バストアップ

なかなか長く続けられない場合はバストアップ方法を一つにしぼって

大きくハリのあるバストは多くの女性の憧れです。もちろんバストが大きいだけではなく、形がキレイで美しいバストであればより魅力も増しますし、若々しく女性らしいボディラインを保つこともできるようになります。そのためにはバストアップ方法を試して結果を出していくことが必要となるわけですが、何かバストアップ方法を始めてみても長続きせず、途中でやめてしまうという人も少なくありません。

元々飽きっぽい性格の人などは色々なバストアップ方法を始めても続かず、また他のバストアップ方法を試してみても続かない、ということも多いかと思います。しかし、このままではいつまで経ってもバストアップを成功させることはできません。そんな皆さんはまず、一つのバストアップ方法にしぼって少しでも長く続けていくことを目標にしてみてください。どんなバストアップ方法でも続けていかなければ一向に成果は現れません。まずは続けていくことを目指していくようにしましょう。

そのためには自分自身の負担にならないバストアップ方法を始めることが必要となります。皆さんは無理をしてバストアップ方法を試してはいないでしょうか?友達がやっているから、芸能人がやっているから、といった理由からバストアップ方法を試してみる人も多く見られていますが、そのような場合は自分に合わないバストアップ方法である場合も少なくないため、結果として長続きせず、途中でバストアップを諦めてしまうケースがあります。

自分に合わないバストアップ方法は楽しさも感じられないので、途中でやる気がなくなってしまうことも珍しくありません。このような状況にならないよう、自分に合ったバストアップ方法を見つけて継続させていくことが大切なのです。

例えば、バストアップマッサージをするにしても生活の中に上手く取り入れなければ三日坊主で終わってしまいます。バストアップマッサージによってバストアップを目指していきたい、という皆さんにおすすめなのは、やはりお風呂に入っているときやお風呂上がりなど、比較的バストに触れる機会が多い時間帯がベストとなっています。

服を着ている時にはバストアップマッサージはできませんから、服を脱いで裸になっている時間を上手く使ってバストアップマッサージを行なっていくのです。お風呂に入っている時であればリラックス効果も期待できますし、身体も温まっている状態なので血行促進効果もより高まります。

これはバストアップマッサージに限らず、バストアップに効果的なツボ押しなども身体が温まっている状態で行なうことが効果的となっています。マッサージやツボ押しは比較的普段の生活の中に取り入れやすいバストアップ方法なので、まずはマッサージだけを試してみるとか、ツボ押しだけを試してみる、といったように自分が毎日続けていきやすいバストアップ方法を一つにしぼって試してみると良いでしょう。

食べ物からタンパク質を摂る時には動物性と植物性をバランス良く

食べ物の栄養からバストアップ効果を得る方法は様々ありますが、バストアップに欠かせない栄養素の一つに「タンパク質」があります。私達が生きていく上で重要な働きをしているタンパク質は、バストの成長にも必要不可欠な成分となっています。

では、タンパク質はどのような食べ物に含まれているのでしょうか?まず、タンパク質は大きく2種類に分けることができます。1つは「動物性タンパク質」、もう1つは「植物性タンパク質」と呼ばれ、それぞれ含まれている食べ物も違えばバストアップに繋がる具体的な効果も異なっています。

動物性タンパク質はその名の通り動物の肉に含まれている栄養素なので、牛肉や豚肉、鶏肉といった一般的な肉類、魚類にも多く含まれていることが特徴となっています。皆さんも肉や魚を普段から食べる機会が多いかと思いますが、動物性タンパク質には筋肉や血液を作る働きがあるため、バストを支えている「大胸筋」という筋肉の発達に繋げることができるのです。

バストのほとんどは脂肪で構成されていますが、その脂肪を支えるためには適度な筋肉量が必要となります。筋肉が全くついていない身体はハリもなくなり、シワが目立ってしまうため、バストもしぼんで垂れてしまいます。年を取るとバストが垂れやすくなりますが、この減少は筋肉量の低下が大きく関係しています。

