バストアップ

セックスでバストアップできる?女性ホルモンの分泌を高めるために

女性がバストを大きくするためには、まず「女性ホルモン」の分泌を高めていくことが必要です。女性ホルモンの分泌が少ないとバストの成長にも関わりますし、女性らしいボディラインを保つ働きも弱まってしまいます。反対に女性ホルモンが分泌しすぎていてもホルモンバランスが崩れて体調に変化が現れてしまいますので、ホルモンバランスの良い状態をキープすることが魅力的なバストを手に入れるためには重要とされています。

では、女性ホルモンの分泌を促したり、ホルモンのバランスを良い状態に保ったりするためにはどのようなことを行なっていけば良いのでしょうか?ホルモンバランスを整える方法としては、まずストレスを溜めないことが挙げられます。現代人は何かとストレスの多い生活を強いられていますが、ストレスはバストアップの妨げになってしまいますので、できる限りストレスは溜め込まないよう注意しておきましょう。ストレスが溜まらないようこまめに発散することを心がけるようにしてください。

そして、女性ホルモンの分泌を高めるために効果的な方法としては、良い恋をするとか、素敵なセックスをするとか、恋愛に関することが挙げられます。皆さんは最近、胸がときめいたりドキドキしたりしたことはありますか?このときめきやドキドキといった感情は、女性ホルモンの活性化に繋げることができるため、バストアップとも深い関わりがあると考えられています。

恋人や夫など特定の人がいる場合はもちろんですし、片思いでも良いので好きな人がいたり、憧れている人がいたりする場合にもときめくことで女性ホルモンの分泌を高めていくことができます。さらに好きな人と手を繋いだり、キスをしたり、セックスをしたりといった触れ合いがあることによって、より女性ホルモンは活性化され、バストアップ効果を高めていくことができると考えられています。

特に好きな人にバストを揉んでもらうなど、直接的にバストに刺激がいくような行為はバストアップ効果が非常に高いと見て良いでしょう。自分でバストを揉んでもバストアップ効果はあまり期待できませんが、好きな人に揉んでもらっている、という性的興奮から女性ホルモンの分泌量が増えていくため、セックスをすることによってバストアップに繋げていくことができると考えられています。

ただし、心から好きな人とのセックスでなければ女性ホルモンは活性化されません。ただセックスをすれば良い、というわけではなく、女性自身がときめきを感じられるようなセックスでなければ効果は期待できないのです。

好きではない人とのセックスや男性本位のセックスなどでも女性ホルモンの分泌は増えず、それどころかセックス自体がストレスになってホルモンバランスが崩れてしまうことも考えられます。セックスをすることによってバストアップに繋げていくことは可能ですが、セックスをする相手には十分に注意しておきましょう。

1日1個を目安に、バストアップには卵を毎日食べることがおすすめ

目玉焼き、スクランブルエッグ、オムレツ、卵焼き、これらは卵を使った代表的な料理ですが、実は卵もバストアップに効果を発揮する食材の一つと考えられています。バストアップにはタンパク質を摂ることが重要とされていますが、卵にも良質な動物性タンパク質が豊富に含まれています。動物性タンパク質には筋肉や血液を作る働きがあることから、バストを支えている筋肉である「大胸筋」の発達を助ける効果が期待できるため、バストアップには欠かせない成分となっているのです。

バストは90%が脂肪でできているのですが、バスト全体を支えるためには筋肉がしっかりついていなければなりません。ただ年齢を重ねるごとに筋力は落ちていき、女性ホルモンの分泌量も低下することからバスト全体のハリも失われていきます。年を取るとバストが垂れてしまうのはこのような原因が考えられているので、若々しいバストをキープするためにも筋肉をつけること、女性ホルモンを活性化させることが必要とされている、とういわけですね。

そこで重要視されているのが、食材から摂ることのできる様々な栄養素です。卵には動物性のタンパク質が含まれていますが、動物性のタンパク質以外にも大豆食品に含まれている「植物性タンパク質」や「大豆イソフラボン」といった成分もバストアップに欠かせない成分として有名です。

