に合った方法を継続していくことが、バストアップを成功させる秘訣となっています。どんなに良いと言われているバストアップ法でも、自分自身に合っていなければ意味がありませんので、自分が続けていけるようなバストアップ法を探して試してみてください。

特に簡単なものとしては、やはりバストアップ効果が高いと言われている食材や栄養を摂ることになりますが、近年では「バストアップサプリ」などの販売も増えてきていることから、どうしても栄養補給をサプリメントに頼ってしまう、という人も多いのではないでしょうか?

バストアップサプリに限らず、現代では様々な栄養素をサプリメントから摂ることができるようになっています。ビタミン、ミネラル、鉄分、亜鉛など私達にとって必要な栄養素ばかりですが、どんな栄養素も元は食材から摂れるものでもあります。もちろんサプリメントから摂る栄養によって健康維持に努めることはできますし、サプリメントによって栄養を補うことで元気な生活を送ることができます。

しかし、サプリメントだけから栄養を摂るようなことは絶対にやめておきましょう。普段の食生活があってのサプリメントですので、サプリメントをメインとした栄養補給は避けるようにしてください。いくらバストアップに良いとされている栄養素でも、サプリメントから摂るだけでは大きな効果は発揮できません。様々な食材から様々な栄養素をバランス良く摂ることがバストの成長には重要となっていますから、サプリメントは食事で足りていない栄養を補うためだけに使うようにしましょう。

また、バストアップを目的としたバストアップサプリを使用する際にも注意が必要となります。近年増加傾向にあるバストアップサプリは、バストアップ効果のある有効成分が含まれているもののことを指します。中でも有名な成分に「プエラリア」がありますが、プエラリアは「大豆イソフラボン」よりも高いバストアップ効果があると考えられていることから、多くのバストアップサプリに配合されるようになりました。

ですが、プエラリアは作用が強力であることから副作用が現われる危険性もあるため、プエラリアが配合されているバストアップサプリの安全性についても問題視されています。ニキビが増える、生理不順などの副作用から、強い植物性エストロゲン効果により、体内で分泌される女性ホルモンのエストロゲンの働きが弱まってしまうなど、健康に影響が及ぶ恐れも考えられています。プエラリアには高いバストアップ効果が期待できますが、安全性についてもよく考えた上で使用するようにしてください。

毎日の食事や筋力トレーニングでバストアップとダイエットを同時に

健康的で美しいバストを作るためには、毎日の食事や運動、睡眠といった基本的な生活習慣が大きなカギとなっています。皆さんは毎日規則正しい生活を送ることができているでしょうか?現代人は不規則な生活になりがちなので、食生活が乱れたり、運動不足や睡眠不足になってしまったり、生活習慣に問題がある場合も決して珍しくありません。食事、運動、睡眠の中で一つでも問題がある場合は健康にも美容にも悪影響が及んでしまいますので、気付いたときにしっかり改善していくよう心がけましょう。

特に食事から摂る栄養はバストの成長にも繋がりますし、適度な運動を行なうことで太りにくい身体を作ることもできます。女性の皆さんは「バストアップもしたいけれど、ダイエットもしたい!」と思うことが多いかと思いますが、バストアップとダイエットは基本的な生活習慣を見直すことでどちらも成功させることができるのです。

例えば、まずは食生活について見ていきますが、食生活が乱れているとバストに栄養がいかず、バストの成長に繋げていくことができません。さらに栄養バランスが崩れてしまっているため、肥満の恐れも高くなりますし、様々な病気を発症するリスクも高まります。

食事は私達が生きていく上で欠かせないものですから、バストアップをするにもダイエットをするにも一番に考えなくてはならない問題です。健康的で女性らしいキレイな身体を作りたいのであれば、まずは栄養バランスを考えた食事を摂ることを心がけるようにしましょう。

様々な栄養が含まれた食材をバランス良く摂る、毎日できるだけ同じ時間に食事を摂る、食事を摂る量は毎回同じ程度にするなど、規則正しい食生活を送ることでバストアップにもダイエットにも繋げていくことができます。食事は摂らなくても摂りすぎても問題があるので、自分自身に必要な1日のカロリーを把握し、バランスの取れた食事を摂るよう注意していきましょう。

そして、食事を摂ったらしっかり身体を動かすことも重要です。運動不足の現代人はとても多く、それに伴う生活習慣病のリスクも比例しています。さらに筋力が落ちてしまうと老化現象も早まり、バスト全体が垂れやすく崩れやすくなってしまう場合もあります。

バストのほとんどは脂肪ですが、脂肪を支えておくためには適度な筋力が必要となります。筋力をつけることでハリのあるバストを保ち、若々しさを維持することができますので、バストに老化を感じるようになってきたら、バストを支えている大胸筋をはじめとした筋肉を意識的に鍛えていくようにしましょう。大胸筋だけではなく、腹筋や背筋などを鍛えれば脂肪も燃えやすくなり、ダイエットにも効果的です。

また、筋肉を鍛えた後はしっかり眠り、疲れを取ることも必要です。バスト自体も睡眠を取ることで成長が促されるので、特に夜10時から深夜2時の間には十分な睡眠を取るよう心がけるようにしてください。