筋肉がついていないバストは、若い年代でも垂れてしまうことがあるので、動物性タンパク質を摂って筋肉をしっかり作っていきましょう。

また、動物性タンパク質を摂るだけではなく、大胸筋を中心に筋トレを行なうこともバストアップに効果的です。大胸筋はなかなか意識しないと鍛えられない筋肉なので、バストアップするためにも
意識的に大胸筋をトレーニング
していきましょう。

では、植物性タンパク質はどのような面からバストアップに働きかけることができるのでしょうか?植物性タンパク質が含まれている主な食品としては、大豆をはじめとした豆類、
豆腐や納豆など大豆が使われている食品
、白米や玄米などの穀類、とうもろこしなどが挙げられます。

これらの食べ物に含まれている植物性タンパク質には女性ホルモンを活性化させる効果があることから、バストアップに効果があると言われています。特に豆類や大豆食品については、
女性ホルモンと似た働きをしてくれる「大豆イソフラボン」
という成分も含まれているため、よりバストアップ効果が期待できると考えられています。

このように、動物性タンパク質と植物性タンパク質はどちらもバストアップに効果的な栄養素となっていますので、タンパク質を摂る時には両方をバランス良く摂ることをおすすめします。

太り気味な人は動物性タンパク質を摂る量は少なめが理想ですが、基本的には動物性タンパク質と植物性タンパク質のバランスを考えながら食事に取り入れてみてください。タンパク質の力で魅力的なバストを目指していきましょう。

肉や魚に含まれているタンパク質で筋肉の発達を促してバストアップ

普段から肉や魚を使った料理を食べる機会は多いことかと思いますが、実は肉や魚に含まれている成分にもバストアップ効果が期待できるのです。バストアップに効果的な成分である「タンパク質」は、肉や魚に豊富に含まれていることが特徴です。肉や魚には良質な「動物性タンパク質」が含まれているため、食事に取り入れていくことでバストアップ効果を発揮することができるというわけです。

タンパク質は大きく2つの種類に分けられますが、肉や魚の場合は動物性のタンパク質ということで、筋肉や血液を作り出す働きがあります。バストは9割が脂肪で構成されているので、「バストに筋肉は関係ないのでは?」と思う皆さんもいるかもしれませんが、バストの脂肪を支えているのは大胸筋と呼ばれる筋肉です。筋肉が十分に発達していないとバストは垂れやすくなり、元々小さなバストの場合はさらに小さく見えてしまうこともあります。

さらにバストが垂れると若々しさも失われてしまうため、実際の年齢よりも老けて見られてしまうことも少なくありません。バストのハリを保つためには大胸筋を発達させることが不可欠とされていますので、良い筋肉をつけていくためにも肉や魚に含まれた動物性タンパク質を摂るように心がけていきましょう。

ただし、動物性タンパク質は摂りすぎてしまうと全体的に太ってしまう原因になることがあるので、その点についてはあらかじめ注意しておくことをおすすめします。特に脂肪分が多い肉に関しては、バストではなくお腹や腕、脚といった他の部位に脂肪がたくさんついてしまう恐れがあるので、食べる量には気をつけておきましょう。

バストアップに最適なのは脂肪分が少ない肉、例えば鶏肉のささみなどは太ることを気にせず、良質な動物性タンパク質を十分に摂ることができます。どのような種類の肉でもただ食べれば良い、というわけではないので、できるだけ脂肪分の少ない肉や魚を選んで食事に取り入れてみてください。

ちなみにもう1つの「植物性タンパク質」には女性ホルモンを活性化させる働きがありますが、タンパク質を摂る際には動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランス良く摂ることが効果的です。動物性タンパク質だけ、植物性タンパク質だけ、といったように栄養が偏ることを避けるためにも、栄養バランスを整えた食事を摂るようにしましょう。

また、筋肉を発達させるためには動物性タンパク質を摂る以外に「筋力トレーニング」を行なうことが効果的とされています。バストを支えている重要な筋肉である大胸筋を中心にトレーニングを行なうことで、より筋肉の発達を促していくことができます。

筋力トレーニングと聞くとジムに通ったり、トレーニング機器を使ったり、といったような本格的なものをイメージする皆さんも多いかと思いますが、バストアップに効くトレーニングは自宅でも簡単に行なうことができます。皆さんもぜひ試してみてくださいね。