卵に含まれている動物性タンパク質には筋肉や血液を作る働きがありますが、植物性タンパク質には女性ホルモンを活性化させる働きが期待できます。さらに大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」とよく似た働きをしてくれることから、体内で女性ホルモンのように働く特徴を持っています。

女性ホルモンは年齢と共に分泌力が減っていきますので、植物性エストロゲンである大豆イソフラボンを積極的に摂ってみてください。

また、効果的にバストアップするためには、動物性タンパク質も植物性タンパク質も両方必要となります。どちらのタンパク質もバランス良く摂っていくことでバストアップ効果が高まっていきますので、栄養が偏らないよう注意しながら食事を摂るようにしましょう。

特に動物性タンパク質は、摂りすぎると全体的に太ってしまう原因にもなります。バストを大きくするためには太りやすい身体にすることが一番なのですが、他の部位まで太ってしまってはキレイにバストアップできた、とは言えませんよね。太りすぎを予防するためにも、動物性タンパク質と植物性タンパク質はバランス良く摂るように注意しましょう。

卵を毎日食べることはおすすめですが、毎日の食事では肉や魚など他の食材からも動物性タンパク質を摂ることになりますので、卵は1日1個を目安に食べるようにしてください。卵料理によっては2個以上の卵が使われることもありますが、その場合は他の食材から摂る動物タンパク質を減らすなど、バランスを考えて食事を摂るようにしましょう。

豊胸手術はちょっと不安・・・手術以外でバストを大きくするには

近年ではバストアップ方法の一つとして「豊胸手術」が人気となっています。豊胸手術と一口に言っても施術法は様々あり、それぞれの施術法ではバストアップ効果も施術後の仕上がりも施術料金も異なります。

特に最近人気となっているのは「ヒアルロン酸」を利用したバストアップ施術で、バストにヒアルロン酸を注入することで大体1カップ程度バストアップすることができるようになっています。ヒアルロン酸は元々私達の体内にある成分ですので、バストに注入しても問題のない成分です。そのため安全性の高い豊胸手術としても知られており、人気が高まってきているようです。

ただし、バストに注入されたヒアルロン酸は徐々に体内へ浸透していき、吸収されていきます。吸収されたヒアルロン酸はバストに残ったままの状態にはなりませんから、バストは施術を受ける前の大きさに戻ってしまいます。ヒアルロン酸注入法は安全に受けられる施術法ではありますが、バストアップしたバストの大きさや形を長く保っていくためには、定期的にヒアルロン酸をバストに注入しなければならないため、金銭面には十分に注意した上で施術を受けるようにしてください。

その他にも、豊胸手術の方法としては「脂肪注入法」なども多くのクリニックで用いられている施術法となっています。これはお腹や太もも、ふくらはぎ、背中、頬などの脂肪がつきやすい部位から脂肪を吸引し、その脂肪をバストに注入することでバストアップしていく施術法で、気になる部位をダイエットしながらバストアップできる点が大きな特徴となっています。

自分の脂肪を施術に用いることになりますし、技術によって脂肪の定着率も高くなってきているため、この施術法もまた安全性は高いと考えられています。

このように、近年人気となっている豊胸手術の方法は安全性もしっかり考えられてはいるのですが、やはり中には「豊胸手術を受けるのは不安」とか「手術は怖い」と感じている皆さんも多いのではないでしょうか?どのような手術についても言えることですが、豊胸手術には失敗例もあるため、自分の手術も失敗したらどうしよう・・・と思ってしまう人も少なくないかと思います。

そのような場合は無理して豊胸手術を受けようとはせず、自分ができるバストアップ方法から試してみることをおすすめします。豊胸手術以外にもバストアップに効果的な方法は様々ありますから、手術を受けることに対して不安を感じている皆さんは、手術以外の方法でバストを大きくしていくことを目指していきましょう。

例えば、バストアップマッサージでバスト周りの血行を促進してみたり、バストアップトレーニングで大胸筋を鍛えてみたり、食事からバストアップに効果的な栄養素を積極的に摂ってみたり、自分が今できることから始めてみてください。豊胸手術を受けようと思っている皆さんもこうしたことから試してみて、様子を見てみると良いでしょう。